悪玉菌と善玉菌。便秘体質の方の腸内状態

どうして私は便が出にくいんだろう。どうして私だけトイレで苦しまなければいけないんだろう。ふと、腸の中がどうなっているのか見てみたいときがあります。

何か悪いものでも食べたのかな?そんなに悪い習慣をしているのかな?

それもできることなら腸に聞いてみたいですもん(笑)
そこで今回は『便秘体質の人の腸内状態』は一体全体どうなっちゃっているのか、を考えてみました!

腸内細菌目線で真の便秘解消を目指す方は、こちらを参考にしてみてください。

腸内細菌1000兆匹!

腸の中を覗いてみました! 覗けなかったので調べました。

腸内細菌と呼ばれる細菌が1kgも棲んでいます。細菌って聞くと、汚らしさや病気を思い浮かべてしまいますよね。でも、腸内細菌は私たちの体の中でエサを食べながら、いろいろな物質を作ってくれています。つまり【共生している菌・宿主と棲む菌】なんですね。

腸内細菌に思いっきり良い働きをしてもらう方法については、こちらを参考にしてみてください。

この細菌の数はなんと1000兆匹! いったい、どんな細菌たちがいるのでしょう?

細菌1000兆匹、活動内容で

腸内細菌はその活動内容にって、

宿主に有益な働きをするものを『善玉菌』
宿主に有害な働きをしやすいものを『悪玉菌』
仲間の勢力で働きが変化するものを『日和見菌』

こんな風に区別しています。

善玉菌

宿主に有益な働きをしてくれる、つまり腸の働きを助け、ヒトの体が滞りなく機能するように働く菌です。善玉菌としては、ビフィズス菌や乳酸菌、納豆菌なんかが有名ですね。

根本的な便秘対策のためには、善玉菌を増やすことが必要です。詳しくはこの記事で解説しています。

悪玉菌

大腸菌やブドウ球菌、ウェルシュ菌が有名です。名前を見ただけで、いかにも悪役って感じしますよね。腸内の物質を腐敗させ、悪臭や有害物質を作り出します。発生する物質はアンモニアやメタンガス、発がん性物質など物騒な名前が並ぶので、意外と笑えません。

善玉菌を増やせば、自然と悪玉菌の活動は抑えることができます。抑え方については、この記事で解説しています。

日和見菌

『有利な方の味方に付く』菌です。
『住んでるなら宿主のために頑張ってよ!』と突っ込みたくなってしまいますが人間と同じように、みんなが正義と悪に分かれるわけではないってことなんですかね。

腸内細菌はこんな働きをしています。

腸内細菌1000兆匹は、その働きで3種類がいて、それぞれが活動することによって腸内環境が保たれています。また、活動状況をヒトに好ましくしておく細菌のバランスというのも存在するんです。

では、彼らがどんな働きをしているのか見ていってみましょう。働き者なんですよ!

善玉菌グループ

彼らは消化・代謝を助け、免疫力のアップを助けてくれます。また腸のぜん動運動もよくしてくれるので体の中に腐敗物や悪い物質、ウィルスなどがとどまらないように排せつします。また、悪玉菌が排出した有害物質も解毒してくれる強い味方です。

善玉菌は酸性の環境が大好きで、腸内を酸性の環境にします。(悪玉菌はこれが嫌い)

つまり、善玉菌の勢力が弱い腸ではこれらの働きができていない・・・そういうことになりますね。このときに、便秘になったり、風邪をひきやすくなったりと不調が現れるんですね。

是非とも≪善玉菌グループ≫に住み着いてほしいって思いますよね!
そのため、善玉菌の栄養になる物、例えば乳酸菌は毎日とるのが良いわけですね。

善玉菌グループに住み着いてもらえれば、便秘は解消していきます。善玉菌グループに住み着いてもらう方法は、こちらを参考になさってください。

悪玉菌グループ

腸内の物質を腐敗させ、悪臭や有害物質を発生させることで悪さをします。

悪玉菌は肉類などタンパク質にアミノ酸が大好物。肉食系だと、この悪玉菌が増えやすくなるんだそうです。また野菜が不足すると食物繊維も少ないので、この環境も悪玉菌が増殖することに!

こんな悪玉菌が増えてしまうと、便秘を起こす、内臓に負担がかかる、免疫力が落ちる……つまり体の元気も奪ってしまうのです。

体の元気を取り戻して快便習慣を手に入れる方法については、こちらを参考になさってください。

日和見菌グループ

『有利な方の味方に付く』菌でしたね。
そのため、悪玉菌が優勢になってしまうとそこに大量の日和見菌が加勢して、腸内環境は一気に悪くなってしまいます。だからこそ善玉菌にやさしい腸にしておきましょう。

日和見菌を善玉菌の味方につける方法については、こちらを参考になさってください。

メモ:善玉菌と悪玉菌は、日和見菌を味方につけた方が勝つ。

腸内環境って大腸の事、それに細菌がどうかかわるの?

