便秘が体臭を匂わせる。

便秘と長~いおつきあいの私には、もう一つひそかに気にしていることがあります。
それは、「体臭」、なんですよね。

普段はそんなに気にならないというか、気づかないんだけど、この前もふとした拍子に自分の体臭が匂ってきたとき・・・恥ずかしながら、やっぱりなんだかウンチ臭い!

うすうす感じてはいたけれど、「私、いつもこんな体臭がしてるの?」とかなりあせってしまいました。もうこんな体臭はイヤ、どうしてこんな臭いがするんだろう。これはやはり、どう考えても便秘と関係があるのでは?

そもそも体臭ってなぜ発生するの?

体臭は、もともと汗や皮脂などが皮膚に存在する雑菌によって分解され、ガスが発生することによって匂うようになります。皮脂や汗は本来は無臭です。けれど、皮膚の常在菌がこれらの成分を分解した結果、匂いが発生してしまうのです。

なるほど。この仕組みを見ると便秘はまったく関係してないけど、私のこの体臭には絶対便秘がからんでいるはず!!!

 

やっぱり便秘と体臭には大きな関係が!

その確信を持って調べてみたところ、やはり便秘と体臭には大きな関係があることが分かりました。便秘が原因で、体臭だけではなく口臭がする場合もあるんだと知って、もうびっくりです。

便が腸に長く留まるときに起こること

なぜそんなことになるのかというと、便秘により便が長時間腸の中に留まってしまうことがそもそもの原因なのだそうです。そしてそのとき、臭いを作り出してしまっているのは「悪玉菌」です。

また登場しましたね、「悪玉菌」。

悪玉菌といえば、大腸と直腸に存在してアンモニアなどの有毒物質を発生させる腸内細菌のことでしたね。たとえば、大腸菌とかウェルシュ菌、ブドウ球菌などがありました。これが腸内の便を腐敗させ、有毒物質や発がん性物質を生成させるのです。

そして、その有毒物質が腸の蠕動活動を抑えてしまうため、便やガスが溜まりやすくなってしまいます。このガスには有害物質である硫化水素などが含まれており、これが悪臭の原因となるのです。

そしてガスが溜まることで腸の動きが弱くなってしまい、さらに便秘がひどくなる、という悪循環になってしまうんですね。つまり、便秘が原因で体臭がするとき、腸内で何が起こっているのかというと

便が長く腸内に留まる

悪玉菌が便を腐敗させてしまう

腐敗した便から有害な物質が発生する(発がん性物質など)

便が長時間腸内に留まることで悪玉菌のエサとなってしまうため、悪玉菌はどんどん増殖し、有毒なガスを大量に発生させるのです。なんという、恐ろしい状況になっているということでしょうか……考えただけでもゾッとしますね。

便秘によって体臭が臭くなるメカニズム

でも、ここからが本当の恐怖の始まりです。
この有害物質やガスは、本来は便と一緒に出ていくものなんですね。それが便秘で出ていかないと、なんと、

有害物質やガスが腸壁から吸収されてしまう

血液中に溶け出す

血液と一緒に全身に運ばれ、皮膚から汗や皮脂として、あるいは呼気から排出される

と、いう結果になってしまうのです。そうなんです、これが便秘によって体臭が臭くなるメカニズムなんです。

このとき有害物質と一緒に排出される匂いというのが、腸内で便が腐敗したときの匂いであるため、体臭がウンチ臭くなってしまっていたんです。そして、血中に入って運ばれたものが呼気から排出されると口臭になってしまうわけですね。

なんだかちょっとクラクラしてしまうような話です。

便の腐った匂いが体中に回り、それが排出されて体臭がしていたなんて・・・もう本気で便秘解消に取り組もう、と固く心を決めさせるようなショッキングな情報でした。

 

有毒物質が皮膚に運ばれてしまったら

それ以外にも、恐い~と思う話を知ってしまったんです。
腸内で作られた有毒物質が皮膚に運ばれていくせいで、肌もダメージを受けてしまうということです。有毒物質はターンオーバーの周期を遅らせ、肌荒れを引き起こしてしまいます。

その結果、ニキビや吹き出物が出てきて肌も醜くなってしまうなんて、やっぱりいいことは何一つありません。吹き出物がしょっちゅう出るのはなぜだろうと思っていたのですが、このせいだったのでしょう。

ニキビや吹き出物は、正常に排出されなかった有毒物質などが肌に出てきてしまったものなんですね。

有毒物質などが肌に出てきてしまった、と聞いたらたいして怖くもないでしょう…でも、ウンチが噴き出てきた、そう想像したらもこれは恐怖以外の何物でもありません。

そう思うと、やはり便秘は全身に影響をおよぼすものなんだとつくづく感じます。

 

腸内環境を整えることで体臭を防ぐ

調べた結果、私の体臭を防ぐには便秘を解消する必要があることが分かりました。そのためには悪玉菌を減らし、善玉菌を増やして腸内環境を整えなくてはなりません。そうなると、やっぱりまずは食生活を見直すことですね。

二つのことを意識してやっていく

1.悪玉菌を減らし、善玉菌を多く取る

肉類など、悪玉菌が好むタンパク質や脂肪分を控える。納豆・味噌・しょうゆ・漬物・キムチなどの乳酸菌を多く含む発酵食品を取る。

2.善玉菌の栄養になる成分を取る

食物繊維やオリゴ糖、グルコン酸などは善玉菌の栄養源となって増えるのを助けてくれるので、多めに取る。野菜・果物・穀物・豆類・海藻類・こんにゃくなど。

善玉菌は毎日送り込む

善玉菌はずっと腸内に留まっていられるわけではなく、排出されていってしまうので、これらの食品は毎日でも取り続ける必要があります。

私がとくに「これイイ!」と思ったのははちみつと納豆です。

はちみつはオリゴ糖とグルコン酸が含まれているし、納豆にはたくさんのオリゴ糖と納豆菌が含まれているからです。納豆菌は悪玉菌を退治し、善玉菌としての働きもしてくれます。

また、食事の改善が難しいときや外食が続いてしまうときなどは、乳酸菌のサプリが合うという人はそれらを上手に利用して善玉菌を補給するもの一つの方法です。

こうして善玉菌を増やすサポートを続けていくことが、結果的には便秘を解消して体臭をなくすための近道のなのですね。

 

これまで便秘でつらいことはたくさんあったけど、「ウンチ臭い女」と思われるのが一番つらいかもしれません。周りの人に不快な思いをさせるのも申し訳ないし、この体臭をなくすには便秘とおさらばするしかないんですよね。

今回これらの情報を知って、便秘解消への強い思いがいよいよピークに達してきました。

体臭を引き起こす大きな原因、悪玉菌を減らすべく、食べ物やサプリなどで善玉菌を腸にどんどん投入していきます!

そして、その他の便秘解消対策も忘れずにやっていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です