乳酸菌サプリと含有成分で効果効能表を作ってみた

乳酸菌を摂取することは便秘に良いと言われているので、以前「ビフィーナS」「乳酸菌EC-12」のサプリを試しました。私が感じたメリットの1つに、サプリメントは手軽!ということが挙げられます。飲むだけで便秘が改善するなら、これほどお手軽なことはありません。(笑)

そこで今回は、他のランキング上位のサプリメントを試すために、自分で効果や効能の表を作成してみました。もしサプリメントで悩んでいるならば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

サプリ名 成分 効果・効能
ビフィーナS

(ヘルスエイド)

ビフィズス菌(ロンガム菌)・・・50億個

乳酸菌、オリゴ糖

効果:便通を整える(排便回数を増やし、便の状態を整える)

効能:腸内のビフィズス菌を増やすことで、腸内の善玉・悪玉菌のバランスを整え腸内フローラの状態を良好に整える。乳酸菌、オリゴ糖を一緒に摂取することでビフィズス菌の働きを助け、相乗効果を上げることができる。

乳酸菌EC12(久光製薬) フェリカス菌(エンテロコッカスフェリカス菌)を1日4粒で1兆個

ミルクオリゴ糖

効果:腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整える

効能:凝縮された500ナノメートルの小さな球菌が腸に到達。高度な加熱処理を行った死菌を使用しており、ほとんどが消化も分解もされることなく腸まで届く。さらにミルクオリゴ糖配合なので、善玉菌の増加をしっかりとサポート。

 

善玉菌の力

(フジッコ)

クレモリス菌FC株・・・20億個

カルシウム

効果:お腹の張る便秘を改善する

効能:ねばりのある力強い乳酸菌(クレモリス菌FC株)が腸内環境を整える。カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を生きた状態で腸内へ届けることで、体の中から整え、カルシウムも摂取できる。

乳酸菌革命(健康いきき倶楽部) ラクトバチルス菌、ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌 効果:さまざまな乳酸菌により、腸内環境を改善する

効能:多種の乳酸菌による相乗効果でビフィズス菌を増加させ、有害菌の増殖を抑えて腸内環境を整える。耐酸性のカプセルなので、腸までしっかりと届く。

ラブレ(カゴメ) 植物性乳酸菌ラブレ菌が1粒に100億 効果:植物性の乳酸菌で腸内環境を整える

効能:日本人と相性がよいラブレ菌は、過酷な腸内環境を生き抜き、植物性の乳酸菌の効果で、改善の力強いサポートをしてくれる。また、動物性乳酸菌とのバランスも整えてくれる。

ラクデントC(ハウス食品) 加熱菌体HK L-137を1日に100億個配合 効果:腸内環境を整える

効能:生きた乳酸菌より強く、安定的に力を発揮する「加熱菌体HK L-137」により、長く安定した腸内環境改善への効果が期待できる。また、茶カテキンやビタミンCなども配合されており、口内環境も整える。

乳酸菌とケフィアの力(やずや) 4種の乳酸菌

ラクトコッカス・ラクチス、ロイコノストック・メセンテロイデス、ラクトバチルス・ケフィラノファシエンス、ラクトバチルス・ケフィリ、食物繊維・オリゴ糖

効果:4種の乳酸菌が便秘解消をサポート

効能:生きて腸まで届く「有胞子性乳酸菌」と、体内にいる善玉菌をサポートする「ラクトフェリン」を粉末にプラスされ、4つの乳酸菌と3つの酵母が腸内環境を整えてくれる。

さらに食物繊維とオリゴ糖も配合され、便秘解消をさらにサポートしてくれる。

(参照元:各乳酸菌サプリメント制作・販売元)

 

乳酸菌サプリメントの効果と効能表から見えること

私が試してみたいサプリメントの効果効能をまとめましたが、もう少し詳しく見ていきましょう。まずは、以前試したことがあるビフィーナSと乳酸菌EC12からです。

ビフィーナS

ビフィーナSは、ロンガム種のビフィズス菌が生きたまま腸まで届くという、ハイパープロテクトカプセルが特徴の乳酸菌サプリメントです。人口胃液中での実験では、なんと90%もの生存率が確認されたそうです。オリゴ糖も配合ですので、乳酸菌が元気になるのは間違いありません。

