ザ・ガード整腸剤の効果はいかに

最近は便秘とともに、胃の調子がすぐれない日々を過ごしております。食生活が乱れているわけでもないのに胃もたれしやすい。もしかしたら、これが三十路?

いつの間にか胃もたれしやすい年齢になっていたのかと、軽いショックを受けつつ、なにか改善方法を探して行きついたのは、やはり、医薬品。まだ試したことのない「ザ・ガード整腸剤」をチェックしてみると、胃腸が改善されるとの記述が。整腸にももちろん良いとのことですので試してみることにしました。

ザ・ガード整腸剤とは

「ザ・ガード整腸剤」を販売する興和株式会社は、胃腸薬のキャベジンや虫刺されのウナ・コーワでもお馴染みです。

この「ザ・ガード整腸剤」は、第3類医薬品に分類され、便秘や軟便、胃部・腹部膨満感、胃もたれなどに効果があるとされています。乳酸菌が大腸に届くように設計され、善玉菌の増殖を促し、乱れがちな腸内環境を正常な状態に戻していく効果があるようです。

最大の特徴は、乳酸菌とともに納豆菌が配合されていること。加熱処理を行っていないので、生菌がしっかり腸まで届けられます。

3種類の生薬が大腸を保護

ザ・ガード整腸剤には、弱った胃の働きを高めるセンブリ末、ウイキョウ末、ケイヒ末と3種類の生薬が含まれています。これら生薬は、大腸の負担を軽くする効能があると共に、大腸を保護し、乳酸菌と納豆菌が効果を発揮できる土壌を作ります。

こんな方におすすめ

お腹の調子がコロコロ変わる方、便が出たり出なかったり排便が安定しない方、便が固いもしくは柔らか過ぎる方、膨満感やガス溜まりでお腹の張りが気になる方、おならが臭い方におすすめと紹介されています。

なんだか私のお腹の症状にぴったりではありませんか!ガスも溜まりやすいので、お腹の張りにも効果があるのはうれしい。臭いガスにもさよならできるかしら。

 

ザ・ガード整腸剤の成分

調べてみますと「ザ・ガード整腸剤」は、長年の愛用者も多いですね。個人差があるので、効果がなかったという人もいるようですが…、これは相性もありますからね。どんな成分があるのか詳しくみてみましょう。

乳酸菌と納豆菌のダブルパワー

ザ・ガード整腸剤の主成分として、善玉菌のエサになる納豆菌が含まれていることはすでにお話ししましたが、乳酸菌の1種のラクトミンも配合されています。

ラクトミンは、お子さんからお年寄りまで安心して摂れる乳酸菌で、腸内で乳酸菌を作り、悪玉菌の増加を抑えます。納豆菌は善玉菌であるビフィズス菌を増加、安定させる効果があり、腸内で他の善玉菌の活性を高めてくれます。

この乳酸菌と納豆菌が生きたまま腸に届くことで、整腸効果が高まるのです。他にも、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)がより善玉菌の増殖を促し、便通を整えるため効果的に働いてくれます。

お腹の張りを解消してくれるジメチルポリシロキサン

腸内に溜まったガスやお腹の張りを解消してくれるジメチルポリシロキサン配合で、不快なガス溜まりに効果があります。

沈降炭酸カルシウムと炭酸マグネシウムが乳酸菌の死滅を防ぐ

胃酸を中和させる2つの成分が含まれているため、乳酸菌が胃で死滅しないように防いでくれます。この2つ成分が、生きたまま乳酸菌が腸に届く働きに一役買っているのですね。

幅広い年代層で服用でき、善玉菌を増やしてくれる整腸薬ですので、家族みんなのおなかのために活躍してくれそうです。

 

ザ・ガード整腸剤を試してみました

ザ・ガード整腸剤は160錠、360錠、560錠があります。 ドラックストアやインターネット(30%〜40%ほど一般よりお安い)で購入できます。

小粒で飲みやすい錠剤で、1回3錠を1日に3回、食後に水かぬるま湯で服用します。少量で飲みやすい錠剤というのも助かります。後は整腸剤と私の相性の問題です。腸にプレッシャーを与え過ぎて効果が薄れてしまっては元も子もありません。気長に服用してみます160錠入りですとちょうど17日間お試し可能。とりあえず、そちらではじめてみます。

ザ・ガード整腸剤お試し開始!

薬を服用するのは正直抵抗がありますが、乳酸菌や納豆菌で整腸を促すと知って安心しました。先入観だけで決めつけちゃダメですね。善玉菌が増えるためとあれば、率先して服装できます。

ザ・ガード整腸剤を服用して3日目

飲みはじめて3日経ちましたが、整腸剤ですので、やはり即効で劇的な変化はみられません。なんせスーパー慢性便秘のわがままな私の腸ですから。地道に続けてみます。
やはり、小さい錠剤は飲みやすいです。毎日の服用ですから大変助かります。

ザ・ガード整腸剤を服用して7日目

整腸剤は、ゆっくり効果が現れるというものでしょうが、まったく変化がないと「大丈夫?」と心配になりますね。

1週間服用していますが、今のところ便秘、胃もたれ、ガス溜まりが解消してきた…という兆しはありません。便通もいつも通り、便もいつも通りのコロコロ……まあ、口コミでも1ヶ月服用し続け、やっと効果がみられてきたという人もいましたし、焦らず服用し続けます。

