防風通聖散は本当に便秘に効くのか試してみた

いままでは主にサプリメントやマッサージなどで便秘を改善しようとしてきた私です。どれも思ったような効果を得られない…まあ、もちろん途中で飽きてしまったり、面倒になったりで、続けられなかった私のせいでもあるんですよね……。

そんな私ですが、懲りもせず見つけてしまったのが【漢方薬】なんですよね。それで、漢方薬や、その作用について調べたわけです。その中でわたしむき!?と思えるものがあったんです。それは、防風通聖散という漢方薬です。効くようなんですね。

そこで、「今回こそは1か月間続けよう」という意気込みで実際に飲み始めてみました。まだ飲み始めて二週間くらいですが、防風通聖散の感想などを書いてみたいと思います。

防風通聖散とはどんな漢方薬なのか

今回チャレンジした防風通聖散について、難しいことが書いてありましたが添付文書を参考にして、まずは防風通聖散がどんな漢方薬なのかをご紹介したいと思います。

防風通聖散の効果

防風通聖散を服用すると・・・
汗をかきやすくなって、お通じだけではなく尿の出もよくなるということです。頻尿になるというわけではなく、新陳代謝を良くするので「悪い水分を出しやすくする」ということのようですね。

この「悪い水分」を排出することで肥満体質の改善・むくみ・肩こり・ノボセなどの症状も改善できるというのです。

防風通聖散の効果は他にもいろいろあるようですが、今回期待したいのは便秘の改善。そして、どうせなら肥満体質の改善もできればと…期待しているわけです。

ちょっと気になったのは「体力が充実して腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちな者の次の諸症」と書いてあったことです。この「体力の充実」の基準は?……と思いましたが、私はいつも元気があるので体力も問題ないはず、です。

防風通聖散の副作用は

医薬品だけではなくて漢方にも副作用があるそうです。漢方薬はいいことだらけしかないと思っていたのですが【合う人合わない人】というものがあるらしいです。

主な副作用としては、肌の痒みやデキモノ。吐き気・食欲不振・胃部不快感・激しい腹痛を伴う下痢。めまい。発汗、むくみ。間質性肺炎。ミオパチー。肝機能障害。効果にも副作用にも発汗・むくみがあるのが不思議ですね。漢方薬は難しい…

副作用が色々あるじゃないですか・・・

正直添付文書を見た時は効果よりも副作用のほうが気になってしまい服用をためらってしまいました。ためらいながらも、「便秘解消」の言葉に惹かれ、既に防風通聖散を服用している私です(笑)

防風通聖散を試そうと思った理由は

今回、じつは便秘ではなく「ダイエット」でネット検索していたら防風通聖散に行きついたんです。漢方薬というのが気になって調べてみると、便秘解消にもいいことが分かったので試すきっかけになりました。女の第6感(ピンッ!)、便秘解消とダイエットってつながってるんじゃないかな~て思ったんですよね。

早速ドラッグストアで探したら、お値段がお高め・・・悩みましたが、通販だと結構安かったので、試すことにしました。

 

防風通聖散を実際に服用してみた。

結局は安い通販で、約一か月分の量を購入しました。ちょうど今日で14日目の服用が終わりました。結論としては【便秘にもダイエットにも効果あり】というものになりました!ですが、ちょっと効きすぎたと感じる面もありましたので、メリットとデメリットという形で私が実感したことをまとめます。

防風通聖散を実際に服用してみて感じたメリット

:お通じが確実に出るようになった

お通じ効果は間違いありません。
はじめの二日間はお通じナシ、そして3日目からは毎日のようにお通じがあります。

:体重も減った

お通じが毎日出ているので当然なのでしょうが、体重も二週間で1kgくらい減りました。まだまだお腹の脂肪がへこんだ感じはありません、でもお通じが順調なので張りはなくなりました。実際に脂肪が減ってくるのはまだまだ後のことになりそうです。

:冷え性が改善したかもしれない

冷え性の改善はまったく意識してなかったのですが、添付文書にあったように、「冷え性がちょっと改善したかも」と感じました。二週間程度でそんなに体質改善ができるとも思ってはいないのですが、今までの服装ではちょっと暑く感じることが増えたように思います。

防風通聖散を実際に服用してみて感じたデメリット

:お通じの効果が強い

お通じがゆるめになってしまうことがあります。お通じの内容までは記録していませんが二週間で3回くらいはゆるいお通じでした。幸い腹痛は伴いませんでした。お通じがゆるいと便意が来た時に我慢しづらい状況もあります。すぐにトイレに行けずに困るとかもありますね。

:胃腸の弱い人・虚弱な人には勧められない

添付文書を読んだ時はほとんど気になりませんでしたが、胃腸が弱くない私がこれだけお通じが改善して時にはゆるくなるのだから、胃腸が弱い人にはちょっと効きすぎるのではないかと感じました。うまく表現できませんが胃腸の弱い人なら下痢を繰り返して、ダイエットというよりも低栄養状態になってしまいそうな感じです。健康的なやせ型というよりもヤツれてしまうかも・・・

私は元気一杯だから体力充実と確信していたのですが、これはどうも違いがあるようだということに気が付きました。

:体力がない人にも合わないかも

冷え性が改善したと感じたのは「基礎代謝が上がったから」だと思います。調べてみると基礎代謝が上がるということはそれだけカロリーも消費しているそうです。虚弱という意味になるかもしれませんが、体力がない人で消費カロリーが上がってしまうと「ちょっと危ないのかな」って思います。

:漢方薬だから苦い

これはどうしようもないと思うのですが、サプリメントと違って苦みが強いです。それも一日二回の服用なので、苦いのが苦手な人には苦痛で続かないかもしれません。ちょっと気づきましたが、効きすぎる人は一日一回の服用に調整してもいいかもしれませんね。

 

まだ二週間の服用ですが、私が望んでいたお通じとダイエットの効果は充分に得られていると感じています。ただしお通じがゆるくなってくれば服用の量をちょっと減量しないといけないでしょう。それから正直、今まで実践したものと比べると苦みがあります。ところが不思議、慣れて来るものですね。

 

お通じがゆるくなって体重も減りはしましたが、よくよく考えてみると、「元気であることと体力があるということは別である」ことを思い知らされました。体力がしっかりあればお通じも緩くはならないのかもしれません。もしかしたら、これが添付書で謳われている副作用の下痢に入るのか・・・?

便秘解消効果が強すぎて下痢になるのか、私の体質にあったものではなかったのか・・・やっぱり薬剤師さんと相談して買った方がよかったかなと、思っています。最後に注意喚起!痩せ型・虚弱体質の人向きではありません。

 

>>乳酸菌サプリと整腸剤を飲み続けた私だから比較できること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です