乳酸菌サプリと含有成分で効果効能表を作ってみた

乳酸菌を摂取することは便秘に良いと言われているので、以前「ビフィーナS」「乳酸菌EC-12」のサプリを試しました。私が感じたメリットの1つに、サプリメントは手軽!ということが挙げられます。飲むだけで便秘が改善するなら、これほどお手軽なことはありません。(笑)

そこで今回は、他のランキング上位のサプリメントを試すために、自分で効果や効能の表を作成してみました。もしサプリメントで悩んでいるならば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

サプリ名 成分 効果・効能
ビフィーナS

(ヘルスエイド)

ビフィズス菌(ロンガム菌)・・・50億個

乳酸菌、オリゴ糖

効果:便通を整える(排便回数を増やし、便の状態を整える)

効能:腸内のビフィズス菌を増やすことで、腸内の善玉・悪玉菌のバランスを整え腸内フローラの状態を良好に整える。乳酸菌、オリゴ糖を一緒に摂取することでビフィズス菌の働きを助け、相乗効果を上げることができる。

乳酸菌EC12(久光製薬) フェリカス菌(エンテロコッカスフェリカス菌)を1日4粒で1兆個

ミルクオリゴ糖

効果:腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整える

効能:凝縮された500ナノメートルの小さな球菌が腸に到達。高度な加熱処理を行った死菌を使用しており、ほとんどが消化も分解もされることなく腸まで届く。さらにミルクオリゴ糖配合なので、善玉菌の増加をしっかりとサポート。

 

善玉菌の力

(フジッコ)

クレモリス菌FC株・・・20億個

カルシウム

効果:お腹の張る便秘を改善する

効能:ねばりのある力強い乳酸菌(クレモリス菌FC株)が腸内環境を整える。カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を生きた状態で腸内へ届けることで、体の中から整え、カルシウムも摂取できる。

乳酸菌革命(健康いきき倶楽部) ラクトバチルス菌、ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌 効果:さまざまな乳酸菌により、腸内環境を改善する

効能:多種の乳酸菌による相乗効果でビフィズス菌を増加させ、有害菌の増殖を抑えて腸内環境を整える。耐酸性のカプセルなので、腸までしっかりと届く。

ラブレ(カゴメ) 植物性乳酸菌ラブレ菌が1粒に100億 効果:植物性の乳酸菌で腸内環境を整える

効能:日本人と相性がよいラブレ菌は、過酷な腸内環境を生き抜き、植物性の乳酸菌の効果で、改善の力強いサポートをしてくれる。また、動物性乳酸菌とのバランスも整えてくれる。

ラクデントC(ハウス食品) 加熱菌体HK L-137を1日に100億個配合 効果:腸内環境を整える

効能:生きた乳酸菌より強く、安定的に力を発揮する「加熱菌体HK L-137」により、長く安定した腸内環境改善への効果が期待できる。また、茶カテキンやビタミンCなども配合されており、口内環境も整える。

乳酸菌とケフィアの力(やずや) 4種の乳酸菌

ラクトコッカス・ラクチス、ロイコノストック・メセンテロイデス、ラクトバチルス・ケフィラノファシエンス、ラクトバチルス・ケフィリ、食物繊維・オリゴ糖

効果:4種の乳酸菌が便秘解消をサポート

効能:生きて腸まで届く「有胞子性乳酸菌」と、体内にいる善玉菌をサポートする「ラクトフェリン」を粉末にプラスされ、4つの乳酸菌と3つの酵母が腸内環境を整えてくれる。

さらに食物繊維とオリゴ糖も配合され、便秘解消をさらにサポートしてくれる。

(参照元:各乳酸菌サプリメント制作・販売元)

 

乳酸菌サプリメントの効果と効能表から見えること

私が試してみたいサプリメントの効果効能をまとめましたが、もう少し詳しく見ていきましょう。まずは、以前試したことがあるビフィーナSと乳酸菌EC12からです。

ビフィーナS

ビフィーナSは、ロンガム種のビフィズス菌が生きたまま腸まで届くという、ハイパープロテクトカプセルが特徴の乳酸菌サプリメントです。人口胃液中での実験では、なんと90%もの生存率が確認されたそうです。オリゴ糖も配合ですので、乳酸菌が元気になるのは間違いありません。

