乳酸菌サプリは本当に便秘解消に良いのか?科学的視点から考えてみた

「便秘に効くサプリ」と検索すると、必ず上位に上がってくるのが「乳酸菌サプリ」。

これはもはや常識のようになっていますね。でも、実際には乳酸菌の何がどうなって便秘解消につながるのでしょうか?サプリメーカーの言うことを鵜呑みにするのではなく、一度ガッツリとその科学的根拠を調べてみようと思い立ちました!

そもそも「乳酸菌サプリ」とは

乳酸菌サプリとはその名の通り、単一種、もしくは数種の乳酸菌(lactic acid bacterium)を詰め込んだサプリメント(補助食品)のことです。

乳酸菌は発酵食品を作る上で欠かせないもので、ヨーグルトやチーズ、味噌、醤油、漬け物、納豆など食品の保存力を高める働きをします。そしてそれらを食事として取り込むことで、体内(腸)の中でプラスに働くのです。

腸内の乳酸菌など(おなじみの「善玉菌」)は多ければ多い程いいのですが、これらを食事から取入れるのはなかなか大変。そこで、手軽に乳酸菌を補給でき、かつ、続けやすく工夫された補助食品(サプリメント)が登場、これが乳酸菌サプリなんです。

 

腸内細菌叢(腸内フローラ)とプロバイオティクス(善玉菌)

腸の中で複雑な微生物生態系を構築する400種以上、約100兆個とも言われる腸内細菌です。これらの微生物群は「腸内細菌叢(腸内フローラ)」と呼ばれています。

そして腸内フローラに存在するのが3つの菌、ビフィズス菌や乳酸菌(善玉菌)、ブドウ球菌やウェルシュ菌(悪玉菌)、環境や体調によってどっちに転がるかわからない(日和見菌)です。 これらの菌のバランスによって腸内環境の善し悪しが決まるのは、もう今では周知の事実!

 

善玉菌優勢の腸は、高い整腸作用を持つ「いい状態」の腸と言えます。善玉菌は腸内を酸性に保つ事で、体外から侵入してきた病原菌やウィルス、悪玉菌の繁殖を防いでくれるのです。反対に悪玉菌が優勢であれば腸内はアルカリ性に傾きます。すると腸への刺激減少=蠕動運動が少なくなって、便秘を引き起こします。更には病原菌などを防ぐ力が弱くなってしまうのです。

つまり、この腸内フローラをいつも良い状態に整えてくれるプロバイオティクス(善玉菌)をいかに増やすかがキー・ポイントになるわけです。

 

乳酸菌が便秘解消に効く理由とは?

乳酸菌が便秘解消に役立つとされる理由はいくつかあります。

腸を刺激する

大きな理由のひとつは、腸を刺激してくれるという点。乳酸菌が作り出す乳酸や酢酸は大腸を刺激し、蠕動運動を活発化させると言われています。また消化吸収能力を上げる力もあるので、腸内のバランスを整える、更には便秘の一因ともなる悪玉菌が作り出す有害物質を排出するなどの、好ましい働きをしてくれます。

腸内フローラを善玉菌優勢にする

もうひとつの理由は、腸内フローラのバランスを「善玉菌優位」にしてくれるから。ビフィズス菌の増殖を手助けし、悪玉菌の増殖を防ぐ作用も期待できるのです。ただ、食べることで取入れた乳酸菌はずっと腸内に留まってくれる訳ではなく、徐々に排出されてしまいます。だからこそ、乳酸菌サプリなりヨーグルトなり、毎日続けて摂取することが大切なのです。

死んでも貢献するのが乳酸菌

また、乳酸菌サプリの売り文句のひとつに「生きて腸まで届く」というのがあります。そりゃもちろん生きたまま腸まで到達して、腸での中で頑張ってくれるのに越したことはありませんが、実は死んでも役に立つのです。

死滅乳酸菌は腸内にいる生きた乳酸菌のエサとなって、善玉菌の増殖に役だってくれるという仕組みです。

 

科学的に考えてみた、乳酸菌サプリが効く理由とは

これまでにお話したことから、下の3つのことが分かりました。

  • 乳酸菌サプリは、効率よく善玉菌を摂取するために工夫され作られた補助食品
  • 腸内フローラを良い状態に整えるにはプロバイオティクスの増殖がポイント
  • 乳酸菌の便秘解消効果は生菌だけでなく死菌も有効

そして、ビフィーナS、EC-12、レブレ、善玉菌の力、乳酸菌革命スーパー……口コミで人気の高い乳酸菌サプリを実際に試してみた私の1週間実践結果と合せると、「乳酸菌サプリ、便秘に効くわ~!」とは言いきれません。だってまだ便秘解消した、とは実感できていないからです。

けれども、これまで新しい乳酸菌サプリを試して「全く効果なし」という結果だったことは一度もありませんでした。おなかがあまり張らなかったり、オナラのニオイがマシだったり(笑)、2日続けて便通があったりと大抵「普段よりは調子いいよね」という感じだったのです。

 

これらのことを総合的に考えてみると、乳酸菌サプリは確かに腸内環境改善に役立つだろうな、と思います。ですが、便秘解消に効くのか……、ここで一番大きな問題は「自分に合った菌種に出会えるかどうか」ということが言えると思うのです。

つまり、植物性乳酸菌が合っているのか、それとも動物性乳酸菌がしっくりくるのか、腸管系乳酸菌がドンピシャなのか。そしてその中でも合っている菌種はラブレなのかラクティスなのかフェカリスなのか。ヨーグルト同様に、マイ乳酸菌と巡り合うためのトライ&エラーが必要不可欠なのでしょう。

 

腸内フローラは十人十色、例え一卵性の双子であろうとも一致しないと言われています。そして自分に合わない菌種を取り続けていても効果はないので「アタリの一本」を引くまで色々な種類を試し続けなくてはならない訳です……

ちなみに自分にあった乳酸菌かどうかを見極めるには、同じサプリやヨーグルトを最低でも一週間連続して取り続けること。そうして便秘の状態に多少なりとも改善がみられたかどうかで判断します。

ただ、私の実践経験から言えば一週間で見極めは難しい……

一発目に当たればいいですけど、いくつ試しても効果が出ないとなったら乳酸菌全体に「便秘に効果なし!」の烙印を押してしまうような気がします。

そこで乳酸菌サプリを試すなら、ここは2週間~1か月ゆっくりじっくりと様子を観察しないことには、わからないことが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です