ザ・ガード整腸剤を服用して10日目

昨晩、眠るときにブスッと大きなガスが出ました。いつもはだいたい臭いガスなのですが、昨晩のガスはそれほど臭いませんでした。善玉菌が増えてきてるのかしら?効果がすこしみられたのでうれしいです。

ザ・ガード整腸剤を服用して12日目

とりあえずおならがよく出ます。催したかな?と思うとブー、今度こそウンチかな?と思うとブー……といった具合です。しかし、ガスが溜まらなくなったので、苦しさは減り、胃もたれも解消してきた感じがします。

ザ・ガード整腸剤を服用して14日目

やっと今朝、黒くて固い10cmほどの便がでました!もっと出そうな気配はするのですが、途中で切れてしまいました。もっと上手に踏ん張ればよかったのですが、変なタイミングで力んでしまい失敗。キレ痔になるのもイヤですのでとりあえず退散です。

今日までコロコロばかりだったのでザ・ガードもダメかと思っていました。とにかくまとまったのが出てくれたのは良い兆候です。

その後、お腹をマッサージしながら一日過ごしたところ、夕食後にも朝と同じくらいの便が。
すこしずつ便が動いてきていますね。

ザ・ガード整腸剤を服用して15日目

昨日すこし便が出たせいか、眠るときにずっと腸がモコモコ動きっぱなし。落ち着かない夜を過ごしました。お腹を眺めていると、便が動いている様子が視覚的に分かるので面白く、ひとりで笑ってしまいました。

あれだけ動いたのだから、今朝は快便でしょう!なんて目覚めよく朝を迎えたのに、音沙汰無し。ツンデレです。小悪魔な私の腸に振り回されています。

ザ・ガード整腸剤を服用して16日目

本日、朝食後にやっと、待ちに待った快便通がきました!2〜3分ほどの踏ん張りの後に、とりあえず5cmほどで固めの便。その後、残便感があったのでしばらくその座っていると、ガスと一緒にブスッブスっといいながら、2〜3回に分けて太く茶色い便が大量に。

お腹ぺったんこになりスッキリです!もうすぐ整腸剤がなくなりそうですが、飲み続ければ調子が良くなるかも。買い足しに行こうかな?

効果としてすぐに便通が現れないと不安になりますね。今回のザ・ガード整腸剤は、便秘や胃もたれの効果を感じられるのに2週間ほどかかりました。 私には即効性がないので、急にどうにかしたいときには不向きですが、便秘解消に毎日続けてみるのはいいかもしれません。手元に1瓶置いてみようか検討中です。

整腸剤の基本的な便秘解消作用についてのお勉強

便活を始めてから色々と便秘解消について調べ物をしていると、頻繁に目にするのが「お腹の調子を整える」という言葉・・・「整腸作用」のことなんですね。

これって言葉としては分かり易いのですが、実際には「どの」成分が「どんな」働きをすることでお腹の調子が整う(便秘、下痢知らずの快便くんに変身する)のか、わかっている人は少ないのではないでしょうか。・・・かく言う私もその一人でした。

そこで薬なのかサプリなのかよくわからない、整腸剤について本腰いれて調べてみました。

「整腸作用」ってどういうこと?

よく耳にする「整腸作用」とは、腸内環境を整えるということです。

腸内環境とはどういう環境?

もちろん腸の中の環境なんですが、腸の中に存在する菌のバランスで良い環境、悪い環境に傾きます。

腸内の菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(環境や体調によって善玉、悪玉どちらにでも変化することができる)の3種類で、この三者の勢力図こそが腸内環境なんですね。「整腸作用」つまり、腸内環境を整えるとは「善玉菌優勢の腸にすること」と言えます。

腸内環境が変割ると、体にどんなことが起きる?

乳酸菌やビフィズス菌と言ったプロバイオティクス(善玉菌)は、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。つまり良い環境下にあるので健康が維持されます。

逆に病気や悪食、生活習慣の乱れなどが続いて悪玉菌が増えると腸内環境が乱れ、下痢や便秘を引き起こし、ひいては健康を害することになるのです。

 

整腸剤ってサプリとは違うの?

例えば整腸剤として有名な「ビオフェルミンS」。この整腸剤には乳酸菌が有効成分として配合されているのですが、ちょっと引っかかりませんか?

乳酸菌だったら整腸剤じゃなくても、配合されているサプリがたくさんありますよね。それならば、「サプリ」と「整腸剤」は一体何が違うのか……。

違いは「薬(医薬品)」か「栄養機能食品」か、という点なのです。

整腸剤はお薬(医薬品)です

「薬」とは科学的な実験や統計などに基づき作られ、厚生労働省によって執り行われる試験にパスして、初めて一般に販売されるものです。ある症状の「治療」を目的として開発、販売されていると言えるでしょう。

つまり、整腸剤は医薬品、医薬部外品などの別はあっても、お薬に属するわけですね。

サプリメントは栄養機能食品です

栄養機能食品というのは、病気ではないものの「何か調子がよくないな」と感じていたり、「栄養がたりていないな~」と自覚しているとき、病気や症状の軽減や予防を目的として取入れるものと言えます。つまり、日常生活では足りない栄養素を「補う」のがサプリです。

ですから、薬とは根本的に目的が違いますし、開発・販売に関しても薬とは違った審査基準があるのです。

サプリメントは英語なんですよね、辞書で調べてみたら「補足、補給物」とちゃんと載っていました。だからサプリは、補給食品なんだと今日やっとつじつまが合った感じです(笑い)

 

整腸剤の「医薬品」「医薬部外品」の違いとは?

