乳酸菌サプリの選び方。自分に適したサプリじゃないと無意味

やっぱり女性にとって便秘は、一番の大敵じゃないですか?毎日快便してこそ、一日一日のQOLが高まるというもの。(クオリティ・オブ・ライフ、最近覚えたので使いたかったんです)

便秘は肌荒れを含め女性の美活にとって一番の妨げ!それを解消しようと、「便秘に効く!といわれるアレコレ」を試してきた私が、最近ハマったのが乳酸菌サプリメント。ヨーグルトがあまり得意じゃない私にとって、もはや藁にも縋る思いで食らいついたワケです。

1週間ずつビフィーナSやEC-12などを比較してみて分かったこと、それは結局自分にあったサプリメント選びが一番重要ってことでした。

各種サプリメントの違い

各社、いろいろと食物繊維やビタミンを添加してみたり、はたまた生菌じゃなくて死菌を使ってみたり。基本は同じ成分をベースにしていても、配合成分なり乳酸菌の数が桁違いに違ったり……

一見同じように見えても、以下のように全く異なる便秘解消効果が期待できるのがサプリメントのメリットでもありデメリットのようです。

配合成分の量

一日に摂取するサプリメントに含まれる乳酸菌数も重要!製品によって表記の仕方も異なるけれど、一番はEC-12の1兆個。次にラクトフェリンラブレの180億個……と続いて、ほぼどのサプリメントも乳酸菌数は膨大です。

なんといっても数が多い方が基本効果は高い…最初そう信じていた私でした。ところが自分のお試しを省みると、数が多くても効果はいまひとつ・・・、数打ちゃ当たるって訳でもないことが分かりました。

配合成分の質

乳酸菌と一言でいっても、それぞれのサプリメントで成分は異なるわけです。フェカリス菌、ラブレ菌、アシドフィルス菌、クレモリス菌にケフィアまで。カスピ海ヨーグルト由来の乳酸菌なんて腸にダイレクトに作用しそうです。効きそうか、ということと、それが私に合うかどうかは未知数なんですよね。

もう一つ乳酸菌の違いはあれど、それ以外に配合されているオリゴ糖、食物繊維とかミネラルの相乗効果も見逃せない点です。サプリメントは数日飲んですぐ効果が現れるものでもないけれど、乳酸菌が持っている本来の力を最大限発揮出来る配合成分のものを選ぶのも、大きなポイントだと思います。

サプリメントの形状

色んなサプリメントがありますが、皆さん思いつくのがカプセルタイプのものもしくは顆粒状のものですよね。

コンビニやスーパーなどで乳酸菌配合ドリンクも見かけますが、飲みやすさは評価に値します。しかしドリンクタイプのものは、腸内吸収率は決して高くないのです。効果的に腸内へ乳酸菌を届けたい場合はカプセルタイプのものが一番なんです。

 

乳酸菌が便秘に良くても、ヨーグルトが好きではない私にとって毎日食べるのは苦痛でした。それに財布は軽くなるけど、私の腸は重たいまま。サプリメントに出会って、日々の健康維持そして便秘対策の一貫として取り入れるなら、絶対サプリメントだと思いました。

ただ、いくつかの実践経験から、それぞれの腸に適した乳酸菌、形、量、そして質で便秘へのアプローチは異なることを体感したわけです。

 

何故結果がこうまで異なるのか考察してみた

やっぱり個々人の腸の状態にあったサプリメント選びが重要。単純な私はEC-12の1兆個の乳酸菌数にクラっと来た訳ですが、効果としてはなんだか微妙…… そこで、いくつか試した乳酸菌サプリメントの効果の差について以下のように考察してみます!

私の腸は単一菌を欲しない

これは一番の理由なんじゃないかと睨んでいるのが、単一菌が私の腸と相性が悪いということ。久光製薬のEC-12、乳酸菌サプリシャアトップ森下仁丹のビフィーナS。両者評判も上々で期待していたものの、結果はどうも今一つ。

これは、各乳酸菌に相乗効果を狙えていないからでは、そう思うんです。単一の乳酸菌だけじゃ満足できない私の腸。やっぱり美食家の私の腸は、一筋縄では攻略できないということでしょう(笑い)。

効果を実感する前にサプリメントを変えてしまった

もはや私の便活は、人体実験と化しています(爆)。正直、皆様に有用な情報をと思うがあまり、効果が出る前にサプリメントを変えてしまったのも原因の一つなのかもしれません。本来なら、1兆とか150億個の乳酸菌をどっさり摂取している訳ですから、私の腸内フローラはまさにエデンのお花畑状態だと勘違いできるほど美しくなっているはず。

善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割のベスト腸内フローラだと言えるはずなのに、便秘は一向に改善されませんでした。これは、実際善玉菌が悪玉菌を抑える間もなく、使用したサプリメントが効果を発揮するのを待たずに、たった1週間くらいでサプリメントを変えてしまっていたのが原因かもしれません。

 

結局私に合うサプリは……

私の腸は未だに理想の乳酸菌達を探している状態、なんだと思います。乳酸菌の数、クチコミそして企業ブランド……そんなものばかりでサプリメントを判断してきた私ですが、今回いくつかのサプリメントを試してはっきりわかったのは、

  • まず短期間で腸内環境は変わらない
  • そして人それぞれ性格が異なるように、腸が望む乳酸菌の数と質は異なる

ということです。当たり前と言われればそれまでですが、実際自ら飲まないと分からないことの方が多いと実感しました。

次は乳酸菌同士の相乗効果を期待するぞ!

そこで次回は、コンセプトとアプローチが異なる乳酸菌が配合されたサプリメントを試してみたいと思います。今のところ考えているのが、花菜の選べる乳酸菌そしてビフィズス、ガセリ、ラブレ菌を配合した乳酸菌革命!

そしてトライ期間も以前の失敗を踏まえて、1ヶ月超を考えています。乳酸菌と自分の腸の化学反応は本当に未知数。だからこそ時間をかけて相性のいい乳酸菌サプリメントに出会うことが一番大切、そして便秘改善の一番の近道なんですね!

 

 

皆さんも色々な乳酸菌サプリメントを試してください。そして効果が現れないからといって、すぐに投げ出さないこと!

その為にはまずコストパフォーマンス、乳酸菌の数と質、そしてクチコミを参考に乳酸菌サプリメントを選ぶことが大切です。

あなたの腸内環境に適したサプリメントは、決して多くないはず。私と一緒に快便を夢見て、上手くサプリメントを活用していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です