ブルガリアヨーグルトは便秘に良いのか、1週間試してみた

便秘とのお付き合いも20年越しともなると、いろんなアドバイスをもらいます。そしてほとんどの人から聞かされるのが「ヨーグルトは便秘に効果的だ!」という話です。もちろんヨーグルトは、便秘かも?と感じると誰でも1度は試してみるほど有名ですね。

でも、「いざ便秘解消に良いヨーグルト」を選びを始めてみたら、いろいろな種類がありすぎて迷ってしまいました。そこで、まずは歴史の古いブルガリアヨーグルトから試してみることにしました。

 

ブルガリアヨーグルトが便秘にいいと言われるワケ

便秘に効果的だといわれているのがヨーグルトに含まれている乳酸菌です。しかし、乳酸菌だけであれば納豆やキムチにも含まれています。

なぜブルガリアヨーグルトがいいのでしょうか。

ブルガリアヨーグルトについて

ブルガリアヨーグルトは、明治から販売されているヨーグルトで本場ブルガリアのヨーグルトに感銘を受けた明治乳業幹部により開発が始まりました。

明治ブルガリアの「ブルガリア」という言葉はブルガリア政府から正式に許可がされており、ヨーグルトを作る際に必要不可欠な「菌」も定期的に本場ブルガリアから輸入しています。現在ではブルガリアヨーグルトにも様々な種類があり、脂肪ゼロや飲むヨーグルトも有名です。

ブルガリアヨーグルトを選らんだきっかけ

お店に行くと何種類ものヨーグルトが販売されています。

選んだ理由

  • 本場のヨーグルトを使用してみたかった
  • 消費者庁から特定保険食品に認可されている
  • 昔から愛されている商品なので美味しい

この3つの理由から、私は便秘解消に挑戦するにあたってブルガリアヨーグルトを選びました!

ブルガリアヨーグルトに含まれる菌

ブルガリアヨーグルトには「ブルガリア菌2038株」と「サーモラフィス1131株」が含まれています。

LB81乳酸菌

テレビのCMで「LB」という言葉を聞いたことがありませんか?
LBとは乳酸菌の英語の頭文字で、それに「ブルガリア菌2038株」と「サーモラフィス1131株」の株の末尾の数字をくっつけているんです。

2つの菌が一緒に働く

二つの菌を一緒に生育すると、短時間で菌が増殖するのだそうです。「ブルガリア菌2038株」の特徴は、腸内の善玉菌を増やす効果が研究で明らかになっています。つまり、整腸作用に優れた乳酸菌と言えるのですね。

「サーモラフィス1131株」も整腸作用に優れた乳酸菌。だから、この二つの菌が一緒に働いて、腸内環境を効率よく改善してくれるわけなんですね。

ブルガリアヨーグルトの効果

2つの菌の共生で生まれる効果はいろいろあります。

便秘の解消

LB81乳酸菌のには便の回数を増やす効果があるため、便秘の人にはとても効果的だという研究結果があります。

そして、腸管バリア機能も改善してくれるので、腸の老化を防げます。腸内環境を改善しながら、腸を若く保ってくれるすごい力を持っています。なんだか良いことづくめって感じですね!

便の臭いの軽減

便秘の人は、おならや便の臭いがキツイといわれます(私の長年の悩みの一つでもあるんです)。これは、腸内環境が乱れているためです。

LB81乳酸菌に含まれる善玉菌は腸内環境を整える働きがあるため、便の臭いが軽減されたという結果がでています。

「便は臭くて当たり前」だと思われるかもしれませんが、便の臭いも自分の腸内環境を知るバロメーターになるんですね。

美肌効果

便秘とは関係ありませんが、LB81乳酸菌は美肌に効果的なんだとか。理由は、腸内環境が整うことによりニキビや肌荒れがなくなるからだそうです。

また、最近ではLB81乳酸菌には長寿効果もあることがわかってきているそうで、特定保険食品に認定されているだけありますね!

 

1週間ブルガリアヨーグルトを試してみました。

言葉や口コミでは便秘解消に効果的なことがわかりますが、本当に効果があるのかわかりませんよね?

そこで、実際に1週間ブルガリアヨーグルトを食べてみました。

実践結果

ヨーグルトで便秘を改善するためには乳酸菌が腸まで届くことが大切なので、食事をした後の胃酸が落ち着いている食後に食べると便秘に効果的だといわれています。

そのためデザート感覚で毎食後100g食べてみました。

ヨーグルトのお勧めの「1日摂取量」は100gなので、ちょっと食べすぎか、とも思ったんですが、頑固な便秘を改善したかったので摂取量は気にせずに食べていました。

便秘に効果的な時間帯は朝

便秘に効果的な時間帯は朝食後!
この時に食べるのが一番効果を期待できるそうです。ということで、忙しい日には朝ごはん代わりにヨーグルトを食べたりしてみました。

便に変化が現れる

便秘に動きがあったのは2日目の夕方。
昼頃からお腹の張りやグルグルといった腸の動きを感じていたんですが、夕方になってしっかりした便意が起きました!

すっきり排便♪しっかりした形でしたが、ちょっと固め。今まで詰まっていた便が出てきた感じです。「この調子で出てくれれば便秘解消だ!」と思っていましたが、体がすぐに慣れてしまったのか便は出なくなりました。

そこで、ヨーグルトの食べ方を変えてみました。

ホットヨーグルトに挑戦

乳酸菌は発酵食品と同じような菌類なので、温めると元気になり腸までしっかり届くようになります。乳酸菌は40℃前後が一番活発に動く温度なので、少し暖めて食べるようにしました。ただし、50℃を超えてしまうと乳酸菌の動きが弱まり60℃になると死滅寸前なので注意しなければいけません。

ホットヨーグルトは初めてでしたが、体が温まって血行がよくなるからなのか次の日には排便が見られました。

しかし・・・

またもや体が慣れたのか、便は2日続けて出ただけ。音沙汰なしになりました。

ところで、ヨーグルトを毎食後に食べ続けていましたが、糖質オフの商品のおかげか体重に変化は出ませんでした。

 

ブルガリアヨーグルトを毎日摂取しても、毎日「すっきり」にはならなかったです。食べ方に変化をつけながら続けることで便通に変化はあるものの、「1週間ブルガリアヨーグルトお試し」では、毎日すっきり排便には繋がりませんでした。

正直なところ、ちょっとがっかり・・・私の便秘が頑固すぎるのかヨーグルトが合わなかったのか、それとも1週間で結果を出すのは早すぎるのか。理由は一つだけじゃないのかもしれません。

ピンっとひらめきが!ブルガリアヨーグルトを食べるのと同時に、乳酸菌の餌となるオリゴ糖などを一緒に摂取して、腸内環境自体を改善していけば次第に毎日でるようになるのではないか・・・これはいい便秘解消アイデア!オリゴ糖も試してみたくなってきました。

ケールの青汁で便秘が解消するか一週間試してみた

桑の葉青汁での便秘解消人体実験のあと「違う原料の青汁だとまた効果が違うのでは……」と、気になって気になって仕方なくなってしまったワタシ。前回の実験が終わるのと同時に、次はケール青汁をゲットしておりました(笑)

さあさあ、一体どんなことになったと思いますか?

 

ケールってなに?

ケール青汁の説明を読むと「ケールはその栄養価の高さから『緑黄色野菜の王様』と呼ばれています」とありました……。ふ~ん、そうなんだ、でも誰がどこでそう呼んでいるの?

少なくとも、私は青汁に興味を持つまで、ケールと言う野菜の存在さえも知りませんでした。そんな私的には誇大広告感さえ覚えてしまったケールとは・・・。

ケールはブロッコリーの仲間

これ、アブラナ科の植物なんだそうです。
見た目はほうれん草っぽいのですが、キャベツやブロッコリーの仲間で和名は緑葉甘藍(リョクヨウカンラン)というそうです。

ケールの栄養価は非常に高い

栄養価が高い野菜の一種のけーるですが、ビタミンAはニンジンの2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上、その他のビタミン、ミネラル、葉緑素(クロロフィル)、GABA(ギャバ)、葉酸、食物繊維、たんぱく質なども豊富で、一種類の野菜が含む栄養素の量としてはズバ抜けていて、海外ではスーパーフードの称号も得ているらしい……

緑黄色野菜の王様的存在、やっと納得です。疑ってすみませんでした(笑)

どうして生で食べないの?