日本国内で販売される薬やサプリ、肌に直接つける化粧品やシャンプー、歯磨き粉などドラッグストアで販売されているもののほとんどは「薬事法」という法律に則って開発・販売されています。この薬事法には、主に「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」、「医療器具」の4種について様々な規定があるのです。

当然整腸剤も薬事法によって厳しくコントロールされているのですが、整腸剤にも「医薬品」と「医薬部外品」の2種類があります。

医薬品とは

医薬品とは、配合されている有効成分が実験や研究から認められており、病気の治療や予防に使用される薬のこと。病院で処方される薬や薬局でOTC薬として入手できるかぜ薬などを指します。

医薬部外品とは

医薬品とは違うけれど、それに近いもの。医薬品にも使用されているような効果のある有効成分が配合はされているけれども、「治療」」までの効力はなく「予防」を目的としたものが医薬部外品です。

現在販売されている整腸剤でポピュラーなものを医薬品、医薬部外品に分けて以下上げてみましょう。

【医薬品】

  • ロート製薬 ビオリズム
  • 塩野義製薬 ポポンVL整腸薬
  • 興和新薬 ザ・ガードコーワ整腸錠PC

【医薬部外品】

  • 武田薬品工業 新ビオフェルミンS錠
  • 京都ヘルスケア MKM ビオラックス
  • アサヒフードアンドヘルスケア エビオス錠
  • ヤクルト本社 ヤクルトBL整腸薬

調べてみてわかったのですが、整腸剤は「医薬部外品」の方が多いのです。これは整腸剤は比較的安全性が高いので、医薬品から移行されたからなんですね。これによりコンビニなどでも販売することができるようになったのです。

 

整腸剤 vs サプリ。結局どっちを飲むべきなのか?

善玉菌配合サプリと整腸剤を比べてみると乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の数は、サプリの方が明らかに多いことが分かりました。乳酸菌1g=約1億個と考えられるので、この計算でいけばビオフェルミンS状には乳酸菌約18億個……  対して、サプリでは一兆個配合もあるのに、たったの18億……

でもまあ、たったの18億個とは言えキッチリと研究がしてあり、厳しい審査をくぐり抜けて「医薬部外品」の勲章(?)をもらっているのだから「信頼性はアリ」とも考えられるのではないでしょうか。

 

整腸剤、便秘にどう働く?

整腸剤も乳酸菌やビフィズス菌など、腸内フローラ改善に効果のある有効成分が使用されているのもが多いようです。すなわち善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌などのプロバイオティクスを腸に取り込むことで、悪玉菌をやっつけ、整腸作用が高めまって便秘解消に繋がる……という流れです。

そして、一緒に入っている消化を促す、胃粘膜を保護するなどのお薬が、同時にその効果を発揮することで、ある一定の期間で効果を出せるように作られているわけですね。

菌種の選定や配合率などは各メーカーさん研究の成果なのですが、乳酸菌にしてもビフィズス菌にしても、一人一人合う菌、合わない菌があるようなのです。善玉菌と呼ばれているものは万人に同様の効果がある訳ではないので、自分に合った一品を見つけることが整腸剤での便秘解消の第一歩となるようです。

 

サプリと比べてどうもパンチが弱い整腸剤。何せ乳酸菌1兆個!のサプリに対して、18億なんて……ねぇ。でも整腸剤の方は実際に実験やリサーチが行われた上で販売されている商品です。一度使って、サプリとの違いを体験してみなくちゃ。

エビオス錠を試してみた。便秘解消の糸口にはなるのか。

慢性的な便秘に悩まされる私にとって、もうひとつの悩みのタネが肌荒れやニキビ。便秘とお肌の調子は、密接していることが多いですよね。便秘も肌荒れも改善したいと欲張りな思いから、インターネットを検索していて発見したのが「エビオス錠」。

ビタミンBも配合され、大人ニキビにも効果がありそう……。便秘薬だけに頼るのも、身体に悪いなぁと徒然に思っていたところだったので、妊婦さんにも安心だという「エビオス錠」を試してみました。

「エビオス錠」ってなに?

「エビオス錠」は、医薬指定部外品。医薬品に比べて、やさしい効き目のお薬なんですね。
天然素材のビール酵母に含まれる40種類の栄養成分が配合された栄養補給薬です。弱った胃腸を労り、元気な状態へ戻していくので、胃もたれやおなかの張りなどに効果があるとされています。

「エビオス錠」の最大の特徴は、ビール酵母を使用していることでしょう。ビールをつくる過程で、麦汁に含まれる天然成分を吸収しながら発酵を行うビール酵母の役目を終えた後、「エビオス錠」として再び生まれ変わるのですね。・・・どうも、カスという感じをぬぐえない私です。

ビール酵母とは?

パン作りに欠かせないイースト菌で知られる酵母菌の一種が、ビール酵母です。ビールをつくるときに、麦汁を発酵させるために使用されています。このビール酵母は、消化機能を助けてくれる乳酸菌(善玉菌)を増やす働きがあるので、便秘に効果がありそうです。

40種類の栄養成分とは?

