便秘が原因での死亡事件の全貌

便秘との付き合いも長い私ですが、『もしこの便秘を放置したらどうなるのか?』ふと気になったので調べてみたのです。

調べてみた結果・・・

なんと、便秘で死亡(!)する可能性があることが発覚したんです。そんな、便秘が原因で死に至るなんて・・・。ショッキング過ぎました。

そう思ってもっと調べていくと、実際に便秘で死亡した人の記事がインターネット上に残っておりました。

便秘に悩まされている私としては考えたくもない事ですが、悲しいことに便秘が原因で死亡した人は実際にいるのです。どのような事件だったのか、調べてみましたのでご紹介したいと思います。

なかなか衝撃的な内容なので、閲覧注意。かも。

21歳の女性が便秘で死亡

この女性は21歳の会社員。身長は158cmで体重47.6kgのごく標準体型の方ですね。とても若いですが、どのような経緯で便秘により死亡したのかと言うと・・・

事件の経緯

死亡する1年ほど前から便秘に悩まされていたようですが、あまり気には留めていなかったようです。時折、腹痛に襲われていることもあったそうですが、診察を受けることもなく市販の便秘薬で済ませていたとのこと。

死亡の2日前まではいつも通りの生活で、仕事もしていたそうです。

死亡の前日は仕事が休みだったようですが、腹痛のため自宅で療養をしていたそうです。

死亡当日は、腹痛のために寝たり起きたりして過ごしていたようですが、腹痛が原因でショック症状になりトイレで倒れ、学校から帰宅した弟により発見されたそうです。

便はどのような症状だったか

解剖の結果、腸内に約7kgもの便が詰まっており、女性のお腹は妊娠満期のように膨れていたそうです。死亡原因は、便の詰まりによる「腸閉塞」でした。

死亡時、目はひどく充血しており、肛門内には真っ黒で水分を全く含まない便が数十センチにわたり詰まっていたそうです。

コンクリートのように硬い便が直腸で詰まったことで、おならさえも全く出ていなかったそうです。妊娠満期のようなおなかの張りは、逃げ場がなくなったガスが原因だったようです。

これは・・・怖いですね。

死亡した日、便による腹痛と風邪の症状を訴えていたそうで、前日の昼食と夕食は取らずに当日も朝食は取っていなかったようです。ずっと排便をしていないためか、口や体からは便の臭いがしていたそうです。

死亡時、腹痛からか便を直接指で掻き出そうとした形跡も残っていたとのことなので、想像を絶する痛みだったと考えられます。

便秘症状を放っておくことの恐ろしさについて書いたページはこちらです。
便秘で体調を崩すのが危険な理由

便秘の原因は何だったのか

:便秘を起こした直接の原因

この女性は肉や乳製品が大好物だったということですから、偏った食生活が、まずは便秘の原因を起こしたわけですね。

:便秘が起こした死の原因

乳製品や肉類の摂り過ぎで、大腸が癒着するという状態が腸内でおこっていました。腸管がくっついてしまう「腸閉塞」を起こし、便の詰りによって最悪の事態になってしまったのですね。

親御さんは死亡の1週間前に一緒にお風呂に入った折、女性のお腹の膨張に気付かなかったそうですので、死亡前の数日間で妊婦のように膨らんだお腹が作られた、と推測されます。

私は、この女性の事件が他人事ではないような気がしました。私も、肉や乳製品が大好きでジャンクフードには目がありません。だからこの方の事例は、誰にでも起こりえるわけです。

それから、便秘薬に頼りすぎ、腹痛など自分の体の異変を軽視してしまった。

これらも死を招く要因になったのでしょう。深刻な症状には、今すぐ対処しないといけないですよね。

イギリスで起きた死亡事件

イギリスでも便秘で死亡した16歳の少女がいます。どのような事件だったのか、見てみましょう。

事件の経緯

16歳のエミリーさんは自閉症を患っており、トイレに行くことが怖かったようで、8週間ものあいだ、排便を我慢し続けたそうです。心配した両親は説得をしましたがエミリーさんは受け入れず拒否し続けました。

亡くなった当日、救急隊が2度自宅に駆けつけています。

1度目に駆けつけた時は意識がありましたが、本人が病院に行くことを拒否したそうです。2度目の通報は早朝の4時頃で、救急隊が駆けつけるとエミリーさんがトイレで倒れ動かなくなっていたそうです。すぐに病院へ搬送されましたが、そのまま帰らぬ人となりました。

