便秘の原因は「ねじれ腸」の可能性も

【ねじれ腸】、皆さんは聞いたことがありますか? 腸がねじれてる…ちょっと想像しにくいですよね。ですが欧米人と比べて日本人にはなる方が多く、ねじれの程度が軽いものも含めて日本人の8割が【ねじれ腸】だというのです。さらにねじれ腸だと便秘になりやすいのだそうです。

この便秘…という言葉に敏感に反応して、さっそく【ねじれ腸】がどんなものなのか調べてみました。

こんなことがおなかの中で起きている、ちょっと信じられないです!解消方法も調べましたので、参考にしてくださいね。

ねじれ腸とは…実は病気!?

「腸管形態異常」という病名がしっかりついているねじれ腸です。こんな名前を見せられてもピンときませんが、腸の形態と関係があります。ではここから、おなかの中の様子を図で確かめながら、形態がどうして変化してねじれ腸になるのか、一緒に見ていきましょう。

腸を形態で知る

医学的な勉強をしていなければ、なかなか腸の構造などわかりませんよね。そこで、私も実際に図を見て良くわかったので、正常な腸とねじれ腸の構造の違いをご紹介します

正常な腸の形態

下の図が正常な腸の形態なので参考にして、よく見て覚えておいてくださいね。ちなみに図をみて左側が体の右側で、図の右側がお腹の左側になります。腸と向かい合っている感じですね。なかなか美しいではありませんか!

食べたものは胃で消化されてから、小腸を通ります(参考図の中央にある細めの管)。このときは小腸を通るときはまだ水分が多いのでこれだけくねっていても詰まることはありません。

小腸の終点は図の左下「回腸」で、そこから大腸(上行結腸)へとつながります。回腸から上に走る上行結腸、そして横一文字の横行結腸、最後に右側の下行結腸を下ります。

その後S上結腸から直腸へとつながって出口の肛門です。

これが正常な腸の形態!このように曲がりの少ない大腸だとお通じが詰まることなく通過することができます。

ねじれ腸の形態

さて、ねじれ腸の形態は人それぞれですが、下のねじれ腸を参考にしてみましょう。

おっと、この腸はなんだか不規則に曲がりくねっていますね。見るからに苦しそうです!黄色の線が大腸の走行なんですが、正常な腸に比べるとかなり不規則な上に入り組んでしまっています。小腸のようにグネグネにねじれています。

これが≪ねじれ腸≫の形態なのだそうです。

なんでこんなグネグネになってしまうのでしょうか……

ねじれ腸の原因はいくつか挙げられる

上の苦しそうなねじれ腸になるには、やっぱり原因があるんです。

原因の基本、日本人は腸が長い

基本的な原因として「日本人は大腸が長い」!どうも日本人は大腸が長いため、腹部の中にうまく整えきれずに、ねじれやすくなるようです。コンセントも長すぎると束ねるのが大変ですもんね。

日本人の大腸が長い理由は「肉食よりも植物・農作物中心の食事が多かったから」とも言われているようです。肉よりも野菜とかのほうが消化・吸収しやすそうなイメージですがじつは違うんですね。

食習慣の急速な欧米化

日本人は昔からの菜食習慣にぴったりの腸の構造をしているのですが、一気に食習慣か欧米化して肉類の摂取頻度がたかくなりました。でも、腸の環境・調子がその変化に間に合っていないということもあるようです。

排便を我慢する習慣

「公共の場で排便をすることが恥ずかしい」ということがありませんでしたか?私は小学校でお通じをしたことがバレたばっかりに妙なあだ名をつけられたのをおぼえています。

そんな気まずさから、私以外にも、外出先で排便をしない習慣が小さなころからできてしまった方も多いのではないでしょうか…、また職場でも仕事の忙しさからお通じを我慢することもシバシバですよね。

この「お通じを我慢すること」が多い場合も、腸がねじれやすくなる原因なんだそうです。

遺伝的もある?

親子や親族は顔が似ているように、身体的な特徴や病気も遺伝しやすいです。つまり腸の長さや形態が遺伝してもおかしくはないわけです。

 

このようにねじれ腸の原因は私たち日本人には防ぎようがない状況もあるのです。我が家はもしかしたら、母も妹も私も、同じ腸の形態なのかもしれないです・・・

 

ねじれ腸の症状は

ねじれ腸はどんな状態なのか分かったのですが、腸がねじれてしまうことでどんな症状が出てくるのでしょうか。そしていったいどんな人がねじれ腸と言われているのでしょうか。

ねじれ腸が疑われる人はどんな人か

ねじれ腸が原因で便秘になる人とはどのような特徴があるのかというところを調べてみたところ、「独立行政法人国立病院機構の久里浜医療センター」では次のような問診を提示していました。

「ねじれ腸」を疑う問診(参考元:上記久里浜医療センター)

  1. 子供の頃から便秘だった
  2. 腹痛を伴う便秘になったことがある
  3. 便秘の後、下痢や軟便が出たことがある
  4. 運動量が減った途端便秘になったことがある

2つ以上該当すると腸がねじれている可能性があると言われています、自分に当てはめてみると

私の場合は①と③! もともと運動しないから④はなんとも言えない…ということはねじれ腸のリスクが高いということになるのかな、病院で検査しなくちゃダメかな~。

ねじれ腸の症状

便秘

ねじれ腸の代表的な症状は便秘だそうです。この便秘がきっかけとなって次のような症状を出すことがあります。

腹痛

腸閉塞・イレウスという病気を知っていますか?腸にお通じが詰まって腹痛や嘔吐など起こす病気らしいですが、重症なねじれ腸ではねじれ部分で腸が極端に狭くなっているために、便が停滞すればイレウスと似たような症状がでるそうです。

便秘と下痢を繰り返す

便が停滞しすぎると溜まった便を出そうと腸液の分泌が増して便を柔らかくしようとしたり、押し出そうとするそうです。この働きによって軟便が出たり下痢になったりします。

私もですが、便秘の後に必ず下痢をする人は要注意です。

 

ねじれ腸の改善方法は

ねじれ腸も自分で対処できるんです!それがねじれ腸対策マッサージです。0それを行うことで腸の動きを改善して便秘の解消にも役立つことがあるそうです。

意外と難しくない感じでやっていけそうな予感です。

動画などでも多く紹介されており、文章よりも動画のほうがわかりやすいので参考にひとつ動画をつけてみました。

↓↓

【これだけで!「便秘&ポッコリお腹解消」ねじれ腸対策マッサージ】

 

ねじれ腸の原因には遺伝、日本人の「腸が長い」という特徴があって、ねじれ腸になりやすい傾向がすべての日本人にはあるんですね。でも、ねじれ腸だらからといって全員が便秘というわけでもないわけです。やっぱり自分自身で気をつけて、改善できる点があるんですよね。そうじゃないと日本人の8割は便秘で暗い顔・・・ということになってしまいます。

最後に思い出しましたが、イレウス・腸閉塞は激しい腹痛や吐き気・嘔吐という自覚症状があるそうです。イレウスや腸閉塞ではもう完全に腸が詰まっているので、変に腸の動きをよくしてしまうと【詰まっているのに出そうとする】とするため余計に症状が強くなってしまうそうです。

激しめの腹痛や吐き気があったら自分で対処せずに病院に行ってくださいね!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です