エビオス錠の栄養成分は、ビタミンB1、B2、B6などの9種類のビタミン、18種類のアミノ酸、9種類のミネラル、食物繊維、核酸、総グルタチオンなど、これらがぎゅっと一粒ずつに詰まっているんですね。それゆえ、妊産婦さんや授乳婦さん、5歳以上の子どもの栄養補給にも使用できる、安心で身体に良い栄養補給薬なのですね。

また、快眠や情緒を安定するグリシン、トリプトファンが配合されているため精神が安定する効果もあるそうです。そういえば、精力剤代わりに使用している人もいるようなので、身体の疲れやだるさにも効果がありそうです。これはますます摂りたくなってきました!

エビオス錠の効能は?

本来は胃もたれや食べ過ぎ飲み過ぎの改善、ストレスや疲れでの体力低下、病後の栄養補給に用いられます。また、おなかにガスが溜まって苦しいときの膨満感にも効果的なので、便秘の改善目的に服用する人もたくさんいるようですね。

 

「エビオス錠」の歴史は深い?

エビオス錠がはじめて販売契約されたのが、なんと1930年(昭和5年)。栄養補給薬として、ずいぶんと昔からあるのは驚きです。私のおじいちゃんやおばあちゃんの代から親しまれていたとは知りませんでした。昔からのベストセラーということもあり、私の頑固な便秘解消にも効果があるのではないかと、そわそわと期待が増してきます。

エビオス錠をもっと調べていくと、個人差はあるようですが、お腹の調子がよくなったという口コミをたくさん発見!便活をしている私としては、試してみる価値がありそうな気配を感じます。しかも、髪の毛に艶が出てきた、慢性的な気だるさや疲れもなくなり、元気になったという人もいるようです。つまり、効果・効能は確かだ…といえるのではないでしょうか。

私の体質に合わなかったらどうしよう、余ったらもったいない・・・・・・と悩んでいましたが、1番小さい300錠のパウチタイプになった「エビオス錠」が販売されている。しかも価格がお安い。便秘解消ついでに美肌になるかもしれないと、淡い期待を込めて購入決定です!

「エビオス錠」で 10日間の 便活開始!

私の購入した「エビオス錠」パウチタイプは、袋に入っているので持ち運びにも便利です。外出するときには、バッグにそのまま入れても邪魔にならず、移し替えたりしなくてもいいので助かります。さて早速「エビオス錠」で便活はじめます!

1日30錠のエビオス錠を飲むのはつらいものがある。

「エビオス錠」は1日3回。朝、昼、夜に10錠ずつ飲むようにとの記載が……。
袋をあけて見ると、け、けして小さいとはいえない錠剤と、酵母独特の匂いがふわっと鼻をかすめます。1回の服用量10錠取り出して見ると、手のひらいっぱいになるほどの量。

毎日3回この量を飲むのか・・・と思うと、少し挫けそうになります。ううぅ~快適な便活のためとはいえ、1回に10錠服用するのは正直つらい。一気に全部飲み込むのは喉に詰まりそうなので、3〜4錠に分けながら服用することにしました。

もう少し小さかったら飲みやすいのに・・・・・・。というのが正直な感想です。ボリボリと噛んで服用する人もいるようですが、私には酵母の匂いと歯に詰まるような気がして、無理そうです。しかし、憎き便秘解消のため、1日30錠×10日=300錠。10日間、頑張って便活に励みたいと思います。

「エビオス錠」を飲み1日経過。

毎食後に10錠ずつ飲みましたが、お腹の調子に変わった様子はみられません。ま
だ、1日ですものね。焦らず続けます。気のせいかもしれませんが、2日目の今朝は普段より目覚めが良かったような気がします。

「エビオス錠」を飲みはじめ3日経過。

胃腸の調子が良くなったような・・・、いつもよりご飯が美味しく感じるようになりました。残念ながら便意を感じることはまだありませんが、身体が軽くなったような気がするので、気分的には清々しく過ごせています。

「エビオス錠」を飲みはじめ5日経過。

お腹がゴロゴロ動くようになり、おならがたくさんではじめました。ガスが溜まっての腹痛からは開放され気持ちがいいです(笑い)。今まではなんの反応もなかったのですが、確実に腸がモゴモゴと動いている感じがします。
まだ、快便には至らないですが、今日はコロコロが出て、そのあと形のまとまったのが出てくれました。でも、おならは気持ちよく出るけど、便は出そうですっきり出ない。焦らされているような気分です。

「エビオス錠」飲みはじめ7日経過。

エビオス錠を飲みはじめてからは、お腹が張って痛くなるということが少なくなりました。
5日目のすっきりしない便通の後、本日は、踏ん張らずにスルッと出てくれました。悪玉菌が減ったのか便の匂いも薄れた感じ…

拭きとったあとも、トイレットペーパーに便がつくこともなくキレがいいです!健康的なバナナ状の便(色はまだまだですね)といった感じでしょうか。毎日こんな感じの便が出てくれれば快感!きっとスカ~と気落ちいいのでしょうね。

「エビオス錠」10日間飲み終えた結果報告!