でもひとつ疑問がフッと湧いたんです。
そんなに優秀な野菜なのに、どうしてスーパーで生のまま売っていないのでしょう?健康マニアな日本人、そんなに栄養素の高い食材を放っておくことはないんじゃないかと思ったのです。欧米諸国ではキャベツなどと同様に、普通に販売されているようですが、日本では青汁の原料として生産、業者に卸されることが大半で、市場にはあまり出回らないようです。

これ私の推測でしかありませんが(ここは強調)

生葉で売るには、ケールは不味過ぎるのではないかと(汗)・・・その味についてはこれからたっぷりと語らせていただきますが、青汁として加工されたものと原料の味に違いがあるとはどうも思えないのです。

となるとケール生葉は、かなりキョーレツで使い勝手が悪いから販売されないんじゃないかな~と、思うのです。

 

ケール青汁がなぜ便秘に効果があるのか

さて、ケール青汁が便秘に効果的と言われるのは、おなじみ食物繊維です。

ケールの絞り汁に含まれる食物繊維は水溶性食物繊維。「水溶性食物繊維」とはその名の通り、水に溶ける性質を持っています。そして、整腸作用を持つ腸内の善玉菌を増やすことで便秘を助けてくれ、また胆汁酸やコレステロールを排出してくれる効果ももっています。

更に絞りカスに残された「便のカサ増し」をしてくれる不溶性食物繊維も、粉末にして配合されているケール青汁も多くあるようです。ということで、ケール青汁は黄金バランスである「不溶性2:水溶性1」に近い割合で食物繊維を摂取できるようです。

 

ケール青汁、商品選定で葛藤

私、前回の桑の葉青汁のときに告白致しましたが、野菜の青臭さがとっても苦手です。そしてケールの青汁こそが、青汁を世に知らしめたあの有名なCM「まずい!もう一杯!!」の青汁だと言うではありませんか。もちろんあれから月日は流れ、今では罰ゲームになるほど(極端に)マズい青汁は絶滅危惧種ではあるらしい……

でも今回はどうしてもケール青汁を試してみたい。
でもやっぱり普通の人よりも青臭さが苦手な私、かなり腰が引けるのも事実。

商品選定にはかなり慎重になったものの、最後は「えーい、やってやるぅ!」と半ばヤケになって(笑)ケール100%の青汁を購入したのでした。(でも購入直後から後悔・・・)

 

イザ青汁、一週間。

結論から申し上げます、マズイです(爆)
恐らく「マズい、もう一杯」からはかなりの進歩をしているのだろうとは思うのですが、苦みとエグミ、青臭さは想像を上回る……というか、人生初体験の味でした。

ケール青汁ストレート飲みは不可能だったので、アレコレとブレンドして「これなら大丈夫」という着地点を探しつつ、ケール青汁1週間実験をスタートさせました。

1日目:ヨーグルト+ケール青汁

まずはベーシックなところでヨーグルトに混ぜて食べてみました。
ヨーグルトの酸味が青汁の青臭さをカバー……のハズなんですが、私にはまだ青臭さが際立って感じたので、更にレモン汁をプラスしました。

ヨーグルトも言わずとしれた便秘対策アイテムなので、強力コンビと言えるかも!

【お腹の状況は?】
当然のことながらお腹の変化は一切なし……まあ、スタート当日に効果が出る程、私の便秘はヤワじゃないかな。

2日目:スムージー+ケール青汁

朝からスムージーを作ってみることに。
いつものスムージーレシピ、ヨーグルト+バニラアイス(ダイエット度外視)+牛乳+バナナ+冷凍ベリーにケール青汁をプラス……

いつもの美しいベリー色のスムージーが、みるみる地獄の沼ような色に変化していく様は冷や汗もの。飲んでみるとやはり酸味が足りず、レモン汁を足したら……うん、まあまあ飲み切れないことはなし、でした。

【お腹の状況は?】
ヨーグルトに牛乳、バナナに冷凍ベリーと冷たいモノとの相乗効果もあったのか、お腹がグルグルと動く感覚がありました。よし、今だ!とトイレに座ってみたけどお通じなし。

3日目:牛乳+ハチミツ+ケール青汁

かなり微妙。「抹茶ミルクのような味になる」と言われていますが、こんなに青臭い抹茶ミルクはダメだろう……

これはどうしたら飲めるまでに改良できるのかと考えて、ヨーグルト、続いてレモン汁を投入してようやく飲めるまでに。どうやら私がケール青汁を飲むためにはヨーグルトとレモン汁が不可欠!!!

【お腹の状況は?】
でたでた~!出ましたよー!今日は飲んでいる最中からお腹グルグル言い出し、トイレに入ったらスルッと!まだお腹に残っている感はあるものの、今日の出方はかなり優秀でした。

4日目:フルーツジュース+ケール青汁

これはグリーンスムージーのようで、割と飲みやすかったです……レモン足しましたけど(笑)

【お腹の状況は?】
快挙、2日連続~!昨日と今日の2回ですべて出切って、スッキリ。
これが毎日続くといいなぁ……

5日目~7日目:上記を繰り返し

便秘に関しては実験3日目、4日目がハイライトでした。その時おなかにあった分が割とスルっと出た感じ。残念ながら5日~7日目はまた貯蔵期間に入ってしまいました。

 

全体的には、桑の葉青汁のときと違いはあまり感じられませんでした。なぜかというと、青汁に+αした物に助けられた感じ。

効果に差異がないのであれば、手を加えなくても美味しく飲めた桑の葉青汁の方が続けやすいかな~、というのが私の結論です。便秘対策は一日にしてならず、ですからね。

便秘と青汁。一週間試してみた結果

とってもストレートな名前の青い汁、それが「青汁」。
「あおじる」の「じ」の濁音に不気味感を感じて避けていたのは私だけでしょうか……。

ドロリと濃い緑色の液体は、見るからに体にいいんだろうな~とは思ってはいたけれど、『じ』の音+色の気味悪さから、なんか遠ざけていました(笑)。

それに、、、恥ずかしながら便秘にも効くとは知らなかったのです。でも、知ってしまったら試さずにはいられない!早速一週間試してみましたァ。

 

そもそも青汁ってなに?

青い汁、あおじる(しつこい~)。

何かしらの緑黄色野菜のジュースなんだろう、と想像はつくものの、実際どんな種類の野菜が入っているのか、そしてその効用を詳しく知っている人って意外に少ないのではないでしょうか。

青汁は便秘だけではなく、血液をサラサラにして悪玉コレステロール値を下げる、ダイエットやむくみ解消、美肌効果、生活習慣病対策などに効果を発揮すると言われています。

青汁の原料はメーカーによって違いがありますが、多くの場合主原料として使用されているのは大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉。これらの緑黄色野菜を生のままギュッと絞ったエキスにその他成分(オリゴ糖やその他の栄養分など)を配合している場合が多いようです。

ここまで調べて、何でこれを早く試さなかったのかと・・・ちょっと後悔。

 

青汁が便秘に効くと言われているワケ

それはズバリ、食物繊維です!
ここで、青汁作戦の2大チェックポイントをご説明しましょう。

チェックポイント1:食物繊維の含有量

青汁の原料として使われている大麦若葉やケール、明日葉、桑の葉などには食物繊維が豊富に含まれているので、これらを絞った青汁にも食物繊維が豊富に含まれていると言う訳なのですが、ここで・・・ちょっと待った、なんです。

商品によって食物繊維の含有量が異なる

実は商品によって食物繊維の量には大きな違いがあるのです。大麦若葉を主原料として使っているある青汁のサイトには

「大麦若葉の栄養素は、人間が吸収消化することができない固い繊維質の中に含まれているので、繊維質を取り除かないといけません」

と説明されています。

……私が欲しいのはその食物繊維なので、取り除いちゃったら意味がないんじゃない?と思ったのですが、大丈夫!取り除かれた絞りカスには不溶性食物繊維が、そして絞り汁には水溶性食物繊維が残っているようです。

商品によっては工夫を凝らして、絞り汁に不溶性食物繊維を取り込んだものもあります。

商品の原料と加工法のチェックが必要

基本的には原料そして加工法によって、食物繊維の量は商品ごとに違いがあります。だから便秘改善をメイン目的とした青汁作戦では、食物繊維含有量が大きなポイントなんです。

チェックポイント2:食物繊維の種類

調べて行くうちに見慣れた情報が目に入ってきました。

青汁で逆に便秘になる?!

これ、以前身を以て体験した「食物繊維の摂り過ぎで逆に便秘になる」に似ているのでは……と調べてみると、やはり同じロジック!青汁の食物繊維はほとんどが水溶性食物繊維と考えることができるようですが、商品によっては不溶性食物繊維を多く含んでいる物もあります。

含まれる食物繊維のチェックが必要

不溶性食物繊維とはその名の通り水分に溶けるのではなく、水分を吸収して大きく膨らむ食物繊維のこと。不溶性食物繊維ばかりを偏って摂ると、固い便になってしまって便秘がひどくなることがあるのです。そのため、青汁に含まれる食物繊維が不溶性なのか、水溶性なのかもチェックしなくてはいけません。

 

私の青汁一週間体験記

青汁の基本リサーチが終わり、いよいよ商品選定です。(この瞬間が一番楽しい)

青汁について調べて行くうちに、無添加モノやらオリゴ糖配合やらフルーツ味やら、たくさん種類があることがわかりました。そしてその数ある青汁の中で選んだのが「桑の葉」を主原料としたもの。

なぜ「桑の葉」青汁を選んだのか!

