整腸剤の基本的な便秘解消作用についてのお勉強

便活を始めてから色々と便秘解消について調べ物をしていると、頻繁に目にするのが「お腹の調子を整える」という言葉・・・「整腸作用」のことなんですね。

これって言葉としては分かり易いのですが、実際には「どの」成分が「どんな」働きをすることでお腹の調子が整う(便秘、下痢知らずの快便くんに変身する)のか、わかっている人は少ないのではないでしょうか。・・・かく言う私もその一人でした。

そこで薬なのかサプリなのかよくわからない、整腸剤について本腰いれて調べてみました。

「整腸作用」ってどういうこと?

よく耳にする「整腸作用」とは、腸内環境を整えるということです。

腸内環境とはどういう環境?

もちろん腸の中の環境なんですが、腸の中に存在する菌のバランスで良い環境、悪い環境に傾きます。

腸内の菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(環境や体調によって善玉、悪玉どちらにでも変化することができる)の3種類で、この三者の勢力図こそが腸内環境なんですね。「整腸作用」つまり、腸内環境を整えるとは「善玉菌優勢の腸にすること」と言えます。

腸内環境が変割ると、体にどんなことが起きる?

乳酸菌やビフィズス菌と言ったプロバイオティクス(善玉菌)は、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。つまり良い環境下にあるので健康が維持されます。

逆に病気や悪食、生活習慣の乱れなどが続いて悪玉菌が増えると腸内環境が乱れ、下痢や便秘を引き起こし、ひいては健康を害することになるのです。

 

整腸剤ってサプリとは違うの?

例えば整腸剤として有名な「ビオフェルミンS」。この整腸剤には乳酸菌が有効成分として配合されているのですが、ちょっと引っかかりませんか?

乳酸菌だったら整腸剤じゃなくても、配合されているサプリがたくさんありますよね。それならば、「サプリ」と「整腸剤」は一体何が違うのか……。

違いは「薬(医薬品)」か「栄養機能食品」か、という点なのです。

整腸剤はお薬(医薬品)です

「薬」とは科学的な実験や統計などに基づき作られ、厚生労働省によって執り行われる試験にパスして、初めて一般に販売されるものです。ある症状の「治療」を目的として開発、販売されていると言えるでしょう。

つまり、整腸剤は医薬品、医薬部外品などの別はあっても、お薬に属するわけですね。

サプリメントは栄養機能食品です

栄養機能食品というのは、病気ではないものの「何か調子がよくないな」と感じていたり、「栄養がたりていないな~」と自覚しているとき、病気や症状の軽減や予防を目的として取入れるものと言えます。つまり、日常生活では足りない栄養素を「補う」のがサプリです。

ですから、薬とは根本的に目的が違いますし、開発・販売に関しても薬とは違った審査基準があるのです。

サプリメントは英語なんですよね、辞書で調べてみたら「補足、補給物」とちゃんと載っていました。だからサプリは、補給食品なんだと今日やっとつじつまが合った感じです(笑い)

 

整腸剤の「医薬品」「医薬部外品」の違いとは?

日本国内で販売される薬やサプリ、肌に直接つける化粧品やシャンプー、歯磨き粉などドラッグストアで販売されているもののほとんどは「薬事法」という法律に則って開発・販売されています。この薬事法には、主に「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」、「医療器具」の4種について様々な規定があるのです。

当然整腸剤も薬事法によって厳しくコントロールされているのですが、整腸剤にも「医薬品」と「医薬部外品」の2種類があります。

医薬品とは

医薬品とは、配合されている有効成分が実験や研究から認められており、病気の治療や予防に使用される薬のこと。病院で処方される薬や薬局でOTC薬として入手できるかぜ薬などを指します。

医薬部外品とは

医薬品とは違うけれど、それに近いもの。医薬品にも使用されているような効果のある有効成分が配合はされているけれども、「治療」」までの効力はなく「予防」を目的としたものが医薬部外品です。

現在販売されている整腸剤でポピュラーなものを医薬品、医薬部外品に分けて以下上げてみましょう。

【医薬品】

  • ロート製薬 ビオリズム
  • 塩野義製薬 ポポンVL整腸薬
  • 興和新薬 ザ・ガードコーワ整腸錠PC

【医薬部外品】

  • 武田薬品工業 新ビオフェルミンS錠
  • 京都ヘルスケア MKM ビオラックス
  • アサヒフードアンドヘルスケア エビオス錠
  • ヤクルト本社 ヤクルトBL整腸薬

調べてみてわかったのですが、整腸剤は「医薬部外品」の方が多いのです。これは整腸剤は比較的安全性が高いので、医薬品から移行されたからなんですね。これによりコンビニなどでも販売することができるようになったのです。

 

整腸剤 vs サプリ。結局どっちを飲むべきなのか?

善玉菌配合サプリと整腸剤を比べてみると乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の数は、サプリの方が明らかに多いことが分かりました。乳酸菌1g=約1億個と考えられるので、この計算でいけばビオフェルミンS状には乳酸菌約18億個……  対して、サプリでは一兆個配合もあるのに、たったの18億……

でもまあ、たったの18億個とは言えキッチリと研究がしてあり、厳しい審査をくぐり抜けて「医薬部外品」の勲章(?)をもらっているのだから「信頼性はアリ」とも考えられるのではないでしょうか。

 

整腸剤、便秘にどう働く?

整腸剤も乳酸菌やビフィズス菌など、腸内フローラ改善に効果のある有効成分が使用されているのもが多いようです。すなわち善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌などのプロバイオティクスを腸に取り込むことで、悪玉菌をやっつけ、整腸作用が高めまって便秘解消に繋がる……という流れです。

そして、一緒に入っている消化を促す、胃粘膜を保護するなどのお薬が、同時にその効果を発揮することで、ある一定の期間で効果を出せるように作られているわけですね。

菌種の選定や配合率などは各メーカーさん研究の成果なのですが、乳酸菌にしてもビフィズス菌にしても、一人一人合う菌、合わない菌があるようなのです。善玉菌と呼ばれているものは万人に同様の効果がある訳ではないので、自分に合った一品を見つけることが整腸剤での便秘解消の第一歩となるようです。

 

サプリと比べてどうもパンチが弱い整腸剤。何せ乳酸菌1兆個!のサプリに対して、18億なんて……ねぇ。でも整腸剤の方は実際に実験やリサーチが行われた上で販売されている商品です。一度使って、サプリとの違いを体験してみなくちゃ。

 

>>大麦若葉の青汁の便秘解消効果はいかほどか。試してみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です