栄養補給薬なので、すぐに便秘が改善されるような即効性は感じられません。しかし、「エビオス錠」を飲まないときよりは、お腹まわりがスッキリしてきたようで気持ちがいいです。

他に気が付いたことは、身体が軽くなり疲れにくくなった感じがします。それに、嬉しいことに、肌荒れが軽くなりました。もっと継続してエビオス錠を飲み続ければ、便秘にももっと効果が表れるかもしれません。20年戦い続けている私の頑固な便秘には、どうやら継続して「エビオス錠」を飲み続ける時間が必要なようです。
匂いに悩まされながらも頑張って続けた「エビオス錠」、効果の程は抜群に良い人もいれば、まったく感じられない人もいて個人差があるようですね。整腸としてだけでなく、栄養補助剤として続けるのはいいのかなというのが、私の感想です。

もうひとつ言えば、錠剤の大きさをなんとかして欲しい! 正直なところ、もう少し飲みやすければ、継続してもいいかなっと思います。

でも、錠剤の大きさが気にならないなら、お試しに「エビオス錠」を飲んでみるのもありだと思いますよ。私は・・・しばらく「エビオス錠」は休憩。膨満感に苦しむときがきたら、再開するかもしれません。それまでは「便秘に効くっ!」と言われる他の物をさらに探してみようと思います。

便秘解消効果があるツムラの漢方一覧

漢方ってなんか難しいですよね。名前もたくさんあるし、みんな漢字で書かれているので読むだけでも一苦労。しかも、漢方は普通の医学と考え方が違います。

この間、漢方の作用について調べましたが、いろんなことが書かれていて、読んでいくのもめんどくさかったです。そこで、症状に合わせてピンポイントに調べ、一覧にしたら分かりやすいのではないか…この素晴らしいひらめきの結果を皆さんに共有いたしますね。

今回は『ツムラの漢方』、さらに便秘に特化した調査です。

便秘に関わる漢方薬はなんと7種類しかありません。つまり、この7種類を押さえておけば『ツムラの漢方』を選ぶ時には迷う時間がぐっと減るのではと思います。

どの便秘体質に向いているのかも合わせてチェックでき、解説も漢方に苦手意識を持っている人にも「これは分かりやすい!」そう思ってもらえるように頑張りま~す。

漢方薬って何?

漢方というのは簡単に言ってしまうと、中国に古くから伝わる治療の仕方や薬の作り方の事でした。しかし、江戸時代に鎖国をしていたころから日本独自の進化をしていったみたいです。つまり、今の漢方って日本のオリジナルな部分もたくさんあります。

古い歴史を持つ漢方は、薬の作り方も自然派。自生の植物や野生動物を原料にしていました。そのため、今の漢方薬も天然のものから作られているものがほとんどです。

また、『病気を退治する』という西洋医学の思想とは異なり、漢方薬は『自己治癒力をあげて病気を治す手助けをする』という東洋医学の思想に基づいています。

 

便秘に関わるツムラの漢方一覧とそれぞれの効果

ツムラの漢方、よく耳にするものの試したことの無い方も多いでしょう。ここでは、便秘に関わる7種類の漢方薬を、便秘の効果とどんな体質の方にお勧めなのかも併せてご紹介していきますね。

ところで、紹介するものはすべてドラッグストアで手に入れることができますが、『第二類医薬品』に分類されるものです。実際に試してみるときは薬剤師と相談したうえで使用してくださいね。

003 乙字湯(おつじとう)

乙字湯は便が固いことや、いぼ痔、切れ痔にお悩みの方のための漢方薬です。固い便は腸の中で便が水分を奪われることによってできてしまいます。

これが起こりやすいのは腸に熱がこもってしまう熱性便秘に陥っている方です。暴飲暴食によって腸で異常発酵していることも考えられます。

:副作用

皮膚の発疹やかゆみ。吐き気や下痢、食欲不振が起きることがあります

008 大紫胡湯(だいさいことう)

大紫胡湯は常習的な便秘のほか高血圧や肥満を伴う肩こりにも効果のある漢方薬です。便秘が長続きしている方や、健康診断の結果に不安のある方のためのものみたいですね。

私も太り気味なお腹に悩んでいるので、体の代謝がうまくいく様に色々がんばっていますが、これまで色々ため込んでしまっているので、なかなか大変です。

:副作用

皮膚の発疹やかゆみ。下痢が起こることがあります。

024 加味逍遙散(かみしょうようさん)

加味逍遙散は便秘のほか冷え性、月経不順、不眠症でお悩みのための漢方薬です。冷え性や虚弱気味な体質を伴う便秘は、体温が足りず代謝がうまくいかないことによって起こっています。このような便秘体質のことを冷性便秘といいます。

冷性便秘の方は体が熱を必要としているため、便秘対策と言って水を大量に飲むとかえって体温を奪われて悪化してしまいますので注意してくださいね。

:副作用

皮膚の発疹やかゆみ。吐き気や下痢、食欲不振が起きることがあります

061 桃核承気湯(桃核承気湯)

桃核承気湯は便秘のほか、月経不順や高血圧に伴う症状でお悩みのための漢方薬です。

高血圧に伴う症状としてはのぼせやめまい、肩こりなどがあるのですが、こういった症状を伴う便秘でお悩みの方は、体の熱を閉じ込めてしまう熱性便秘や、血や気の流れがよくないことによっておこる虚性便秘を疑ってみてください。