なぜポピュラーな大麦若葉やケールの青汁じゃないのかと言うと、私の大好きな抹茶味の青汁があった!という、ある意味外道な理由です(ぅふ)。

私、実は葉野菜の青臭さが大の苦手。青臭さの集大成のようなイメージの青汁に、大いなる拒否反応があったんですよね……。

さて、どんなもんかな~と楽しみにしていた桑の葉の青汁がとうとう到着、早速飲試してみたところ、大正解です!青臭さの一切ない抹茶味で飲みやすく、毎日ゴクゴクと飲むことができました。

青汁と私のおなかの相性は???

味だけでなく、桑の葉青汁は対便秘・青汁チェックポイントその1、食物繊維含有量もかなり優秀!桑の葉の食物繊維量は大麦若葉やケールを上回るのです。

ただ不溶性食物繊維が多いので、水分や水溶性食物繊維を他の食材から意識的に多く取入れるようにしました。

1・2日目

毎においしく飲めているんですが、おなかに変化があるかというと…別段いつもと同じ感じ。

3・4日目

腸がよく動いているという感じも…あまりなし。でも、便意がいつもよりしっかり出てきたかな、という感じです。ということは便のカサが増えていることなんでしょうか。

それと、少し出やすくなったかな…そんな感じです。

あっという間に桑の葉青汁生活の一週間は過ぎ……

やっぱりこれだけでモリモリ快便に!!とはいきませんでした(しょぼん)。でも便意を感じる回数や排便のしやすさはマシになったような気がします。

 

便秘対策はやっぱりひとつに絞るのではなく「三本の矢」方式、青汁(食物繊維)+ビフィズス菌+運動などを組み合わせないと効果が出ないかもしれませんね。

でも今回桑の葉青汁を試してみて、王道・大麦若葉やケールの青汁と効果に差はあるのかどうか、試してみたくて仕方がありません(笑)。

美味しくないと言う話もよく耳にするけれど、どれほどのモノなのかも怖いものみたさで試してみたいな~と……それでは次の人体実験は大麦若葉で!(ちょっとマゾ的)

 

 

 

 

便秘にバナナが効くのは本当か。1週間試してみた

おいしいバナナが便秘に効果があるだなんて一石2兆の夢みたいなお話です。調べてみると「バナナが便秘に効く」というのは本当にホントなんです。

安い!美味しい!栄養満点!

こんなイメージのバナナですが、私の頑固な便秘に効果があるのかも~っと思ったら、試さずには居られません!私が1週間「便秘よさらば!バナナ大作戦」と銘打って実践してみましたので、その効果をお伝えしたいと思います。

と、その前にバナナが便秘に効く理由について調べてみたので、そちらからご紹介していきますね。

 

便秘にバナナが効く理由

便秘に効果が期待できる理由は3つあります。

レジスタントスターチを含有している

レジスタントスターチ、これは何だろう…とさらに調べたら、「難消化性でんぷん」と言われる消化されにくいでんぷん質のことだとわかりました。

でんぷん質なんですが、食物繊維と似たような作用があります。レジスタントスターチは小腸で吸収されず大腸まで届き、腸内の善玉菌によって発酵されます。そうすると有機酸に変換され、結果的に悪玉菌を抑えて善玉菌が増えやすい環境を作ってくれるのです。すでになんだか効果を期待できそうな気がしてきました。

食物繊維が豊富

先ほどのレジスタントスターチの他、食物繊維が豊富なことも便秘解消の一因となっています。食物繊維は干し柿や栗が果物の中ではトップクラスなのですが、バナナも十分な量を含んでいますので、便秘解消に期待できます。

ちょっとまって・・食物繊維では痛い思い出がある私。バナナは水溶性、不水溶性のどっちの食物繊維?

2種類の食物繊維を含む

バナナに含まれる食物繊維は、ペクチンなどのような水に溶ける食物繊維と溶けない不水溶性食物繊維の2種類が含まれているんです。

つまり、以前に食物繊維のとり方を失敗した経験のある私には、安心して食べられる果物なんですね。

フラクトオリゴ糖も豊富に含有

オリゴ糖には、善玉菌の一種であるビフィズス菌を増やす効果があるのです。常に腸内の善玉菌を優勢な状態を保つことで、安定した排便が期待できるので積極的に摂取したいですね。

 

便秘に効くバナナの選び方

ところで、調べていくうちに分かった大事なことがあります。
それは、便秘に効くバナナの選び方、なんです。

あま~い完熟バナナはNG!

「完熟した、あま~いバナナ」を選びたい…ところですが、ちょっとお待ちを。

実は、青いバナナのほうが便秘解消には効果が高いのです。先ほど説明したレジスタントスターチが関係していて、青いバナナのほうが豊富に含まれています。熟したバナナでは効果が薄れてしまいますから、注意が必要です。

グリーンチップのバナナを選ぶ

青バナナと言っても、全部青じゃなくても大丈夫。バナナの「ヘタ」と「果実の一番下」、ここが青いバナナを選んでください。このバナナは果実がかたく、しっかりとした食べ応えがあります。

 

バナナを食べるときの注意点

バナナが便秘に良いといっても、効果を出せる食べ方があります。

バナナを食べる頻度と量

バナナのカロリーは1本あたり80kcal。これならダイエット中でも積極的に食べられますよね。頻度としては、毎日1本~2本食べれば効果が期待できるそうですよ。

冷え性の人は注意が必要

冷え性の人は、体を冷やすものを食べると便秘が悪化してしまうそうです。

バナナには体を冷やす作用があるため、熱がこもりやすい人には最適なんですが、冷え性の場合は、ホットバナナにするとか一緒に生姜を摂取することで避けられるので、意識していてください。

 

「便秘よさらば!バナナ大作戦」の結果報告

それでは、私が1週間実践してきた結果を報告していきますね。

初日~3日目

あまり変化が見られません。特に腸が動いている様子もありませんし、便にも変化がありませんでした。バナナに過度の期待をしすぎたかな…とちょっとへこみ気味になりました。でも、体調はいつも通り元気いっぱいです。

4日目~5日目

4日目から、便が少し柔らかくなってきたかな?という感じ、そんな程度でした。

この頃はミキサーでバナナをジュースにして摂取してみたりしていました。腸が活発に動いているか…と言われると、まだクエスチョンマークです。

最終日

確実に便は柔らかくなりました!(いつもと比べると) でも結果としては、「毎日モリモリ快調!」とまではいきませんでした。

バナナ大作戦中の便の変化

全体を通して色や形、ニオイなどは特に変化がありませんでした。便は確実に柔らかさを増して、滑りが良くなった感じが……これは本当に驚きました!

健康的に柔らかくなったという印象で、バナナは確かな効果があると思いました。

 

おいしいバナナの食べ方

バナナはちょっとした工夫やアレンジで、さらに美味しい果物に変身します。私が実践したバナナをもっともっと美味しくする方法をちょこっと紹介しますね。

ミキサーで簡単バナナジュース

牛乳・バナナ・りんごをミキサーにかけるだけ。ジュース状にするととても摂取しやすくなります。好きな果物や野菜を入れれば、楽しく続けることができるのでお勧めです。

和風バナナヨーグルト

バナナを細かく刻み、ヨーグルトとあえます。その上にきな粉を少しかけて完成。ほんの少し、黒蜜をかけても美味しいですよ。善玉菌の相乗効果で便秘にも効果抜群です。

ホットジンジャーバナナ

バナナを輪切りにし40秒ほど電子レンジでチン。皿に盛りハチミツとジンジャーパウダーをかけて完成です。ジンジャーが苦手な人はシナモンでも美味しいですよ。

 

デメリットもあった

ドーンと大きな手応えとまでいかなかったバナナですが、便を軟らかく滑りよくする点でおススメです。

でも、同時にデメリットもやっぱりお伝えしておきますね。

体重が増える可能性がある

今回の作戦では、便を柔らかくすることができました。
でも、ちょっと体重が増えた気がします。ローカロリーなフルーツですが、バナナは果糖が多い!それが原因なのかな?何キロも増えたわけではないのですが、やっぱり気にしすぎかな…

人によっては青バナナの入手が難しい

近所のスーパーに置いているバナナは美味しそうな完熟バナナばかり。そこで、1回インターネットの通販でポチッと購入しました。でも、毎日のことなのでその後はスーパーで、極力青いバナナを選ぶようにしてみました。

 

私は朝と夕方に食べてみましたが、この青バナナは食べごたえが抜群なのです。果実がかたいので、簡単に満腹感が得られますからダイエットにもかなり向いているな、と感じました。

バナナダイエットは結構効果があるようなんです。果糖は多いですが食べる時間などをコントロールすれば、ダイエットの強い味方になるなと、便秘解消+ダイエットもやれるかも、なんて思いました。

それと、ヨーグルトのアレンジを紹介しておきながら、私は2回ほどしか試してなかったんです(笑)。
ヨーグルトとの相乗効果でさらに改善されると私は見込んでいます。今度は、「ホットバナナヨーグルト大作戦」試してみようかな~。

整体で便秘は解消するのか。1週間通ってみた

整体って、肩こりや腰痛などの痛みを和らげたり、疲れた身体を癒すためにするものだとばかり思っていました。ところが、私の周りに整体に通って「便秘を克服したよ」という声をこの頃よく耳にするんです。『あなたも行ってみたら?』なんて勧められちゃうと、先を越された感じです。

私も長年悩んでいる便秘のことなので、なんか悔しい想いもあるし、実際に整体が便秘に効くものなら「これで克服できるかもっ!」と思って、早速試してみました。

 

整体で、どうして便秘が克服されるのか?

