姿勢による腸の位置ずれ解消。落下腸マッサージ

先日、書店に行った時のことですが「しつこい便秘は腸がずれている」という言葉が目に入り、ある雑誌を食い入るように見ていました。

この雑誌によると、腸がずれることにより便秘だけでなく、体にさまざまな不調を起こしてしまうとか…これを解消するために、テレビでも話題になった落下腸マッサージが効果的なんだそうです。まずは腸の位置ずれと落下腸マッサージについてお伝えした後、私の実践記をご報告したいと思います。

マッサージと並行して実践していきたい便秘対策については、こっちで熱く語ってます。

姿勢によって腸がずれる落下腸

まず、どのような姿勢でどのように腸がずれるのかを調べてみました。

猫背が主な原因

猫背になり背中が曲がることにより、下腹部の内臓が圧迫されます。そのため腸がとても窮屈な状態になるのですね。この腸を含めた内臓には、それぞれ最大のパフォーマンスを発揮できる「決められた位置」があるのだそうです。

ところが、猫背によって少しずつ下にずれ、決められた位置からずれてしまうと、本来持っているパフォーマンスを発揮できません。

猫背で腸がずれるとどうなるか

決められた位置にないためパフォーマンスが低下した内臓では、体内に入ってきた食べ物を消化して排泄する力が低下します。そのため、腸内環境が悪くなりさらに便秘を引き起こします。

そして、体外に便を排出できないため、腸内にウンチが溜まり水分もなくなりカチカチに…という悪循環に陥ります。悪循環を断ち切るために始めたいことまとめは、こちら。

猫背による弊害はこんなにある!

内臓が圧迫されることにより、腸内に排泄物が溜まり毒素が出されるため、ニキビができたり肌荒れの原因になるほか、首にも影響があり、痛みが出たり内臓疾患にも繋がるようです。

女性であれば子宮まで圧迫してしまい、生理不順なども引き起こします。さらに自律神経も圧迫され、排泄に重要な「便意」にも影響が出ます。これは意識して、真剣に改善する必要がありますね。

落下腸はこんな状態

落下腸は名前の通り、決められた位置よりも下に落ちてしまった状態の事です。腸管は正面から見て左側の「上行結腸」、右側の「下行結腸」の二箇所が後腹膜に埋まって固定されています。その状態が本来の「決められた位置」なのです。

腹筋が弱くなったり、猫背が原因でうまく固定されずぶら下がった状態が落下腸です。骨盤付近まで下がり、複雑に腸が折れているので排便がスムーズにいきません。

自分が落下腸かどうかを知る

落下腸は生まれつきの場合があるので一概には判断できませんが、テレビで放映されていた問診です。以下の5つの質問で落下腸かどうかがわかりますので、チェックしてみましょう。

  1. 子供の頃から便秘である
  2. 腹痛を伴った便秘である
  3. 便秘のあとは下痢になる
  4. 運動量を減らすと便秘になった
  5. 立ち上がるとポッコリと下腹が出る

いかがでしょうか?2つ以上該当すると落下腸のようですが、ねじれ腸もこのようなチェック項目なので、この設問でどちらかは判断できません。ハッキリさせたいなら、お医者様に診てもらいましょう。

落下腸マッサージを行うと、どのように改善するか

腸を決められた位置に戻し、腸の一部に溜まってしまった便を移動させることができれば、スムーズな排便が期待できます。また、他の臓器も便秘による圧迫から解放されますので、臓器全体に良い影響を与えます。このように結果を出すためには、毎日コツコツと続けることが大切ですよね。

追記:マッサージと同じく、コツコツ続けたいことは、こっちの日記に書いてました。

ずれた腸を解消する、落下腸マッサージを実践してみた。

マッサージの実践に当たり、ちょっと気をつけたいポイントがあったのでまずその注意点からご紹介していきます。

マッサージの注意点

【マッサージを行ってはいけない人】

調べてわかったことですが、痙攣性便秘のように、腸の動きが過剰になっている人はマッサージが逆効果になります。この時にマッサージをすると余計に便秘が悪化しますので、控えるようにしましょう。

【ポイントは、マッサージ+正しい姿勢で過ごす習慣】

マッサージをして、ある程度落下腸が改善できたら、猫背を意識し正しい姿勢で過ごすことを心がけると、自然にお腹が引っ込むようです。そのため内臓が上に引き上げられ、腹筋に力が入り内臓を支えてくれるということですね。

落下腸マッサージ実践!

それでは、姿勢によってずれてしまった腸を解消するため、2つの落下腸マッサージのご紹介と、それを私が実践してみた結果をお伝えしたいと思います。

マッサージのタイミング

マッサージは朝起きて朝食を食べる前と、寝る前の1日2回行うと良いそうなので、私もそのように実践しました。マッサージの強さは、指で押さえてお腹が自然にヘコむ程度の力で良いそうです。

①腸の押し上げマッサージ

  1. 仰向けになり膝を立てます
  2. お尻を上げ、膝と肩の一直線がキープできるようにお尻の下にクッションなどを敷きます。10センチほど腰を浮かせた状態です。これにより腹筋がゆるみ、刺激が届きやすくなります。
  3. 指の腹で恥骨あたりを押さえ、おへその下までスライドさせます。下から上にというマッサージで、落下している腸を押し上げるようにマッサージしましょう。約1分間程度のマッサージでOKです。

このマッサージは、腸の温度が高くなるような感じがしました。自分の腸を押し上げるというと不思議な感覚ですが、腰を上げているおかげでスムーズにできた気がします。温かく感じたのは、腸が運動しているという感じではなく、マッサージによってだと思います。

S時結腸を刺激するマッサージ

  1. 腸の押し上げマッサージと同じ姿勢で行いますが、最後のやり方が少し違うだけです。
  2. おへその下から恥骨周辺を指で突くように押していきます。お腹を揺らすようなイメージで行うと効果があるそうです。

トントン突くようなマッサージですが、ブルブルとお腹を揺さぶるように実践しました。これは腸が動いているような感じがあり、とても気持ちが良かったです。しかし、どちらのマッサージも特に効果が感じられませんでした。お腹が温かくなるような感覚はあるのですが、なぜでしょうか…。

このように決められた位置に腸を持っていくことにより、便が出やすい環境を作ってあげることが大切だということですが、私は猫背を意識していなかったため、お通じなどの改善には至らず3日で断念しました…。

姿勢による腸の位置ずれ解消。落下腸マッサージ まとめ

今回の実践の結果、姿勢がとても大切だということを再認識できました。

実は腸を持ち上げるという視点で見ると、落下腸は逆立ちでも改善できるそうなんです!でも、私は逆立ちができませんし、一日に何回もしたくありませんから、このマッサージをもう少し続けてみようと思います(笑)朝と夜だけで良いのですから、しっかりと姿勢を正せば、ストレスなくこなすことが出来そうですよね。

追記:結構長いとこマッサージ頑張ってみたんですが、私には効果ありませんでしたー(泣)こっちのやり方だと、一発(細かく言うと7発)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です