虚性便秘はストレスや運動不足、疲れによっておこるので、桃核承気湯を用いるほかにも毎日に軽い運動を取り入れることや、定期的なリフレッシュも効果的だと思います。

:副作用

皮膚の発疹やかゆみ。下痢や腹痛が起きることがあります

062 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

防風通聖散は便秘だけでなく肥満体質の改善にも役立つ漢方薬です。発刊や利尿、便通を良くしてくれます。とにもかくにも色々なものが『詰まって』いる人におすすめなようです。

どうしてもこの年(3?歳)になると色々なところに着いたぜい肉たちや、肌荒れも気になってしまいます。それで防風通聖散を実は飲んでみました……効くには効きました、効きすぎたんです。薬剤師さんに相談せず、自分の判断だけで試したため、効き過ぎなのか副作用なのかわからないんです。皆さん、選ぶときは注意してくださいね。

:副作用

皮膚の発疹やかゆみ。吐き気や下痢、食欲不振が起きることがありますその他、めまいや発汗、動悸、頭痛も副作用として書かれていました。生薬の種類も多めな分、副作用も多めなのでしょうか...

084 大黄甘草湯

大黄甘草湯は、便秘のほか頭重やめまい、皮膚炎・にきび、お腹のハリや腸内の異常発酵にも効果があるようです。お腹のハリや息苦しさを伴う便秘は『気滞性便秘』といわれています。同じ姿勢を取り続けていたりストレスをためることによって起こってしまうみたいです。

また、便秘が長続きすると腸でできた悪い物質が肌に悪さをしてしまうので便秘と肌荒れは意外と近い話題だったりします。

:副作用

下痢や腹痛が起きることがあります

134 桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)

桂枝加芍薬大黄湯は便秘・お腹のハリ・渋り腹でお悩みの方のための漢方薬です。渋り腹とは少し排泄しては便意を繰り返す状態のことを言います。そのため、気滞性便秘のほか『出す力』が足りないと感じている方にも効果がありそうですね。

:副作用

皮膚の発疹やかゆみ。腹痛や下痢が起きることがあります

 

以上、便秘に関わるツムラの漢方でした。ほかに『大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)』という漢方薬もありますが市販薬として扱われていないようです。

昔の知恵はすごかったと、つくづく思います。

今回は漢方薬がどんなものかを紹介することが目的だったので『何が入っているのか』は全部省略してしまいました。それにしても、これだけのものが全て『自然のもの』を配合して作られているってすごいことだなあと思います。

そうそう、一つ忘れていました。漢方薬は煎じて飲むのが一般的ですが、ここに紹介したツムラの漢方薬はすべて『エキス顆粒タイプ』です。水で飲むほか、お湯に溶かして飲むこともできるので便利です。

防風通聖散は本当に便秘に効くのか試してみた

いままでは主にサプリメントやマッサージなどで便秘を改善しようとしてきた私です。どれも思ったような効果を得られない…まあ、もちろん途中で飽きてしまったり、面倒になったりで、続けられなかった私のせいでもあるんですよね……。

そんな私ですが、懲りもせず見つけてしまったのが【漢方薬】なんですよね。それで、漢方薬や、その作用について調べたわけです。その中でわたしむき!?と思えるものがあったんです。それは、防風通聖散という漢方薬です。効くようなんですね。

そこで、「今回こそは1か月間続けよう」という意気込みで実際に飲み始めてみました。まだ飲み始めて二週間くらいですが、防風通聖散の感想などを書いてみたいと思います。

防風通聖散とはどんな漢方薬なのか

今回チャレンジした防風通聖散について、難しいことが書いてありましたが添付文書を参考にして、まずは防風通聖散がどんな漢方薬なのかをご紹介したいと思います。

防風通聖散の効果

防風通聖散を服用すると・・・
汗をかきやすくなって、お通じだけではなく尿の出もよくなるということです。頻尿になるというわけではなく、新陳代謝を良くするので「悪い水分を出しやすくする」ということのようですね。

この「悪い水分」を排出することで肥満体質の改善・むくみ・肩こり・ノボセなどの症状も改善できるというのです。

防風通聖散の効果は他にもいろいろあるようですが、今回期待したいのは便秘の改善。そして、どうせなら肥満体質の改善もできればと…期待しているわけです。

ちょっと気になったのは「体力が充実して腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちな者の次の諸症」と書いてあったことです。この「体力の充実」の基準は?……と思いましたが、私はいつも元気があるので体力も問題ないはず、です。

防風通聖散の副作用は

医薬品だけではなくて漢方にも副作用があるそうです。漢方薬はいいことだらけしかないと思っていたのですが【合う人合わない人】というものがあるらしいです。

主な副作用としては、肌の痒みやデキモノ。吐き気・食欲不振・胃部不快感・激しい腹痛を伴う下痢。めまい。発汗、むくみ。間質性肺炎。ミオパチー。肝機能障害。効果にも副作用にも発汗・むくみがあるのが不思議ですね。漢方薬は難しい…

副作用が色々あるじゃないですか・・・

正直添付文書を見た時は効果よりも副作用のほうが気になってしまい服用をためらってしまいました。ためらいながらも、「便秘解消」の言葉に惹かれ、既に防風通聖散を服用している私です(笑)