挑戦する前に、どうして整体で便秘が克服できるのか調べてみました。
納得の根拠は大きく分けると二つです。

  • バランスの崩れた骨の位置を正常にすることで、腸が働きやすい環境をつくりだす。
  • 日常生活や無理な姿勢などで強張った筋肉をほぐすことで、血流を良くし、冷えを改善することで腸が働けるようにする。

それでは、一つずつ掘り下げていきましょう。

骨の位置が正常でないとき、腸はどのようになっているのでしょうか?

腸は、骨盤や脊椎、ろっ骨などで作られた空間の中におさまっています。日常生活や仕事などにおいて悪い姿勢で過ごしていると、この空間に異変が起きてしまうんです!つまり、姿勢の悪さから、背中が丸くなってくる(猫背)、骨盤の傾きが寝てしまう状態になってしまいます。

この状態が続くと、中におさまっている腸が窮屈になってきて、だんだんと下腹部のほうに下がっていきます。この状態を、胃下垂といったり、腸下垂といいます。胃下垂や腸下垂の状態だと、消化吸収もしづらく、胃腸の動きが鈍くなってしまうため、便秘になりやすいのです。

また、胃や腸は、カーテンのような膜に覆われているのですが、窮屈な状態でいると腸と膜がひっつき癒着してしまうことがあります。この癒着の状態は、さらに腸の動きを鈍くさせるきっかけとなります。

私のお尻が大きいとか、おなかの下あたりがポコッと出ている感じがしていたのは、もしかして、骨の位置が正常でなかったからなのかも!?なんだか重大な発見をした気がします。

骨の位置を正常にする整体とはどんなもの?

私のイメージでは、背骨をバキボキと鳴らして、背骨をまっすぐにするものが整体!
だと思っていたのですが、方法は、それだけではないんですね。

筋肉は、骨にくっついていているわけです。だから、身体のゆがみには筋肉も大いに関係しています。そこで、強張った筋肉を緩めてゆくことで、ゆがんでいる骨を正常に戻す方法もあるんです。

これは、骨や筋肉にアプローチをかけて正しい姿勢に持っていくことで、腸がしっかりと動けるような空間を作ることを目指しています。

骨をバキボキとするような方法の代表的なものに、カイロプラクティックというものがあります。椎間板ヘルニアや腰椎すべり症など、腰の骨に病気を持っている方は施術を受けるにあたって注意が必要なんだそうですョ。厚生労働省の発表でも悪化させる危険性があるということを言っていました。実際には、施術をされる担当者によってもずいぶん変わるとは思うのですが。

筋肉が強張っているとどんな状態になっているのでしょうか?

人が活発に動くためには、温かさがとても大切です。この温かさを保つためには、筋肉の働きがとても重要です。

強張った筋肉は体を冷やす

身体の熱を生む源は筋肉が動くことによって成り立っているのです。筋肉が強張ってくると、十分に動くことができず、熱を生むことも制限されてしまいます。だんだんと身体が冷えてきてしまうことになってしまうのです。

一般的に女性の筋肉は少なくて、冷え性の方が多いのでわかる部分もありますよね。

また、筋肉は、全身の末端まで血液を届けるのにも一役買っています。通常、心臓がポンプの役割を果たしていて、血液を送り出すのですが、全身にくまなく送り届けるには力が足りません。筋肉が縮んだり伸びたりすることで血管に働きかけることで血液が巡るようになるのです。

強張った筋肉をほぐすと腸が元気になる

腸が活動するのにも、平滑筋と呼ばれる筋肉が動くことによって消化吸収したり、便通を促す働きをしています。身体のどこかで筋肉の強張りがあると冷えやすくなったり、血液からの栄養が送り届けられず、働きが鈍くなってしまい便秘になりやすくなってしまうのです。

整体では、全身の筋肉の強張りを確認しながら筋肉をほぐしていきます。ほぐしていく中で、骨の位置を正常に持っていき、腸が活動しやすい空間をつくり、さらには、動きやすい温かさを保つようにして、しっかりと栄養を送り届けます。

 

忘れてならないのが、脳と腸との関係

腸は、第二の脳といわれており、脳の指示がなくとも働くことができる器官なのです。腸自身が自ら働くために必要な神経が脳に次いで二番目に多いといわれているのですから納得です。

それだけ神経の多い腸は、脳とも密接に関わっていて、日常生活でのストレスなどの負荷でイライラっとしたことが、腸への負担となり便秘や下痢になったりするのはよくあることです。こういうことが、日常的になってくると過敏性腸症候群といわれるような病気にもなるといわれています。

これを逆に考えると、腸の環境を整えてスムーズに働けるようにしていくことで、脳にも良い刺激になって、頭の回転が早くなったりするとも言われているんです。私が、普段ボーっとしやすかったりするのも、便秘のせいだったのかもしれない!

 

実際に行ってみました!施術を受けている間に、腸が動いた!?

ここまで、いろいろ調べてみたところ、どんどん整体に興味がわいてきました。やってみなくちゃと、思い立ったが吉日で早速「整体院」を探しました。

整体院を選んだ基準

通いやすい…続けられなくちゃ話になりません
受付と、先生の雰囲気・・・雰囲気がよさそうなところは通いやすい。電話帳で探して、それから実際に何箇所かのぞきに行って、決定!

いよいよドキドキの整体へ!

いざ行ってみると、最初に問診表を渡されて、結構細かく身体の調子について確認されました。私は、便秘の克服が目的なので、そのことも書いているんですが…

でも、細かくみていくと結構気になる部分もあるものです。

整体って、痛いの?気持ちいいの?

実際、施術を受けてみると、気になる部分のマッサージもしていくのですが、ギャーっと悲鳴を上げたくなるくらい痛い部分も何ヵ所かありました。

『便秘のかたは、このあたりを痛がるかたが多いんですよ』と先生に言われました。

痛い部分も含めて、全身をしっかりとほぐしていって、時折、骨を動かすようなことをしていました。そのうち、だんだんとぽかぽかしてきて、気持ちいいなって思ってたら、グルグルグルってお腹が動く感じがして、すごく驚きました。

施術を受けた後は、身体がすごく軽くなった感じがしました。なんかちょっと背が伸びたのかなって思うくらい姿勢が良くなったような感じもして、得した気分。

さてさて、大事な便通はというと・・・・翌日自発的に少し出せたのがうれしかったです。

この自発的に、というところに意味があります。つまり、整体でバキボキ、モミモミのおかげで、便意が起きたわけなんですね。

 

整体の施術を受けてみて先生にも言われたように「整体を受けた次の日は倦怠感や熱っぽさが出るかもしれない」というのは本当でした。便通は嬉しかったけど、実際かなりの倦怠感が出たのがしんどかったです。

でも、1週間のうち数回の施術で実際に便通にも繋がっているので、短期的に結果を求めるのではなく、ある程度腰を据えて長期的に取り組んでいくことが便秘の克服になると手ごたえを感じました。

便秘解消に水泳が良いと聞いたのでスイミングクラブに通ってみた

朝、テレビを見ていた時の事です。
とある芸能人さんが、スイミングクラブに通って便秘が解消されたと言っていました。

へ~水泳ねえ、と興味も湧き上がると同時に、本当かな~?
と、半信半疑でもありました。

でも、「女優でもないこの人が便秘を改善できたのなら、私にもできるかも…」という気がしてきました。私自身、水泳が便秘に良いというのは初耳だったので、調べてみると情報がたくさん出てきたんです!