便秘の原因

自閉症を持つエミリーさんは「トイレに行くのが怖い」という事に発端がありますが、

:便秘を起こした直接の原因

便秘を起こした大きな原因は「便意の我慢」です。

この事件を見ると、便意があればトイレに行くという事が、どれほど大切かがわかりますね。便秘薬を処方されていたのに、飲んだ形跡がなかったようで、適切な治療が施されなかった事も原因と言えますね。

:便秘が起こした死の原因

エミリーさんの死因は心臓発作です。そしてこの心臓発作を起こしたのは便秘なのです。

家族が救急の通報をしたとき、エミリーさんのおなかが異常に膨れ上がっていたそうです。検死官によると「大腸が便により膨らみ、それが原因で臓器の位置がずれて心臓を圧迫していた」とのことです。

本人の意思を尊重するとはいえ、家族ももう少しやり方があったのでは?と私は感じました。周りの助けも大事です。

そして、驚くことにロックの神様であるエルヴィスプレスリーさんも便秘が原因で死亡していました。エミリーさんと同じく心臓麻痺だったようですが、エルヴィスさんは、ストレスから暴飲暴食をし睡眠導入剤なども服用していたようです。ストレスもまた、便秘に悪影響だということが如実に分かりますよね。

便秘による死亡事件から考えられること

これらの事件を知ることで考えさせられたと同時に、便秘に対する思いも変わりました。

便秘は食生活に左右される

はじめに紹介をした21歳、女性の死亡原因は「お肉の食べ過ぎ」です。このことから、食生活の見直しは必須項目だということがわかりますね。もちろん、便秘に効果のある食品だけを食べるのではなく、バランスの取れた食事が大切になのだとわかります。

便には水分や柔らかさが必要

解剖の結果、コンクリートのような便が詰まっていた・・・。私も他人事ではありません。水分がなく柔らかさがなければ、いくら腸が蠕動運動をしようと頑張っても便は出てきません。油分を意識的に摂取する、乳酸菌をしっかり摂る必要があります。

乳酸菌の摂り方については、こちらで解説しました。
>>飲んだから分かる。私の便を動かした乳酸菌サプリ

コロコロウンチは切れ痔にもなりやすいですから、対策が必要だと感じました。

便意とオナラの我慢はダメ!

以前に別の記事の中で脳と腸の関係を紹介しましたが、脳が排便の指示を出さなくなる可能性もあります。エミリーさんの事案を見ても「便意の我慢」は非常に危険であると強く感じました。

直腸付近に便が来た時に、排便の我慢をすると水分がなくなりやすくなり、さらに便秘を悪化させてしまいます。

【便意が来たら、なるべく早くトイレの便座に座る】これがとっても大切なんですね。

ついでに調べたところ、オナラを我慢をすることは、腸の運動を低下させ便秘を悪化させます。さらにガンの危険性も高まるようなので、オナラも我慢は禁物ですね。しかもオナラのニオイは、口や皮膚から出るそうなので、我慢するメリットはありませんでした。

不安があるなら医師の診察を受ける

私も便秘なのでわかりますが、便秘で病院には行きたくありません。

恥ずかしいという気持ちもありますが、同時に、「自分で何とかできるだろう」という考えが心のどこかであるからです。自分で自分のケツをふくんだ!・・・という気持ちが、安易な便秘薬に手を伸ばしたり、自分の体の異変に気づくことを遅らせるのだと思いました。

そして、診察を受けたなら、医師の指示にしっかりと従うことも大切ですね。

まとめ

おなかが妊娠満期のように・・・?

想像もしたくありませんが、確かに少しの便秘でポッコリお腹になりますよね。このまま便が出ない状態が続くと、他の臓器にまで影響を及ぼすわけです。

便秘を放置することは、死にもつながる。もちろん滅多にあることではないですが、便秘の放置は体に悪影響しか与えないというのは、確かな事実です。普段の生活習慣がどれほど大切であるか、思い知らされますね。

便秘解消にオススメしたい生活習慣は、こちらで特集しています。
>>飲んだから分かる。私の便を動かした乳酸菌サプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です