睡眠不足。生活リズムの変化から便秘に

睡眠不足が便秘になるって知っていましたか?直接睡眠が便秘に影響を与えるわけではないようですが、睡眠不足が便秘の原因になることがあるそうです。私も仕事が忙しいときには睡眠不足を感じますが便秘にも関係しているなんて…。

なぜ生活リズムが崩れてしまうのか

毎日きちんとした生活リズムがとれている人もいるかもしれませんね。しかし、多くの人は生活リズムが崩れているのではないでしょうか? かくいう私も、生活リズムが崩れがちです。崩れに崩れ、はんぱないです。

でも、一体何が原因なのでしょうか。

いくつかその理由をあげながら、睡眠不足⇒生活リズムの乱れ⇒便秘 の連鎖を解きほぐしていきましょう。

仕事による生活リズムの変化

生活リズムを、仕事で崩しやすい人がいます。
例えば、交代制の仕事をしている人は、朝夜が逆転することもシバシバありますね。本来寝ている時間帯に働かなければいけないため、体が睡眠不足を感じるようになります。

また、夜遅くまで営業をしていたり、多忙な仕事のため寝る時間があまりない、という人も少なくありません。私も、仕事が忙しいときは夜10時過ぎの帰宅もざら……私の生活リズムの乱れは仕事が原因なのかもしれません。

リズムを正したくても、仕事は変えられない方は、こっちも読んでみてくださいー。

子育てによる生活リズムの変化

小さい子供がいる場合、授乳や夜鳴きが理由で寝不足になることがあるそうですね。出産経験のある友人、現在子育て真っ最中の友達の話では、夜眠れないので生活リズムが崩れるってのは、よくあると言っていました。

睡眠不足と便秘の関係について

私たちの体は自律神経でコントロールされているのですが、この自律神経は二つの働き、「交感神経」と「副交感神経」、があるんです。体温調節や血液の循環、呼吸など生きていくために最低限必要な機能をコントロールをしているのが、この自律神経なのです。

交感神経と副交感神経は相反する作用をもっており、状況に応じてどちらかが強くなることでバランスをとっています。例えば、胃や腸といった消化器官は副交感神経が強くなることで動きが活発になります。

便は夜に作られる

便はリラックスしている時間帯に作られることがわかっています。副交感神経が一番活発に働くのは、体がリラックス状にある睡眠中です。寝ている間にも周期的に腸の蠕動運動は繰り返しているため、睡眠中に便を作り出しているということですね。

また、蠕動運動を活発にする消化ホルモン「モチリン」は夜間の空腹時などに周期的に放出されるため、睡眠は便を作るためにも大切な時間帯だそうです。

今まで便が作り出される時間帯があるなんて知らなかったので、これは驚きです!寝ている間に便が作られるから、朝一番にトイレに座ることが便秘解消につながると言われている理由なのかもしれませんねー。

追記:自律神経、ホルモン、色々あるけど、大事なこと忘れてませんか?原点に立ち戻った私の取り組みは、こちらから~。

睡眠不足がストレスの原因になる

私はしっかりと睡眠をとりたいタイプなので、睡眠不足は結構ストレスに感じてしまいます。寝なくても平気な人もいますが、睡眠不足は精神面にも大きな影響を与えますよねー。

睡眠不足が続くことで、自律神経のバランスが乱れてしまい、この自律神経の乱れはとりもなおさず腸の働きに影響を及ぼします。

つまり、腸の機能バランスが崩れるので、本来なら副交感神経が活発になる夜の時間帯に交感神経が強くなってしまいます。このため消化器系の機能低下を起こします。さらに、ストレスを感じ続けることで、自律神経が乱れた状態のままになるという悪循環を引き起こしてしまいます。

睡眠不足になるのはしょうがないことかもしれませんが、ストレスはしっかり発散しなければいけませんね。ちなみに私のストレス発散は、スイーツバイキングです(笑)。これが効き目大なんですヨ!

追記:ストレスは解消できても、便秘解消的には腸は泣いていたかも・・・自分の無知さを悔やみつつ、今は正しい対策できてます。

睡眠不足と朝食の関係

朝食は食べる派と食べない派に分かれると思います。特に、睡眠不足のときは睡眠の方が大事なので、朝食を抜く人が多いのはごく当然ですよねー。実は、私もギリギリまで寝ていたい方なので、朝食はほとんど抜いてます。

ところが朝食抜きは、ずいぶんなNG行動だった分かりました。

朝は腸の動きが一番活発になる時間帯で、腸のゴールデンタイム!この時間帯に朝食をとることで蠕動運動を促し排便につなげるという流れが、本来人間の体には備わっていると言われています。

逆に、睡眠不足で朝食を取らないと、腸にとって一番いい時間帯を無駄にするだけでなく、人間の体に備わった排便リズムを崩してしまうことになります。つまり、1日で一番排便したくなるチャンスを自らつぶしていることになります。

私を含めて、皆さん、朝食は必ず食べるようにしましょうねー!

追記:朝食のバランスは○○で決まる。善玉菌を増やして飼いならす方法は、こちらから。

睡眠不足による様々な不調

睡眠不足は便秘になるだけでなく、様々な不調ももたらします。

睡眠不足になると私は顔にニキビや吹き出物ができやすくなります。トラブル肌は化粧のりが悪くなるので嫌ですねー。これは、便秘になることで老廃物がしっかりと排出されないため肌荒れにつながるからなのだそうですよ。

また、睡眠不足は免疫力を低下させるため風邪などを引きやすくなってしまいます。女性の場合は、月経周期を乱すこともあるので睡眠不足はできるだけ避けたいもの。

私は睡眠不足で月経不順になったことはありませんが、やはり体が不調なのか生理痛が重くなる感覚はありますね。

このように、睡眠不足は便秘以外でも体の至る所に不調をきたしてしまうのです。

睡眠不足の解消が便秘解消につながる

当初は睡眠不足が便秘に影響を与えているなんて考えもしませんでした。それは多分、睡眠不足が腸の働きと関係していると思ってみなかったからです・・・ しかし、調べてみると意外や意外、「睡眠中」は腸にも便にも大切な時間帯であることがわかりました。

睡眠時間をしっかり取ることで便が生産され、腸の動きもよくなることで便秘解消につながります。ですから、睡眠不足になるような生活自体を見直すことが一番になんですね。

とは言え、仕事の都合や子育てなど場合によってはどうしようもないことがあります。

そんな時には、少しでも副交感神経が活発になるように、昼寝をしたりしてリラックスできる時間を作る、朝は時間がなくても何とか少しでも食べる、ストレスを定期的に発散する・・・こんなことで腸の動きを活発にすることが大切です。

睡眠不足。生活リズムの変化から便秘に

睡眠と便秘はつながっていないようで深いつながりがあることを知りました。おかげで睡眠不足の重大さを私は再認識できました。私もこれからは、できるだけ良い睡眠、十分な睡眠を取ろうと思っています。

私のように、便秘に悩まされていて、今このブログを読んで下さっている皆さんも、ぜひ一度「睡眠」を見直してみるといいかもしれませんね。睡眠と同じくらい大切なことを、ひょんな実験から証明した話は、こちらに書かせてもらってます。

 

>>「腸体操」金スマでも紹介された便秘対策運動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です