こんな風に、人が「成功した!」という話を聞くと、やってみたくなるのが私の性分(笑)。というわけで、便秘解消のために1ヶ月間お試しでスイミングスクールに通うことにしたのです。

早速、水泳がどのように便秘に良いか、調べてみました。

 

水泳が便秘に良い理由

水泳は有酸素運動の代表格ですが、水中にいることがどのように便秘に作用するのか?主な理由はこちらの2点のようです。

結果的に腸の蠕動運動を高められる

水の流れやその圧力によって体全体が刺激されます。そして泳ぐことで腕や胸・お腹、足など全身の筋肉を使うので、腸のぜん動運動を高められるということ。その結果として、便秘が改善されるのですね。

足や腰に筋肉を付けることができる

調べたところ、便秘に悩んでいる人は足や腰の筋肉が弱い人が多いということなんです。私も確かに思い当たるところはありました。こういった人たちは、私も含めて、排便時の「いきむ力」が足りていないという事に繋がるそうなんです。

水中を歩くことで足や腰の深層部分の筋肉を鍛えることができるので、便秘に効果を出せるのです。

 

他にも良いことがたくさん!

水泳の便秘解消の効果に感激(まだ体験してないけど)すると同時に、便秘以外にも、体に良い効果がたくさんあることを見つけました。

運動効率が高い

水中というのは水の抵抗があります。そのため、陸上と同じ動作をしても水中で行うほうが負荷がかかり、結果的に運動の効果が高まります。同じ運動をするなら、効果が高いほうが嬉しいですよね。

体温より少し低い水温が体に良い

プールの温度は、だいたい30℃くらいなんですね。このように少し体温より低い水温で運動すると、血管が収縮・拡張するので体温調整機能が鍛えられるのです。

浮遊感が心地よい

水中で過ごすことは、ストレス解消にもなります。少しの水圧や優しい水のゆらぎは、体をリラックスさせるので精神的にも良いのです。

水泳は有酸素運動の代表的なものですから、自律神経を整えて精神的にもリラックス効果を与える運動なのですね。

体への負担が少ない

陸で行う運動よりも、体への負担が少ない点もメリットなんですよ。
特にジョギングやウォーキングなどは、関節が弱い人には負荷がかかり故障の原因にもなります。水泳はそういった関節への負荷もなく、無理なく運動できる有酸素運動なのです。

 

もう、いいことずくめっていう感じで、便秘解消ができるかどうか?なのに、ワクワクでスイミングクラブ通いが始まりました。

 

スイミングクラブのメリット

スイミングクラブに通うメリットを、1ヶ月間通った私なりにまとめてみました。

モチベーションを継続できる

月謝を払っているので、「行かなくちゃもったいない!」という気持ちになり、それがモチベーションの向上につながりました。払ったお金以上はモトを取りたいですからね(笑)。

さまざまなプログラムやイベントがある

これはクラブによると思いますが、私が面白いなと思ったのは、水中でダンスをするプログラムです。他の生徒さんもいて、初めはちょっと恥ずかしかったのですが、慣れてきてダンスを覚えると本当に楽しかったです。

泳げるようになる

ここもポイントが高かったです。スイミングインストラクターがいるので泳ぎのコツを教えてもらえますし。アドバイスをもらえる環境というのは、初心者の私にとってとてもありがたかったです。

50メートルをノンストップで泳げるようになったときは嬉しかったですね。

 

私が実践したスイミングクラブでの便秘改善運動の結果

それでは、ここから私が実践したスイミングクラブでの便秘改善運動の結果をお伝えしたいと思います。

水泳を実践した期間と運動内容

私は「どうせなら泳げるようになりたい!」ということで、週に3回通ってみました。

月曜日にウォーキング、木曜日に水泳、土曜日はダンスプログラムという流れを試しに1ヶ月間続けました。

なんと1日目から効果が!

月曜日のウォーキングからスタートしたのですが、初日のクラブが終わり自宅に帰ると便意があり、しっかりとウンチが出たのです!これには本当驚きました。

クラブの女性のインストラクターさんに聞くと、「水中の水の流れが、腸に良いマッサージ効果を与えるんです」とのこと。事前に調べていた「蠕動運動に効果的」というのは本当だったのですね。ウォーキングだけでもこんなに効果があるなんて、目からうろこでした。

便の変化

食生活は普段と変わらなかった為か、硬さの変化はさほどありませんでした。しかしコロコロウンチではなく、少しバナナ型に近づいたかな?という印象でした。

色は特に変化はなく、ここは食べ物による影響が大きいのかなと感じています。

便意が格段に増えた

水泳に行った日もしくはその翌日のみですが、お通じがあり確実に増えたことを実感できました!これだけでも水泳の効果を感じることができたのですが、日頃の運動を増やせばもっともっと効果を高めることが出来たのではと思います。

体重が少し落ちた

便秘改善以外の効果として、少し体重が落ちた事が挙げられます。

私の場合1ヶ月で1kg落ちました。有酸素運動はダイエットに良いと聞いていましたが確かに効果はあり、とてもうれしかったです。

 

反省点や改善点もありました

1ヶ月間通い終わって、もっとこうしたらよかった!というポイントが2つありましたので、お伝えしておきますね。

食事にも気をつける

スイミングクラブに通った日は疲れてしまい、食事は適当な物ですませていました。

今になって思うことですが、ヨーグルトなどを一緒に摂取したり食事の内容に気をつけたりすることができていたら・・・さらに効果があったのではと反省しています。

他の運動も取り入れる

超気合いを入れて週3回のクラブ通いをしてしまったため、クラブへ通っていない日は何もしていませんでした。だって、もう疲れがどっと出ちゃって何にもする気にならなかったんです。

でも、週3回の水泳を1回か2回にして、クラブに行かない日の夜はストレッチなどを取り入れるようにすれば、もっともっと効果が出たのではと感じています。

 

反省点もありましたが、通っている間は便意がかなり改善されたので、ホントに嬉しかったです!まあ、この「嬉しさで」安心して気を抜いてしまったのと、通うのが少し面倒にもなったこともあり、現在ではやめてしまいました。

すぐ面倒になってしまうのが玉にキズなんですよね。これを越えられると快便生活はすぐそこ、のはず。

しかしインストラクターさんが言っていた「腸へのマッサージ」という言葉が頭から離れず、他に何かよい改善運動がないかな~と現在、また模索中です(笑)

座ってできる、椅子を使った便秘対策運動

思春期から始まった私と便秘との腐れ縁もすでに20年以上……
もういい加減、便秘にサヨナラしたい!そんな思いで始めた私の「便活」です。いろんなことを調べているうちに、便秘改善のためには「運動」「食事」「サプリ」の3ジャンルをバランスよく取入れなくてはいけないことが分かりました。

ということで、まずは運動ジャンルに挑戦です!
これなら続けられるんじゃないかな?と私が最初に選んだのは、椅子を使った運動です。

 

どうして運動が便秘解消に効果があるのか?

どの便秘解消法をみても、必ず出てくるのが「運動不足解消」の6文字。

運動と便秘、一体どういう関係があるんだろう…と調べてみたところ、キーポイントは腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)、そして腸腰筋(ちょうようきん)にありました。

ご存知の通り、腸が蠕動運動をすることで、便はきちんと押し出しだされます。その蠕動運動をするためには、腹筋がしっかりと支えてあげていなければならないのです。

運動不足で腹筋が弱まる

蠕動運動が弱まる

その結果便秘になる

私の頭にこんな流れが自分のぽっこりおなかのイメージと一緒に浮かび上がってきました。

さらにもうひとつ、運動不足と便秘の関係には自律神経も関わっています。これが案外重要らしいのです。

自律神経は交感神経と副交感神経を交互に切り替えることでバランスを取っていて、この切り替えがうまく働かなくなると腸の蠕動運動も弱くなり、便秘を引き起こしてしまうのだそうです。つまり、腸が第2の脳なんて、呼ばれている理由です!

 

どうしてイス体操が便秘解消に効果的なの?

便秘になる一因は腹筋が弱まっているからなんですね。だから「便秘体操」と呼ばれているものの多くは、腸周辺の筋肉や腸腰筋を鍛えたり、刺激を与えることで便秘解消を目指しています。

その中でもイス体操は場所を取らないし、体操時間も短く、仕事中や勉強中でも思いついたらいつでもできるので、続けやすいのです(これ大事!)

 

おなかや足、どの筋肉に作用して解消できるのか?