摂取の仕方は少し注意が必要で、カプセルを噛んではダメだということ。中の乳酸菌が傷ついてしまい、腸まで届けることができなくなるそうです。

私は何でも噛んでしまうのです。実際お試し中に何回か噛んでしまったことがあったので、それで効きが悪かったのかな……

乳酸菌EC12

こちらの乳酸菌EC12は、1日(4粒)に1兆個もの乳酸菌を配合しているそうです。久光製薬は乳酸菌の圧縮に成功し、そのためたくさんの乳酸機を配合させることができたそうですが、乳酸菌が1兆個というと、ヨーグルト100個分にもなるというから驚きですよね。

乳酸菌EC12の乳酸菌は、「死菌」を使用しているサプリメントです。この死菌は高度な加工処理を施し、腸まで届ける工夫をしているので、善玉菌の増加をしっかりとサポートしてくれるようです。こちらも善玉菌が増殖するために必要なオリゴ統廃合なのもポイントですね。自分の食生活でもオリゴ糖を摂取することは大切だということでよすね。

それでは、私が試したい乳酸菌サプリを5つ調べてみましたので、ご紹介しますね。

善玉菌のチカラ

善玉菌のチカラの特徴としては、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を生きた状態でカプセルの中に凝縮させていることです。また、日本人に不足しがちな、カルシウムをプラスしていて、ここにもフジッコのこだわりが見えますね。

カスピ海ヨーグルトに配合されているのは、乳酸菌クレモリス菌FC株です。この菌の特徴は何と言っても強力な「ねばり」。他の乳酸菌にはほとんど含まれない、ねばり成分を作り出し、便秘改善に大きく貢献します。乳酸菌にもさまざまな特徴があるんですね。

乳酸菌革命

こちらの商品は、ラクトバチルスという話題の乳酸菌にビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌の3大乳酸菌を配合した商品です。一般的な乳酸菌は、胃酸や小腸の胆汁にやられてしまい死滅します。これを耐酸性のカプセルで包むことにより、しっかりと腸まで届けることが出来るようになった乳酸菌革命。

もちろん、化学性の添加物は不使用。毎日安心して飲むことが出来ます。私も乳酸菌は胃酸で死滅してしまうイメージを持っていますから、こういうカプセルタイプは効果があるのではと期待しております。

カゴメラブレ

日本人に不足している植物性の乳酸菌に着目した、カゴメのラブレ。カプセルタイプやドリンクタイプなど、さまざまな形状で摂取ができます。腸内の動物性乳酸菌とバランスをとり、腸内環境をサポートしてくれます。

ラブレ菌は日本人と相性が良いそうですから、試してみる価値はありそうですよ。

ラクデントC

食品メーカーのハウスが販売するサプリメントです。生きた乳酸菌より強く、安定的に力を発揮する「加熱菌体HK L-137」を配合しています。飲むサプリではなく舐めるサプリなので他社のサプリより、かなりお手軽になっています。3粒で100億個の乳酸菌を摂取できますし、なめてスッキリのミント味なので飽きることもありません。

ポイッと口に入れるだけの「お菓子」感覚で摂取できることは、かなりポイントが高いです。

乳酸菌とケフィアの力

ケフィアとはロシアに伝わる発酵食品で、ビタミンやカルシウムが含まれています。本物の力を届けたいという思いから、コーカサス正統種菌を使用しています。毎日飲めて続けられる!というコンセプトで、水なしで飲むことができ、香料や砂糖などを一切入れていないという所もポイントですね。

ケフィアが善玉菌とともに働き、有胞子性乳酸菌が腸まで届きます。さらにオリゴ糖と食物繊維も含んでおり、私のような頑固な便秘にはもってこいのサプリメントです。

 

各メーカーによって、さまざまな効能があるのがわかりました。どれも共通して言えるのは、腸内改善をしっかりサポートしてくれること。あとは、自分に合う乳酸菌を見付けることが大切ですね。今回ご紹介したように、たくさんのサプリメントがありますが、悩んでいる人の参考になればと思います。

ナチュレメグミを1週間食べ続け便秘の様子を観測した

最近のヨーグルトは、色々な種類の商品があって楽しいですよね。
でも、たくさんあり過ぎて迷ってしまうのが悩みの種でもあります。とはいえ、便活中の私にとっては飽きずに慢性便秘改善に取り組めるので大変助かっております!