私たちの腸は十二指腸、小腸、大腸に分かれていて。特に便秘に関わるのは大腸です。大腸は、便を形づくり、排せつするための管。全長は1.6mです。

大腸を通る中で水分や塩類の量を調節することで、便を出しやすい最適な形にしてくれます。だから便の様子がおかしい時は、大腸で何かが起こっているサインと考えていいみたいです。

人によってウンチがバナナうんちだったり、固かったり臭かったり、コロコロしていたりといろんな状態がありますよね。どうしてこうもウンチが違うのでしょう?それはどうやら、大腸の中で仕事をしてくれる腸内細菌たちで変わってきてしまうようです。

腸内細菌が原因で起こる便秘について、もっと詳しく知りたい方はこちらを参考になさってください。

便秘体質は腸内細菌がつくっています

善玉菌が多くて悪玉菌が少ない環境が『望ましい腸内環境』ということでした。望ましい腸内環境を手に入れるために私が見つけた方法は、こちらにまとめました。

実際に悪玉菌が増えるとこんなことが起きてしまいます

  1. 腸がうまく動かず、便が出にくくなる
  2. 腸が傷んで水分調節ができなくなってしまう。下痢をしたり便が渇いたりする
  3. 有害物質が体を巡って胃もたれや肌荒れをしてしまう
  4. 体の代謝がうまくいかず、体温調節もうまくできない
  5. 免疫力が落ちてしまい、疲れやすくなってしまう

ここに書いてあることは実際に私が悩んだことばかり。
そして、『便秘体質』と呼ばれるものとほとんど一緒だ!と気づきました。

便秘体質というのは主にこのようなものです。

  1. 体が熱っぽくなったり・冷え性がち
  2. 息切れが起き、疲れやすい
  3. お腹にガスがたまってしまい、苦しくなってしまう
  4. 胃腸の調子が悪く、便の形が安定しない

つまり、便秘体質の本当の原因って『悪玉菌の増えすぎ』なんじゃないでしょうか?腸内の細菌バランスが崩れること、これが便秘や体調の不良を起こす、そう考えられますね!

悪玉菌の増えすぎない生活については、こちらにまとめています。

便秘体質の根本『悪玉菌の増えすぎ』STOP!

悪玉菌の増えすぎで腸内の細菌バランスが崩れると便秘を含む不調が身体に現れることが分かりました。それじゃあ、腸内環境を基に戻すためには善玉菌に頑張ってもらわなければなりません。

そこで、私たちにできることはずばり『善玉菌にエサをあげ、悪玉菌のエサを減らすこと』です。その中で気軽にできる3つをピックアップしてみました。

乳酸菌や野菜は毎日とる

乳酸菌は善玉菌ですが、生きて腸にたどり着きません。その代わり善玉菌のエサになってくれます。毎日と言いたいところ、でも私も良く忘れるので、忘れたらまた次の日からの継続が大事。そして、悪玉菌の苦手な食物繊維を含んだ野菜は必需品ですね。

毎日とり続けるコツについては、こちらにまとめています。

暴飲暴食をしない

暴飲暴食は腸を傷めます。しかも、お肉や炭水化物の食べかすは悪玉菌の大好物です。そのため、消化不良になるまで食べることは悪玉菌にえさを与えることになってしまいます。食べないようにすることは大変なので、もうちょっと食べられそうだなって思うところでストップかけることから始めてみましょう。

水分はとっても大事

身体は、1日に2リットルも消費してしまうので補給が必要。でも一気飲みをしてしまうと腸が冷えて余計に機能が悪くなってしまいます。そこで、水分はこまめに摂りましょう。ちょっと手間ですが水よりも白湯がおすすめです。

便秘体質の方の腸内状態 まとめ

便秘体質の人の腸内って、これまで考えてみたことありませんでした。

でも、腸内細菌の働きの仕組みや、バランスが分かった今は、腸内細菌が私にとって有益に働いてくれるように、宿主の私がしてあげられることがはっきりしました。

腸内細菌に身体に貢献するように働いてもらうには、働ける環境が必要なんですよね。便秘は、食事が原因なだけでなく、ストレスとか運動不足も大きな要因と言われます。

だから、善玉菌がリーダーシップを取って働けるように、食事に気をつける、ストレスを減らす、運動も取り入れる…こんなことが便秘体質の腸内状態を改善できるきっかけになるんだと思います。『これならできそう』と思うものからちょっとずつ実践していきましょう。

ズボラな私でも続けられた方法については、こちらを参考になさってください。これをベースにできることを積み重ねることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です