便秘解消のカギを握ると言われている筋肉、それが「腸腰筋」です。
腸腰筋とは背骨と腰の骨、そして太ももの骨をつないでいる、所謂「インナーマッスル」。インナーマッスルというのは、目に見え、手に触れることができる表面にある筋肉ではなくて、体の奥部にある筋肉部位のことです。

インナーマッスルは姿勢を正しく保つ、また内臓の位置をあるべきところに固定する役割があります。自然・天然のガードル、なんても呼ばれてますね。

この腸腰筋が弱るとどうして便秘を引き起こすのかと言うと、ふたつ理由があるんです。

2大理由、その1「抗重力」

腸腰筋の大切な役割「抗重力」がひとつ目の理由です。
下に向かって引っ張る、重力の力に対抗する力のことです。つまり腸腰筋が弱り、重力への抵抗が弱くなるとまずは姿勢が悪くなります。そして骨盤が後ろに傾いておなかはポッコリ、背中は猫背、腰回りにはぜい肉……いいことナシです。

外見だけのハナシでは終わらないんです。内臓を支える力も弱くなるので、腸はその上にある内臓にぎゅ~っと押しつぶされるようになってしまうのです。押しつぶされた腸はもちろんうまく動けませんから、通りが悪くなって便秘を引き起こすことになります。

2大理由、その2「腸腰筋の位置」

もうひとつの理由は腸腰筋の位置、そして固さなんです。
腸腰筋は腸の後ろに位置しているので、この腸腰筋が固くなると、腸も同じように固くなってしまうのです。そうすると、排便に必要な蠕動運動(ぜんどううんどう)がスムースに行われなくり、便秘になってしまいます。

インナーマッスルって、こんなに大事だったんですね。今まで知らなくて残念!

 

イス体操の利点とは?

何でイス体操に挑戦しようと思ったか・・・と言うと、便秘解消のための運動って、毎日続けないと効果がないんです。

忙しくて今週前半はできなかったから、週末にまとめて……
では意味がありませ~ん。

なんて、これ今までかなりありがちでした。だから、「短い時間でも毎日必ず行うこと」が大切なんですよ。

「朝起きてすぐ、たったの5分」
「夜眠る前に5分」……

これを習慣付けられるんだったら、とっくに便秘なんて治ってるっちゅーねん、と(笑)
だからこそ「さーやるぞ!」と気合いを入れずに、数分で、いつでもできるイス体操がうってつけだと確信したわけです!皆さんもそう思いませんか?

 

イス体操 【その1:骨盤ゆらし】

1. 背筋を伸ばして椅子に腰掛ける。手は腿の上に。

2. 上半身を四角い箱とイメージし、この箱を平行四辺形に変形させるように腰から上、首から下だけを水平に動かす。

気になる効果は?

これを仕事中やコンピューターに向かっているときなど、思い出した時にゆらゆらと好きなだけ繰り返します。腸腰筋をほぐし、腸に刺激を与えることで便秘の改善が期待できます。

仕事中でも座ってできるし、頭の位置はそれ程動かないので同僚に不審がられずに続けています(笑)。なんというか、腰よりもお腹まわりに効いているような感じで、続けたらウェスト細くなりそう。肝心なお通じは即効性はなかったものの、数日間続けてみたら、この運動をしたあとにおなかがゴロゴロ……と動きだし、便意を感じるようになってきました。

 

イス体操 【その2:ひねり運動】

1. 背筋を伸ばして椅子に腰掛ける。

2. 右に体をひねる→右手はイスの背にあて、左手は右膝をおさえる。気持ちのいいところまで捻って15秒ホールド

3. 左に体をひねる→左手はイスの背、右手は左膝をおさえる。気持ちのいいところまで捻って15秒ホールド

気になる効果は?

この運動も腸に刺激を与えるタイプのものですが、便秘改善よりも「肩こり改善」に効果ありそう……。私としてはあまり効いている感はありませんでした。

 

イス体操 【その3:イス腹筋】

1. 背筋を伸ばして、両足・両膝をピッタリとくっつけた状態で椅子に浅く腰掛ける。

2. そのまま足を上げ、膝を胸の高さまで持ち上げて5秒ホールド

3. ゆっくり下ろす

気になる効果は?

これは腸腰筋などおなか周りのインナーマッスルを鍛えるエクササイズです。文字にするととっても簡単そうなのですが、やってみると100倍キツイです!

普通の腹筋運動よりもキツイような気がする…… ご想像通り、キツ過ぎて効果を実感できる程回数できていません(汗)。何を隠そう1回目はたったの1回でギブ・アップでした。

でもこのエクササイズを行うことで排便の時のいきむ力増強、さらにこれをやるだけで便意が来るようになるケースもあるようなので、少しづつ実行回数を増やせるように努力中です。(けなげな私、頑張れ!)

 

便秘と運動不足は確かに深~く関係しているようです。そして毎日少しづつでも、キーポイントである腸腰筋を刺激、そして鍛えることが便秘改善に繋がります。

毎日気合いを入れずにできる椅子を使った運動は、便秘改善だけでなくおなか周りのシェイプアップも期待できそう……だって、3つの運動を始めたその日の夜、おなか周りが筋肉痛になりましたもん。腹筋ないんだなーって実感!

便秘解消とダイエット、同時に両方クリアできる運動だなんて、理想的だと思いませんか?

便秘の体質は遺伝によるものなのか。

中学のころから親密なお付き合いが始まった便秘・・・他人に相談するのもちょっと、で一人悩んでいたわけです。幸か不幸か、そんな私が最初に出会ったのが「便秘体質を作り出す最も代表的なものが遺伝です」というサイトでした。

そこには「腸が他人より長い人」「肥満体質」の二つの遺伝形質が代表としてでっかく乗っていたんです。それを見たとき、一瞬眼の前が真っ暗……になってしまいました。

「私が便秘なのは遺伝によるものに違いない・・・」という根拠があったんです。

 

便秘になりやすい体質とは。

父と、お姉ちゃんと弟は、細身で快便派。母と妹と私、小デブ系の便秘派。家族の状況を見ると、遺伝は間違いないかのようだったんです・・・。

でも、一抹の明かりを求めるようにさらに調べていったら、便秘体質と遺伝は関係がまだはっきりしていないこと、そしてどうやら別のところに原因があることが分かりました。

腸が他人より長い人は、便秘になりやすい?

便秘と遺伝の関係でよく出てくるのが腸の長さです。
ごくまれに腸が他人より長い人がいて、ねじれたり、たるんだりで便の通りが悪くなり便秘になるというものです。でも自分の腸の長さって簡単にはわかりませんよね。

こんな例はごく少数派とのことですので一安心ですが。それでも心配なら、検診するしかありません。ちなみに、腸の長さと便秘の関係についても未だ医学的に解明されていないそうです。

太っている人は、便秘になりやすい?

肥満による皮下脂肪や内臓脂肪が腸を圧迫して、腸の機能を低下させることにより便秘になるというものです。この肥満体質は遺伝であることも多いため、便秘が遺伝とはまったく無関係とはいえないかも知れません。

遺伝ではないが肥満体質になる人がいる。

これは「脂肪細胞増殖型肥満」と呼ばれています。
人間は食事から摂った余分なエネルギー分を脂肪に変えて、非常時のために脂肪細胞に蓄えます。この「脂肪細胞」がくせ者で、脂肪細胞の多い人と少ない人がいます。当然脂肪細胞が多い人が太りやすいのですが、では、この脂肪細胞の多い少ないはどうして起こるのでしょうか。

肥満体質は、3回の成長期で決まる

一生の中で成長期と呼ばれる時期があります。この「胎児期」「乳児期」「思春期」の3回の時期に、太りやすい食事や運動不足により脂肪細胞が増大するのです。しかも、その数は一生減ることはないそうです。食べれば食べるだけ、際限なく肥っていく・・・これって遺伝よりこわい話しですよね。

脂肪細胞は太ることを覚えてしまう

また、この脂肪細胞が少ない人でも、食べ過ぎたり、運動不足だったりすると、一つ一つの細胞そのものが肥大して肥ってしまうので、注意が必要です。

糖尿病も便秘になりやすい。

糖尿病も良く遺伝するといわれていますが、これも病気そのものが遺伝するわけではないのです。糖尿病になりやすい体質が遺伝するといわれています。

また糖尿病になると、便秘を起こしやすくなりますが、これはなぜしょうか。その原因として「食事制限」があげられます。健康的な便を作るには、ある程度のカロリーと脂質をもった食事が必要とされます。でも、糖尿病の治療では、このカロリーや脂質を制限しなければならず、便の形成が不十分になり便秘になるというものです。

また、糖尿病の合併症のひとつに「糖尿病性神経障害」があります。これになってしまうと自律神経が乱れるので、腸の蠕動運動が不規則になります。その結果、便がうまく押し出されなくなるというものです。

 

一家そろって、便秘症。

進学して親元を離れ寄宿舎に入ったら、あんなに酷かった便秘がいつの間にか治っていた・・・なんて話しを聞いたことありませんか?
どんな理由で、便秘が治ったと思いますか?これが、灯台下暗し、的な理由なんです。

食べ物の好き嫌いがおなじ

実家にいれば、もちろん全員食べるものは同じですよね。そして家族そろって肉が好き、甘いものが好き、そして野菜嫌い。毎日の食事は洋食や中華料理が中心で、和食は家族の好みではないので敬遠気味。これでは家族全員が便秘体質になってしまっても不思議はありませんよね。

つまり、食事内容が同じ、生活リズムも似通っている……これなら赤の他人が一緒に生活していても便秘になります!