その数ある中で、「ガセリ菌でヨーグルトは一歩進む」というキャッチコピーと、ひときわ目を引く赤文字のパケージを発見! 「ナチュレメグミ」をロックオン。

「生きた乳酸菌が腸に届く。でも、届いた後が大事じゃない?」って、イメージキャラクターの向井理さんが私に問いかけてくる…… 「うんうん。そうです。そうですとも。」 と素直に反応し、今回は「ナチュレメグミ」で1週間便活してみることにしました。

さあ、今回はどうなるでしょうか。

便秘に内臓脂肪に効果的!? ナチュレメグミの成分

「ナチュレメグミ」のパッケージはかわいく、親しみやすさを感じて、それだけでも目を引きます。 ですが、成分もしっかりチェックしなくてはいけませんよね。

こちらのヨーグルトの特徴は「ガセリ菌SP株」と「ビフィズス菌SP株」の珍しい善玉菌が配合されていること。400mlの食卓用、100g入のワンカップタイプ、気軽に摂取できる100g入の飲むヨーグルトタイプ、いずれのナチュレメグミもパッケージには大きく「ガセリ菌SP株」と「ビフィズス菌SP株」と記載してあります。

でも、「ガセリ菌SP株」って?「SP株」ってなに?…… さっそく、調べてみることにしました。

「ガセリ菌SP株」とは?

最近では、<生きたまま腸に届く乳酸菌〜>などといったヨーグルトを見かけることが多くなりました。その生きたまま腸に届く乳酸菌のなかでも、ナチュレメグミに含まれる「ガセリ菌SP株」は、なんと日本生まれ。 さらに世界初の生存率が高い乳酸菌なのだそうです。

日本生まれの「ガセリ菌SP株」は、日本人のお腹に馴染みやすく、日本人用に特化したヨーグルト、といわれているようです。日本人の体質に合う乳酸菌なら安心、そしてなんだか効きそうな気がしてきました。

「ビフィズス菌SP株」とは?

ビフィズス菌という言葉を耳にしたことがある人は多いでしょう。 しかしナチュレメグミに配合されている「ビフィズス菌SP株」は、普通のビフィズス菌とどう違うのか分かりづらくはありませんか? 分からなかった私は、しっかり調べてみました。

「ビフィズス菌SP株」のSPは「スノープロバイオティクス」の略語なんですね。スノーのSとプロバイオティクスのP。ちなみに「スノー」は雪印の“雪”。「プロバイオティクス」は、人体に健康的な役割を果たす微生物という意味。そして「株」は、菌を細分化したときの単位とのこと。

簡単に説明すると「ビフィズス菌SP株」は、雪印メグミルクによって独自に開発されたビフィズス菌、なのです。

 

ナチュレメグミの便秘解消効果

腸は小腸と大腸に分かれていますが、小腸は栄養や脂肪の吸収を行う部分ですね。
その小腸にはもともとガセリ菌が存在しているので、「ガセリ菌SP」を取り入れるとさらに小腸の働きを良くする効果があります。

そしてビフィズス菌はというと、大腸が棲み処。 大腸は、小腸で吸収しきれなかった栄養素を取り込み、便に変える役割を果たしています。 その働きを良くしてくれるのが「ビフィズス菌SP株」なんです。

「ガセリ菌SP株」と「ビフィズス菌SP株」の役割は?

「ナチュレメグミ」の特徴は、2段構えの相乗効果狙いと言えるでしょう。

はじめに「ガセリ菌SP株」が小腸で活躍
次に「ビフィズス菌SP株」が大腸で定着。

さらに、どちらの菌も胃酸で死滅することなく、生きたまま腸に無事届くので、しっかり善玉菌として働いてくれるおかげで、整腸作用を始め色々な効果を発揮してくれるようです。
これは、便秘解消に期待できそうです!

また、最近の研究結果では「ガセリ菌SP株」は内臓脂肪や血中コレステロールを減少してくれる効果が認められています。 そのため、ダイエット効果もあるようですので、便活ついでに、ちょっとでもスリムになれたらうれしいですね。

ではさっそく、ナチュレメグミで便活開始します。

 

「ナチュレメグミ」で1週間。便活開始!