防風通聖散を試そうと思った理由は

今回、じつは便秘ではなく「ダイエット」でネット検索していたら防風通聖散に行きついたんです。漢方薬というのが気になって調べてみると、便秘解消にもいいことが分かったので試すきっかけになりました。女の第6感(ピンッ!)、便秘解消とダイエットってつながってるんじゃないかな~て思ったんですよね。

早速ドラッグストアで探したら、お値段がお高め・・・悩みましたが、通販だと結構安かったので、試すことにしました。

 

防風通聖散を実際に服用してみた。

結局は安い通販で、約一か月分の量を購入しました。ちょうど今日で14日目の服用が終わりました。結論としては【便秘にもダイエットにも効果あり】というものになりました!ですが、ちょっと効きすぎたと感じる面もありましたので、メリットとデメリットという形で私が実感したことをまとめます。

防風通聖散を実際に服用してみて感じたメリット

:お通じが確実に出るようになった

お通じ効果は間違いありません。
はじめの二日間はお通じナシ、そして3日目からは毎日のようにお通じがあります。

:体重も減った

お通じが毎日出ているので当然なのでしょうが、体重も二週間で1kgくらい減りました。まだまだお腹の脂肪がへこんだ感じはありません、でもお通じが順調なので張りはなくなりました。実際に脂肪が減ってくるのはまだまだ後のことになりそうです。

:冷え性が改善したかもしれない

冷え性の改善はまったく意識してなかったのですが、添付文書にあったように、「冷え性がちょっと改善したかも」と感じました。二週間程度でそんなに体質改善ができるとも思ってはいないのですが、今までの服装ではちょっと暑く感じることが増えたように思います。

防風通聖散を実際に服用してみて感じたデメリット

:お通じの効果が強い

お通じがゆるめになってしまうことがあります。お通じの内容までは記録していませんが二週間で3回くらいはゆるいお通じでした。幸い腹痛は伴いませんでした。お通じがゆるいと便意が来た時に我慢しづらい状況もあります。すぐにトイレに行けずに困るとかもありますね。

:胃腸の弱い人・虚弱な人には勧められない

添付文書を読んだ時はほとんど気になりませんでしたが、胃腸が弱くない私がこれだけお通じが改善して時にはゆるくなるのだから、胃腸が弱い人にはちょっと効きすぎるのではないかと感じました。うまく表現できませんが胃腸の弱い人なら下痢を繰り返して、ダイエットというよりも低栄養状態になってしまいそうな感じです。健康的なやせ型というよりもヤツれてしまうかも・・・

私は元気一杯だから体力充実と確信していたのですが、これはどうも違いがあるようだということに気が付きました。

:体力がない人にも合わないかも

冷え性が改善したと感じたのは「基礎代謝が上がったから」だと思います。調べてみると基礎代謝が上がるということはそれだけカロリーも消費しているそうです。虚弱という意味になるかもしれませんが、体力がない人で消費カロリーが上がってしまうと「ちょっと危ないのかな」って思います。

:漢方薬だから苦い

これはどうしようもないと思うのですが、サプリメントと違って苦みが強いです。それも一日二回の服用なので、苦いのが苦手な人には苦痛で続かないかもしれません。ちょっと気づきましたが、効きすぎる人は一日一回の服用に調整してもいいかもしれませんね。

 

まだ二週間の服用ですが、私が望んでいたお通じとダイエットの効果は充分に得られていると感じています。ただしお通じがゆるくなってくれば服用の量をちょっと減量しないといけないでしょう。それから正直、今まで実践したものと比べると苦みがあります。ところが不思議、慣れて来るものですね。

 

お通じがゆるくなって体重も減りはしましたが、よくよく考えてみると、「元気であることと体力があるということは別である」ことを思い知らされました。体力がしっかりあればお通じも緩くはならないのかもしれません。もしかしたら、これが添付書で謳われている副作用の下痢に入るのか・・・?

便秘解消効果が強すぎて下痢になるのか、私の体質にあったものではなかったのか・・・やっぱり薬剤師さんと相談して買った方がよかったかなと、思っています。最後に注意喚起!痩せ型・虚弱体質の人向きではありません。

便秘に「良い」とされている漢方の作用を詳しく

風邪の引き始めは葛根湯!と言われるように、漢方を普段服用している人も多いと思います。私も喉が痛くなった時には利用しており、翌日には痛みが引いているので本当によく効いています。ふと思ったのが、便秘に効く漢方もあるのでは!? そう思い、調べてみると、たくさん出てきましたね。なぜ今まで気が付かなかったのか…

まず漢方について詳しく調べてみました。そして便秘に効く漢方とは…私なりにお伝え出来たらと思います。

そもそも漢方とは何なのか

漢方は中国から伝わり、日本独自の進化をとげた医学なんだそうです。

漢方薬の基礎知識

患者さんの体力など、個々に合わせた治療の仕方が特徴で、草根木皮を基本とした自然素材のお薬がほとんど。また、動物由来のものや天然の鉱物も組み合わせて生成されているそうです。

漢方薬の飲み方

飲むタイミングとしては、食前・食間が基本だそうです。ちなみに食間とは、食後2時間のことらしいので、食事が終わって二時間以内ということですね。私は間違えるところでした…