便秘解消を願うなら、先ず母親の意識改革を始める必要がありますね。なぜって、毎日の献立を決めるのがお母さんだから!(只今反省中です)
そして食物繊維の豊富な食材や、善玉菌がいっぱいの乳製品や発酵食品など、腸内環境を整える食事がたいせつなんですね。

運動嫌いは、便秘の要因

両親が運動嫌いだと、子供もスポーツに関心を持たなくなります。これも、食生活の好みが似るのと同じなんですね。

うちの両親の場合、父は体を動かすことが好きで母は苦手。だから家族でハイキングへ出かけても父と姉と弟は散策に夢中で歩き回り、母と妹と私はお弁当の準備とお花摘みでその場所に落ち着くタイプ。この傾向は年々はっきりと体系に影響しました。

とくに子供は腹筋の力が弱いので、戸外で活発に運動をしないと便を押し出す力が無くなって便秘になってしまうのです。これは大人もおなじこと。便秘解消には先ず運動で筋肉を動かすこと。そして余分な脂肪が溜まらないように、体中の筋肉をきたえて基礎代謝量をアップさせないといけないんですね。

生活習慣やストレスへの対応

生活リズムも、やっぱり家族だと似てしまいます。
夜更かし型の家族の場合、おそくまでTVを見たり、パソコン、ゲームで過ごす時間も長いと、脳が興奮しているため良い睡眠がとれません。体を動かすことが少なく、良い睡眠がとれないでいると自律神経のバランスを崩すことになって、これも便秘を引き起こすことになるんです!

確かに、快便派の父はお風呂で歌うのが好きで、お笑い番組や落語がお気に入り。でも寝る前は決まって本を読んでいます。姉と、弟もそれぞれに趣味を持っていて、父同様に就寝時間と起床時間は休日でもあまり変わりません。

逆に、便秘派の母と妹と私はこれといった趣味もなくTVを見ながら、口も常に動かして(食べてる)いて、弟のゲームを取り上げて熱中し続けることもたびたび。就寝と起床時間はその時々でまちまちでした。

 

 

 

「便秘の体質は遺伝によるものなのか」。今までこのタイトルに沿って調べてきましたが、便秘になりやすい体質(食生活の嗜好)が遺伝することはあっても、便秘という病が遺伝することはないように思います。実際、実家の両親や兄弟を思い出してみても、親の行動形態や嗜好が影響していることがよくわかります。

ですから、「遺伝だー」といって諦めたり大袈裟に考える必要もないんですね(ホッ)。

正直、遺伝かも……と思った時は『うちのお母さんのせいなんだ』と恨みかかったことも。でも、今回調べたおかげで、便秘になる最大の要因は、やっぱり「不健全な生活習慣」につきるということが分かりました。

未来のわが子が便秘で苦しまないように、私もバランスの取れた献立作りをして、適度な運動習慣、そして余裕をもって毎日を楽しく暮らすことを目標にして、「便活」成功させよう!

器質性便秘診断。詳しい症状とどうすればいいか 

前回は、機能性便秘について書きました。
詳しい説明に入るまえに、便秘は種類があり原因もそれぞれに違うこと、そして、内臓疾患が引き起こす「器質性便秘」、そして生活習慣が原因となる「機能性便秘」の2つに大別できるとお話しました。

あれからさらに調べてみたところ、どちらも便秘という症状に変わりはありませんが、原因が大きくことなり、それに伴って危険度にも大きな差が出てくるらしいということが分かりました。

 

@器質性便秘はどんな便秘か

簡単に言うと「器質性便秘」は、大腸に〈ある何らかの原因〉によって、便が通りにくい状態ができ、便秘を起こすことです。良く分かりにくいですよね…実は私も原因と症状の両方を見ていって、やっと理解しました。それでは、詳しくお話していきます。

器質性便秘の2つの原因

先天性器質性便秘

生まれもっての腸の長さや形状が原因で便秘が起こる場合は、先天性器質性便秘。生まれつき腸が長いと、その分排便も大変になるので、便が腸に溜まりやすいと言われています。

〈病症〉先天的大腸過長症、先天性巨大結腸症、S字結腸過長症など、

後天性器質性便秘

腸周辺に腫瘍などができ、便の通り道を塞いでしまうことで起こる便秘です。

〈病症〉大腸がんやポリープ、子宮筋腫、卵巣のう腫、手術後の腸の癒着など、

 

機能性便秘との大きな違いは?

器質性便秘と機能性便秘、排便の苦しさや痛さなどに違いはなさそうです… となると、その違いとは「差し迫った危険度」と言えるのではないでしょうか。ストレスや生活習慣が原因で起こる機能性便秘も、そのまま放置しておけば最悪の場合大腸がんなどの大病を引き起こすと言われています。

でも1ヶ月や 2ヶ月の短期間で急に大腸がんになる……ということは考えにくいので、やはり便秘が原因で発病するのであれば、数年という単位が必要となるのではないでしょうか?

これに対して器質性便秘は、既にできている病変が原因で起こる便秘です。つまり、便秘は病気のサインとして現れているのです。

かなりな違いがありますね。
でも共通しているのは、便秘を軽く見てはいけない…ということ。これに気がついたのは、ウンが良かった!便をキチンと観察することで健康を維持していかれるわけです。

 

器質性便秘の症状とは?

器質性便秘は「この頃便秘なんだよね~……
野菜や果物あまり食べてなかったっけ?」と軽く考えられる程度の便秘症状ではなく、便秘に加えて次のような、明らかに異常があると感じられる症状が現れる場合が多いようです。

  • 吐き気、嘔吐
  • 激しい下腹部痛
  • 発熱
  • 血便や便に粘液が混ざる
  • 便の形がいびつになっている
  • 心当たりのない体重の減少
  • 2週間以上の便秘
  • 上記いずれかの症状を伴う突然の便秘

血便に関しては、色に注意です!
まっ赤な鮮血は排便時に肛門にできた傷からの出血なので心配ないようですが、小豆色や赤黒いような色の場合は要注意。腸の上部からの病的な出血の可能性大です。

 

器質性便秘の要因となる病気の種類とは?

便秘だから腸の病気が要因、とばかりは言えないようです。

大腸がん(直腸がん)

大腸がんは日本女性の死因第1位、男性においても第2位なんですね。日本では肉食メイン、西洋の食生活が増えて来たのと比例して大腸がん罹患率/死亡率が増えてきたそうですね。

それに大腸がんは発見が最も難しいがんとも言われていて、早期では自覚症状はまったくないそうです。進行性大腸がんで、環周度(がんの大きさ)が1/2をこえて、やっと便秘の症状が出てくる「場合もある」という位、症状がでないらしい…… 「おかしいな」と自覚症状を感じる前、健康診断などで発見するしか早期発見方法はなさそうですね。

ちなみに大腸がんの危険因子とは:

  • 近親者に大腸がん罹患者がいる
  • 癌の既往歴(特に女性の場合、卵巣がん、子宮がん、乳がんの罹患歴があると大腸がんへの進行リスクがあがる)
  • 肥満
  • 飲酒、喫煙
  • 食事バランス

慢性腹膜炎

慢性腹膜炎とは結核や大腸がんなどによって引き起こされる病気です。
結核菌が原因の場合は微熱や食欲不振、全身の倦怠感などの全身症状にと一緒に軽い腹痛が続くものの、便秘が見られる事はないようです。

それに対して大腸がんなどの悪性腫瘍が腹膜に転移して起こる腹膜炎は、便秘や嘔吐、吐き気があったり、腹水がたまったりすると言われています。

炎症性腸疾患 (潰瘍性大腸炎、クローン病)

炎症性腸疾患とは、おもに大腸粘膜に潰瘍やびらんができる非特異性炎症性疾患です。現在もまだ発病原因は明らかではなく、難病指定を受けている病気のようです。

初期症状としては下痢、そして血や粘液の混ざった便があり、だんだんと下痢と便秘を繰り返すようになります。そして重症化してくると発熱や体重の減少や腹痛などが現れてくると言われています。

腸閉塞

腸閉塞(イレウス)は腸管が塞がってしまう病気です。簡単に言えば腸管が「通行止め」になってしまい、便が肛門まで辿り着けずに腸の中で大渋滞となってしまうのです。すると当然便秘、腹痛、膨満感、吐き気、嘔吐などが現れます。

症状が現れ始めると、一気に重篤化することもあり命に関わる場合もあるそうなので、便秘に加えて突然の腹痛や吐き気が起こった場合には、すぐに病院で診察を受けましょう。

腸捻転

腸捻転は腸閉塞の一種で、言葉通り「腸がねじれてしまっている状態」。腸がねじれて詰まりがひどくなると、血行障害を起こして細胞が壊死、腸が腐ってしまい最悪の場合には死に至ることも……!腸捻転は急激に発症しますが腸閉塞と同様、便秘を伴う強い腹痛や吐き気、嘔吐が発症のサインとなるそうです。

子宮筋腫

子宮筋腫は子宮内にできる良性の筋腫です。これが便秘を引き起こしている場合もあるのですが、子宮筋腫によって便秘が起こるのは物理的なことと言えるように思います。

もともと体内に存在しない筋腫が大きくなるに従って(場合によっては握りこぶし程の大きさにも!)他の臓器を圧迫するのです。子宮の近くにある大腸はこの影響を受けやすく、大きくなってきた筋腫にグイグイと押され、細くなっていきます。すると当然、腸管が狭くなり便通が悪くなるのです。

便秘になる心当たりは何もないのに便秘が続く、更には鋭い痛みをおなかに感じる……そんなときには子宮筋腫も疑ってみた方がいいかもしれませんね。

 

器質性便秘は機能性便秘以上に危険な便秘ですね。
便秘、ベンピ~、なんて軽く思っていましたけど、大病の症状のひとつとも言えるようです。

規則正しい生活を送り、食事にも気を使っていて適度な運動も心がけているのに便秘が続く……
もしかしたら便秘以上の病気が隠れているかもしれません。

これからは職場での健康診断以外にも、人間ドックも必要かな、なんて考えました。皆さんも、アレ?っと気になったら、そんなときには迷わず病院へ行きましょう!