ヨーグルト便活をはじめる際に悩むのがどのくらい食べるか、いつ食べるか、……ということなんです。今回も4カップで1セットになっている、イチゴ・ブルーベリー・バナナ・白桃味など、私を誘惑するデザート系ヨーグルトもあり心惹かれます。 おいしそう+甘そうで、魅力的です。

しかし、ここはしっかりと成果を把握したいので、1番シンプルな「ナチュレメグミヨーグルト400g」で試してみたいと思います。

「ナチュレメグミヨーグルト」の味は?

たくさん買い込んでは、生菌が弱くなる?かと思い、とりあえず2パック買ってきました。
1日に100gずつ食べることにすれば、800gあるので、1週間まかなえます。

さっそく自宅でフタを開けてみたところ、見た目は一般的なヨーグルトと変わりません。酸味の香りが少し鼻をかすめます… ヨーグルトですし、こんなものですよね。味に飽きたら、ハチミツやフルーツなどを入れて、食べることにします。

「ナチュレメグミ」1日目

ヨーグルトを摂取するのは、朝がいいのか夜がいいのか……というのも迷うところ。自分に合ったヨーグルトの摂取の仕方を見つけるのに、いろいろ変えてみるのもいいかしら、と当初思いました。 でも、大切なのは「毎日同じ時間帯に摂取したほうがいい」とのこと。 そこで、食べ忘れることがないように、朝食後に取り入れることにしました。

初日なので、なにも加えずそのままいただきます。食べてみると酸味は少なく濃厚なので、そのままでも十分おいしくいただけました。

「ナチュレメグミ」2日目

便活をはじめると、目覚めが楽しみになります。 さあ今日はどうだ!と、私の腸に問いかけるようになってしまいます。 昨日はじめたばかりなので、いくら問いかけても私の腸は無反応。 まあ、いつものことです。 ストレスも良くないですからね、あまり気にしないように過ごしてみます。

「ナチュレメグミ」3日目

今朝は、ハチミツをかけてみました。 孤独な便活ですが、すこし豪華でセレブな気分を味わえます。 そんな工夫をし、楽しみながらの便活ですが本日も私のお腹は無反応。孤独な日々が続きます。

「ナチュレメグミ」4日目

昨晩眠るときに、お腹にガスが溜まっているようで、グーグーとお腹が鳴りっぱなしでした。腸が動いているようでしたが、うるさかったですね~。 今朝は思いっきりガスだけ出ました!ガスも溜まるとつらいですよね。便が出ていないのでスッキリとはいえませんが、ブスーと1発ガスが出たので、まあまあスッキリ?です。 臭くはなかったですヨ。

「ナチュレメグミ」5日目

ついに出ました〜。 溜まっていた便が固くなっているのか、いつもどおり踏ん張りましたが、で始めたらその後は力むことなく「スルー」と茶色く長いのが1本。お腹もぺったんこです。

4日分ですから恥ずかしながら大量。流すときに、便器が詰まってしまうのではないかと焦りましたが、大丈夫でした(笑い)。溜まっていたのに悪臭もないので、善玉菌が増えているのかしら!? なんだか、お肌もしっとりしてきたような気がします。

「ナチュレメグミ」最終日

5日目に便通があってから、また停滞しています。 ガスは出るようになりましたが、便が出る気配はありません。もっと続けていれば、快便になるかもしれないですね。けれども、お肌の調子はいいですよ。乾燥しがちな口元もしっとりして、好調です。

「ナチュレメグミ」を試してから、おならの臭さが少しずつ減っていきました。 これは、善玉菌が活躍しているからでしょう。

 

残念ながら、毎日快便、または2日おきに便通とまではいきませんでしたね。 そでも5日目の便通の様子を見ると、乳酸菌が生きて腸に届いている…と言えるかもしれません。

便秘解消には、ヨーグルトだけでなくバランスの良い毎日の食生活も大切。 そうなんですよ、今回はすこしヨーグルトだけに頼りすぎたのかもしれません。 以前に、せっかく便秘とつながりがある食生活のことも調べていたので、この次はWのお試しを計画してみようかと思います。私の施策はまだまだ続きます!