摂取の仕方は少し注意が必要で、カプセルを噛んではダメだということ。中の乳酸菌が傷ついてしまい、腸まで届けることができなくなるそうです。

私は何でも噛んでしまうのです。実際お試し中に何回か噛んでしまったことがあったので、それで効きが悪かったのかな……

乳酸菌EC12

こちらの乳酸菌EC12は、1日(4粒)に1兆個もの乳酸菌を配合しているそうです。久光製薬は乳酸菌の圧縮に成功し、そのためたくさんの乳酸機を配合させることができたそうですが、乳酸菌が1兆個というと、ヨーグルト100個分にもなるというから驚きですよね。

乳酸菌EC12の乳酸菌は、「死菌」を使用しているサプリメントです。この死菌は高度な加工処理を施し、腸まで届ける工夫をしているので、善玉菌の増加をしっかりとサポートしてくれるようです。こちらも善玉菌が増殖するために必要なオリゴ統廃合なのもポイントですね。自分の食生活でもオリゴ糖を摂取することは大切だということでよすね。

それでは、私が試したい乳酸菌サプリを5つ調べてみましたので、ご紹介しますね。

善玉菌のチカラ

善玉菌のチカラの特徴としては、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を生きた状態でカプセルの中に凝縮させていることです。また、日本人に不足しがちな、カルシウムをプラスしていて、ここにもフジッコのこだわりが見えますね。

カスピ海ヨーグルトに配合されているのは、乳酸菌クレモリス菌FC株です。この菌の特徴は何と言っても強力な「ねばり」。他の乳酸菌にはほとんど含まれない、ねばり成分を作り出し、便秘改善に大きく貢献します。乳酸菌にもさまざまな特徴があるんですね。

乳酸菌革命

こちらの商品は、ラクトバチルスという話題の乳酸菌にビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌の3大乳酸菌を配合した商品です。一般的な乳酸菌は、胃酸や小腸の胆汁にやられてしまい死滅します。これを耐酸性のカプセルで包むことにより、しっかりと腸まで届けることが出来るようになった乳酸菌革命。

もちろん、化学性の添加物は不使用。毎日安心して飲むことが出来ます。私も乳酸菌は胃酸で死滅してしまうイメージを持っていますから、こういうカプセルタイプは効果があるのではと期待しております。

カゴメラブレ

日本人に不足している植物性の乳酸菌に着目した、カゴメのラブレ。カプセルタイプやドリンクタイプなど、さまざまな形状で摂取ができます。腸内の動物性乳酸菌とバランスをとり、腸内環境をサポートしてくれます。

ラブレ菌は日本人と相性が良いそうですから、試してみる価値はありそうですよ。

ラクデントC

食品メーカーのハウスが販売するサプリメントです。生きた乳酸菌より強く、安定的に力を発揮する「加熱菌体HK L-137」を配合しています。飲むサプリではなく舐めるサプリなので他社のサプリより、かなりお手軽になっています。3粒で100億個の乳酸菌を摂取できますし、なめてスッキリのミント味なので飽きることもありません。

ポイッと口に入れるだけの「お菓子」感覚で摂取できることは、かなりポイントが高いです。

乳酸菌とケフィアの力

ケフィアとはロシアに伝わる発酵食品で、ビタミンやカルシウムが含まれています。本物の力を届けたいという思いから、コーカサス正統種菌を使用しています。毎日飲めて続けられる!というコンセプトで、水なしで飲むことができ、香料や砂糖などを一切入れていないという所もポイントですね。

ケフィアが善玉菌とともに働き、有胞子性乳酸菌が腸まで届きます。さらにオリゴ糖と食物繊維も含んでおり、私のような頑固な便秘にはもってこいのサプリメントです。

 

各メーカーによって、さまざまな効能があるのがわかりました。どれも共通して言えるのは、腸内改善をしっかりサポートしてくれること。あとは、自分に合う乳酸菌を見付けることが大切ですね。今回ご紹介したように、たくさんのサプリメントがありますが、悩んでいる人の参考になればと思います。

 

>>エビオス錠を試してみた。便秘解消の糸口にはなるのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です