飲み方としては「水」か「白湯」で飲むべきだそうで、お茶やジュースなどは成分に反応してしまうことがあるらしいですから、気を付けなければなりませんね。

漢方薬の効果

漢方薬は想像以上にオールマイティーです。熱を下げる、のどの痛みを緩和するだけでなく次のような効果も期待できます。

  • イライラや不安感
  • 冷え性や肩こり
  • 月経不順や月経痛
  • 不妊症などなど…

これらは女性にとっては嬉しい効果ですよね。漢方薬はじわじわと効果が出てきますから、最低でも2週間は様子を見る必要があるみたいです。

漢方薬の処方には体力などの基準がある

実は漢方には「体力がどれだけあるか」という視点で、さまざまな薬の種類があるそうです。これは「証(しょう)」と呼ばれているようです。

  1. 体力が充実している
  2. 比較的体力がある
  3. 体力中等度
  4. やや虚弱
  5. 体力虚弱

という5つのカテゴリーに分けているようです。「体力と言っても個人差があるでしょう!」と思いますよね?ですから、「体力が充実している」は、「体格がよく胃腸が強く体温も高い」とか、「虚弱」の考え方としては、「胃腸が弱くて、体の手足などが冷えやすい」というおおまかな考えでもOKだそうです。

また漢方では、体を循環している「気・血・水」の要素が大きくかかわり、1つでもバランスが崩れると不調になると考えられています。漢方薬はこの「証」と「気・血・水」の考えのもと処方が決定されます。

漢方薬にも副作用がある

私は漢方には副作用がない!……と思っていたのですが、どうも違うみたいですね。

合わないものを飲めば、食欲がなくなる・不眠・むくみ、こんな症状が出るようなんです。しかし、普段病院などで処方されているお薬に比べれば、症状も軽い場合が多いみていですね。

 

便秘に効く漢方薬の種類

便秘に効く漢方薬はどんな種類があるのか、そしてその作用を詳しく調べてみました。

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

漢方を利用する人はご存じかもしれませんね。主成分の「大黄」は、市販されているどの漢方便秘薬にも入っている生薬だそうです。便秘といえば「大黄甘草湯」というくらい有名なお薬で、どちらかというと体力がある人向けのお薬です。

大きな特徴としては、便秘特有の腹痛を和らげてくれることです。また、腸の運動を活発にしてくれる作用があるので、便秘改善には一番効果が期待できます。大黄は下剤成分、甘草には緩和作用があるようで、「証」もさほど考慮しなくても良いそうなので、便秘で悩んでいる人にはまずこちら!という漢方薬ですね。う〜ん、まずこれから試してみるべきか…。

桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)

こちらにも名前の通り「大黄」が入っていますね。他には桂皮・芍薬・生姜・大棗・甘草の生薬が入っています。これらが一緒に作用するようで、桂皮は発汗をうながし、芍薬は痛みを和らげ、大黄が便意をもたらしてくれます。

特にお腹が張っているけどウンチが出ない人など、典型的な便秘に効果があるようです。体力があまりない人に向いている漢方薬なので、体力に自身がない人はこちらをチョイスするべきだと思います。私は体力に自信があるけど、ダメなのかしら(笑)

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

こちらは、ある程度体力がある・肥満体質な人向けの漢方なのですが、桃仁(桃の種子)が入っており血流を良くし便秘を改善してくれます。他には大黄・芒硝・桂皮・甘草が入っています。

頭痛がするタイプの人、のぼせてしまいやすい人は、こちらの漢方が効果的なんだそうです。同じ効果が期待できる漢方は、大承気湯(だいじょうきとう)なども有名です。

また、女性特有の症状で、月経困難症や月経不順などの症状や、高血圧の肩こり・めまい・頭痛・イライラにも効果があるようです。肥満向けという言い方はちょっとムッとしますが、女性特有の症状にも効くなら嬉しい効果ですよね。この漢方薬もなかなかいいですね。

大柴胡湯(だいさいことう)

こちらの漢方は、ストレスを受けやすい人へオススメの漢方です。生薬の柴胡(さいこ)が精神面に大きく作用し、気の回りを良くしてくれます。

柴胡・黄ごん・半夏・枳実・大黄・芍薬・生姜・大棗の8種類が入っており、それらが作用し便秘はもちろん、肝臓・胃腸の病気や肩こり・めまいなど、幅広く効果が現れるようです。体力のある体格が良い人の便秘に特に効くようです。

ストレス性の便秘が考えられる人は、こちらの大柴胡湯を試してみると良いかもしれませんね。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

この漢方は太鼓腹のような、ガッチリした体格の人に向いているようで、肥満症・むくみ・のぼせ・肩こりにも用いられるそうです。なんと18種類もの生薬が入っておりこれらの生薬が代謝を高め、便秘を改善してくれます。

他の作用としては、体の熱を冷ます効果・尿を排出させる効果がなどがあるようで、ダイエットにも向いている漢方らしいですよ。市販されている「コッコアポA」や「ナイシトール」も実は防風通聖散なんだそうです。

 

一口に便秘に効く漢方と言っても、さまざまな種類があるんですね。もっと早く調べておくべきでした。体格などでも処方が変わるとは知らなかったので、今回はかなり勉強になりました。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)、おなかポッコリ、いつも元気な私に向いている感じです。でも、こんなに種類があると迷いますよね〜。全ての効果を兼ね備えたスーパー漢方薬はないのでしょうか(笑)