腸の位置ずれでも便秘に。かんたんな解決策

そもそも便秘の原因は腸の位置によるものなのではないか?整体とか針の外的刺激、もしくはサプリメントやヨーグルトなどの内側からのケアは、意味がなかったのではないか?

内側からのケアについて、詳しくはこちらを参考にしてください。
便秘で体調を崩すのが危険な理由と対処法

という観点で、便秘との関連性そして解決方法を探ってみたいと思います。果たして腸の形、そして腸のポジションは私達の努力次第で快便に適した腸へと生まれ変われるのでしょうか?

腸の位置がずれる!?

皆さんは腸の働きと正しい位置関係を把握できていますか?

腸の位置ずれと聞いて、この間【ねじれ腸】について調べたことを思い出しました。位置がずれるのと、ねじれるの…どう違うのか良くわからないので調べてみました。

まずは腸の正しい位置関係を把握しよう

腸は基本的には生まれた時に、形も位置も決まってしまうのだそうです。腸の位置ずれが昨今メディア等で取り上げられてますよね。まずは腸の働きと位置関係を、きちんと把握しておきましょう。

簡単に説明すると腸は小腸と大腸に分かれます。そして小腸は更に十二指腸、空腸、回腸に、大腸は盲腸、結腸(上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸)と直腸に分かれるのです。

さて、ここで言う腸の位置ずれというのは、結腸の位置のことを意味します。結腸の位置に異常をきたした状態ということですね。

落下腸とねじれ腸

どうやら、腸の位置ずれ、先日調べたねじれ腸、そしてもう一つ落下腸が当てはまるようです。

落下腸とはどんな状態

落下腸は生まれつきのケースがほとんどなのだそうです。

簡単に説明しますと、横行結腸の部分が下部に垂れ下がってしまい、きちんと固定されていない状態のことを指します。つまり私達の骨盤の部分にまで腸が落ち込むことで、便を上手く排出できずに溜まってしまうのです。

その結果、腸はまるで伸びきったゴム状になり、お腹がポッコリと出る要因になるのです。

ねじれ腸とはどんな状態

先日調べた【ねじれ腸】は、実は落下腸のなれの果て・・・
いえいえ、落下腸の末に、腸が伸びきってしまうことを、俗にねじれ腸と言うのだそうです。

ねじれ腸がひどい人だと通常の70、80センチを通り越し、倍以上にまで腸が伸びてしまうこともざらにあるそうです。(因みに腸のねじれは遺伝的要因も強いと言われています。)

なんと恐ろしいことなのでしょうか。ぽっこりお腹の原因は、弛んだ腸と貯まりきった排泄物だったなんて!腸の位置関係を元に戻すことは難しいんでしょうか……

日常生活の悪癖が腸の位置ずれを起こす

あなたは、ついつい背中を丸めたり、仕事やプライベートで悪い姿勢で過ごしたりしていませんか?

こんなあなたは赤信号!1分でわかる腸位置チェック

落下腸かなんて、私達個人では分かりっこありません。と断言したいのですが、実はいくつかの身体のSOSサインでその可能性を測ることができます。特にこのようなシグナルを感じる方は要注意です。

2つ以上当てはまったあなたは、危険信号が灯っています。

  1. とにかく幼少時代から、便秘に悩まされている。
  2. 何となく便秘に腹痛が伴う気がする。
  3. お腹がポンポコ狸状態……
  4. 便秘だけに留まらず、お肌のトラブルだって多い。(特にニキビ、吹き出物)
  5. 運動不足になった途端に、便秘がひどくなった。

なんだか、ねじれ腸の問診と似ていませんか?