機能性便秘診断。症状と改善策は

便秘とは長~いお付き合い。これまでにも原因については色々と考えてみたことがありました。ですが、「便秘の種類」によって原因が違うなんて…思いもしませんでした。
そこで、どんなふうに違うのだろうと調べていったら、機能性便秘と器質性便秘の2つに分類されることがわかったのです。

簡単に言うと、「機能性便秘」とは食事やストレスなどの生活習慣が原因で起こるもので、「器質性便秘」は内臓疾患が引き起こす便秘のようです。

改善法を知るためには、まず原因を突き止めなくてはなりません。そこで、自分がどちらのタイプの便秘なのかを見極めるためにも、各タイプの便秘が起こるメカニズムやその改善策を調べてみました。

 

機能性便秘とは?

機能性便秘というのは、大腸の機能が低下して起こる便秘のことです。
一過性の便秘と習慣性の便秘の、2つのタイプがあるのですが、習慣性の便秘は更に3つのタイプに分けることができます。

一過性の便秘

例えば旅行に行ったら便秘になっちゃった・・初めて飛行機、いつもと違う時間の食事、こんな生活環境の変化で起こったりするものです。就職とか、出張なんかもそうですし、夜更かし、暴食なども原因になります。でも原因が取り除かれると自然に治る一時的に起こる便秘です。

習慣性の便秘

弛緩性便秘

弛緩性便秘とは腸の動きが鈍く、便を押し出す力が弱くなってしまっている状態です。
押し出されずに腸に留まっている便はどんどんと水分が抜けて固くなっていくため、ますます外に排出することが難しくなります。
(ぅ~、私はこれに近いかな~。)

直腸性便秘

直腸性便秘の一番大きな特長は「便意をあまり感じない」ということです。
普通は便が直腸まで降りて来ると、直腸から大脳へ「便がきましたよ」というシグナルが送られます。でも直腸性便秘の場合、肛門まで便が来ていてもシグナルが送られないのです。

もちろん、直腸に便が長い間溜まっているので、どんどん水分が抜けて固くなります。固くなった便を排出するのはホントに大変なので、すべてを出し切れません。そして便がまた腸内に残り、その便が腸の中でまた固くなってしまう、という悪循環に陥るパターンも多いのです。

痙攣性便秘

上のふたつと違い、腸の動きが激し過ぎるのが痙攣性便秘です。ストレスや自律神経バランスの崩れによって引き起こされ、男性に多いタイプの便秘のようですね。

 

機能性便秘、タイプ別の症状

機能性便秘には3つのタイプがあることがわかりましたが、症状にも違いがあるのでしょうか? それと、どうやらウンチの形状にも違いがあるようです。

弛緩性便秘

腸の中で水分が吸収されてしまうため、黒っぽくて固い、コロコロとした便になります。苦労をしても少ししか排便できず、スッキリ爽快!!とはなかなかいきま せん。その上腸内で溜まった便によって悪玉菌が増殖し、ガスを発生させるので、いつもおなかが張っているような状態に……。

更に腸のコンディションは肌のコンディションに直結しています。増殖した悪玉菌がリンパ液や血液によって体の中に広まり、肌荒れも起こりやすくなってしまいます。
(ぅ~、やっぱり、私の便秘はこれかな~。)

直腸性便秘

便秘になると便が固くなるのは当たり前のこと。それよりも更に固く、そして太くなるのが直腸性便秘だとか……。これは腸の殿部分で便がストップしてしまうことに関わっているそうです。

直腸性便秘は、ある程度の水分が抜けて本来は排出される、このときに停滞してしまうので、もともと少なかった水分が更に減ってしまうのです。

そして出ない!苦しい!と便秘薬に手を出すと、今度は一転して下痢になってしまいます。大腸には問題がないので、蠕動運動を促すタイプの薬ではおなかを下してしまうのです。

痙攣性便秘

痙攣性便秘に多いのは、便秘と下痢が交互に起こることと言われています。痙攣性便秘とは活発になり過ぎた腸の活動が原因なので、便秘の後、まだ水分の吸収が充分でない便が下痢となって排便されてしまうのです。

また食事の後などにおなかが痛くなることも珍しくはありません。これはとにかく大腸が活発に動き過ぎているからなんですね。

 

機能性便秘の原因、そして改善策とは

コロコロウンチは弛緩性便秘、超絶固いのは直腸性便秘、便秘と下痢の繰り返しが痙攣性便秘。「どうして」がわかれば、改善策もわかるはず!そう思って早速調べてみたところ……

弛緩性便秘

弛緩性便秘の原因として一番大きいのは筋力の低下のようです。便を排出するためには腸の蠕動運動が不可欠。そして筋力が弱るとこの蠕動(ぜんどう)運動も不十分になってしまうからです。ですから弛緩性便秘は筋力が低下してきた高齢者や運動不足、ダイエット中の女性に多いと言われています。

そして私が行きついた改善策は……
とにかく筋力アップです!これに尽きると思いました。

筋力をつけることで蠕動運動がしっかりとできるようになり、改善が見込めるからです。少ない回数でも毎日腹筋するのがもちろん理想的です。でも時間が取れないこともあるので、立ち仕事中、散歩中、椅子に座っているとき……

どんな時にでも下腹に意識を向けて、力を入れておくだけでも効果は期待できるようです。それに、ぽっこりおなか改善にも効果ありそうで嬉しいですね。

直腸性便秘

直腸性便秘になりやすい人とは、便意があってもガマンしてしまう人、のようです。そりゃあ、毎回毎回便意を我慢していれば直腸の神経が刺激に慣れてしまい、脳もそれを受けて排便の命令を出さなくなってしまうのです。すると便意をまったく感じない状態になってしまいます。

さらに痔などの肛門の疾患があると、痛みがあるので排便回数はできるだけ減らしたいですよね…… そのために便意を我慢することもよくあるようで、その結果、直腸性便秘になることも珍しくないんだそうです。

直腸性便秘の改善策は、とにかく便意が起こるようにすること!
そして固くなった便をなんとか出してしまうこと!

まずは生活習慣を改善することが大事なんですね。そして毎日決まった時間にトイレに行くようにすると、また便意を感じられるようになってくるそうです。更に便秘対策として水分、そして水溶性食物繊維を多く含む食品をたっぷり摂ることが大切です。

 痙攣性便秘

痙攣性便秘には自律神経の乱れが大きく関係しています。
交感神経と副交感神経を交互に切り替えることで、自律神経はバランスを取っています。腸の蠕動運動に関わっているのは自律神経なので、この切り替えがうまく働かなくなると便秘を引き起こしてしまうようです。

自律神経の乱れを引き起こすのはストレス、乱れた生活習慣、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

痙攣性便秘の改善で大切なのは生活リズムの立て直しです。夜型の生活や睡眠不足など毎日違うリズムで生活していると自律神経が乱れてしまうので起床時間、就寝時間を毎日同じ時間にするように心がけて、たっぷり睡眠を取りましょう。

そしてもうひとつ大切なのはストレスの解消です…… そうは言っても、今の世の中ストレスを完全に解消することは難しいですよね。せめて「ストレスはできる限りため込まない」程度でも全然違うようです。ジョギングやウォーキングなどの軽い運動、趣味の時間を作るなど自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

 

ひとくちに「便秘」と言っても、原因はいくつもあって、各々の原因によって改善法も変わってくるということがわかりました。例えば直腸性便秘なのに、改善を目指して食物繊維をたくさん食べるなど、こんな間違った対処をしていたらずっと便秘解消はできません。まずは自分の便秘タイプを見極めることが大切ですね。