それもそのはずですよね、落下腸のその先に待っているのがねじれ腸なんですから。便秘に悩む方のおおよそ半数が腸の位置ずれ、つまり落下腸もしくはねじれ腸だと言われています。私は大丈夫と思わずに、一度チェックしてみてくださいね。

とにかく姿勢が大事、猫背は絶対NGです

たかが姿勢なんて思わないでください。
日常生活をどんな姿勢で過ごすかで、腸の状態も変わってきます。

生まれつきで腸の状態が決まるなら、毎日どんな姿勢で過ごそうが関係なさそうなのに……しかし実際は、姿勢と腸には切っては切り離せない関係があるのです。

つまり腸が下に垂れ下がるというのなら、筋力を使って内蔵を支えてあげればいいのです。前かがみになってパソコンに向かっていませんか?無意識の日常の悪癖が、あなたの姿勢を丸めて、そして便秘の原因を作り出しているのです。

明日からと言わずに、今日から背筋を正して歩いてみましょう。便秘気味でも女子力は保ちたい!素敵な異性の目の前でポッコリお腹を見せる訳にはいきません!そうでしょ?

姿勢を正すことと、善玉菌を送ること、同時にやっていきましょう。詳しくは、こちら。

毎日簡単にできる改善方法なんてあるの?

落下腸改善は姿勢だけじゃない!今日からできる簡単マッサージを、毎日の日課にしてしまいましょう。

就寝前の習慣にしたい【押し上げマッサージ】は効果抜群!

毎日のマッサージと適度な運動がカギなんです。意外と簡単に腸は動いてしまう事実、あなたはご存知でしたか?

さて気になる落下腸を改善するマッサージのご紹介です。流石にお家で寝っ転がってしかできないけれど、私これ結構効果を実感しているかも。何となくだけどお腹の張りが改善されてきたから!(まだまだ始めて間もないのに実感してるってことは、これからの期待は大。)

方法はこちらです。

  1. 両膝を立てながら、仰向きに寝転がる。
  2. 腰の下に枕やクッションを置いて、身体を約10センチ浮かした状態でリラックス。
  3. 下腹部からおへそにかけて優しく押し上げる。その際は力を入れすぎずに、両手で優しくマッサージする感覚で押し上げてみましょう。
  4. 約1分間マッサージを続けると、あら不思議。お腹がへっこんでる!

わかりにくい方は、こちらの動画を参考にしてみてくださいね。

朝食前と就寝前に行うのがベターですが、朝時間がない方は就寝前に習慣付けるといいですね。

個人差も勿論ありますが、急な体重減少や血便などが見られる場合、大腸がんなどの疑いも出てくるので、病院へ行ってみましょう。

腹筋運動を取り組むのも効果的

姿勢を正すことで筋力を鍛え上げる…それならばお腹周りの筋肉にターゲットを絞って運動するのもいいかもしれません。

ですので、私は腹筋をオススメします。でも、苦しいんですよねえ、腹筋は。私大嫌いなんですが、お腹周りの筋力アップにはテキメンだと思うので、時々頑張っています。

皆さんも、ちょっとトライしてみては如何でしょうか?

実はヨガも落下腸改善に適しています

落下腸にはヨガが効く、ということも突き止めました。落下腸改善だけでなく、女子の美的活動としてヨガを取り入れたら、楽しんで便秘対策ができそうですね。

実際スタジオとかで美意識の高い同志と肩を並べて運動したら、きっと長続きしそう!

精神と肉体の統一。そんな言葉がしっくりくるヨガですが、お腹を捻ってみたり、常に胃と腸を刺激し緊張感を与えてくれるポーズが満載です!慣れてくれば自宅でも実践できますけど、私はわざわざお金を払ってプロの先生から学ぶヨガ教室をおすすめします。

だって安くはないお月謝を支払うのだから、無駄にする訳にはいかないでしょう!?いわゆる飴と鞭作戦です。私は近所にヨガスタジオがないので、毎日腹筋と押し上げマッサージに奮闘しておりますが……

まとめ

何事もすぐには諦めてはいけない。勉強、仕事、そして便活も然り。美に近道はあらずの精神を覚えておきましょう。おブス腸の持ち主なんて影口を叩かれない内に、腸の位置ずれを改善です!

では私はそろそろ押し上げマッサージのお時間ですので、また次回のブログでお会いしましょう。皆さんも長いスパンで便活に望んでくださいね。

マッサージ以外の私の便活は、こっちで書いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です