便秘解消に水泳が良いと聞いたのでスイミングクラブに通ってみた

朝、テレビを見ていた時の事です。
とある芸能人さんが、スイミングクラブに通って便秘が解消されたと言っていました。

へ~水泳ねえ、と興味も湧き上がると同時に、本当かな~?
と、半信半疑でもありました。

でも、「女優でもないこの人が便秘を改善できたのなら、私にもできるかも…」という気がしてきました。私自身、水泳が便秘に良いというのは初耳だったので、調べてみると情報がたくさん出てきたんです!

こんな風に、人が「成功した!」という話を聞くと、やってみたくなるのが私の性分(笑)。というわけで、便秘解消のために1ヶ月間お試しでスイミングスクールに通うことにしたのです。

早速、水泳がどのように便秘に良いか、調べてみました。

 

水泳が便秘に良い理由

水泳は有酸素運動の代表格ですが、水中にいることがどのように便秘に作用するのか?主な理由はこちらの2点のようです。

結果的に腸の蠕動運動を高められる

水の流れやその圧力によって体全体が刺激されます。そして泳ぐことで腕や胸・お腹、足など全身の筋肉を使うので、腸のぜん動運動を高められるということ。その結果として、便秘が改善されるのですね。

足や腰に筋肉を付けることができる

調べたところ、便秘に悩んでいる人は足や腰の筋肉が弱い人が多いということなんです。私も確かに思い当たるところはありました。こういった人たちは、私も含めて、排便時の「いきむ力」が足りていないという事に繋がるそうなんです。

水中を歩くことで足や腰の深層部分の筋肉を鍛えることができるので、便秘に効果を出せるのです。

 

他にも良いことがたくさん!

水泳の便秘解消の効果に感激(まだ体験してないけど)すると同時に、便秘以外にも、体に良い効果がたくさんあることを見つけました。

運動効率が高い

水中というのは水の抵抗があります。そのため、陸上と同じ動作をしても水中で行うほうが負荷がかかり、結果的に運動の効果が高まります。同じ運動をするなら、効果が高いほうが嬉しいですよね。

体温より少し低い水温が体に良い

プールの温度は、だいたい30℃くらいなんですね。このように少し体温より低い水温で運動すると、血管が収縮・拡張するので体温調整機能が鍛えられるのです。

浮遊感が心地よい

水中で過ごすことは、ストレス解消にもなります。少しの水圧や優しい水のゆらぎは、体をリラックスさせるので精神的にも良いのです。

水泳は有酸素運動の代表的なものですから、自律神経を整えて精神的にもリラックス効果を与える運動なのですね。

体への負担が少ない

陸で行う運動よりも、体への負担が少ない点もメリットなんですよ。
特にジョギングやウォーキングなどは、関節が弱い人には負荷がかかり故障の原因にもなります。水泳はそういった関節への負荷もなく、無理なく運動できる有酸素運動なのです。

 

もう、いいことずくめっていう感じで、便秘解消ができるかどうか?なのに、ワクワクでスイミングクラブ通いが始まりました。

 

スイミングクラブのメリット

スイミングクラブに通うメリットを、1ヶ月間通った私なりにまとめてみました。

モチベーションを継続できる

月謝を払っているので、「行かなくちゃもったいない!」という気持ちになり、それがモチベーションの向上につながりました。払ったお金以上はモトを取りたいですからね(笑)。

さまざまなプログラムやイベントがある

これはクラブによると思いますが、私が面白いなと思ったのは、水中でダンスをするプログラムです。他の生徒さんもいて、初めはちょっと恥ずかしかったのですが、慣れてきてダンスを覚えると本当に楽しかったです。

泳げるようになる

ここもポイントが高かったです。スイミングインストラクターがいるので泳ぎのコツを教えてもらえますし。アドバイスをもらえる環境というのは、初心者の私にとってとてもありがたかったです。

50メートルをノンストップで泳げるようになったときは嬉しかったですね。

 

私が実践したスイミングクラブでの便秘改善運動の結果

それでは、ここから私が実践したスイミングクラブでの便秘改善運動の結果をお伝えしたいと思います。

水泳を実践した期間と運動内容

私は「どうせなら泳げるようになりたい!」ということで、週に3回通ってみました。

月曜日にウォーキング、木曜日に水泳、土曜日はダンスプログラムという流れを試しに1ヶ月間続けました。

なんと1日目から効果が!

月曜日のウォーキングからスタートしたのですが、初日のクラブが終わり自宅に帰ると便意があり、しっかりとウンチが出たのです!これには本当驚きました。

クラブの女性のインストラクターさんに聞くと、「水中の水の流れが、腸に良いマッサージ効果を与えるんです」とのこと。事前に調べていた「蠕動運動に効果的」というのは本当だったのですね。ウォーキングだけでもこんなに効果があるなんて、目からうろこでした。

便の変化

食生活は普段と変わらなかった為か、硬さの変化はさほどありませんでした。しかしコロコロウンチではなく、少しバナナ型に近づいたかな?という印象でした。

色は特に変化はなく、ここは食べ物による影響が大きいのかなと感じています。

便意が格段に増えた

水泳に行った日もしくはその翌日のみですが、お通じがあり確実に増えたことを実感できました!これだけでも水泳の効果を感じることができたのですが、日頃の運動を増やせばもっともっと効果を高めることが出来たのではと思います。

体重が少し落ちた

便秘改善以外の効果として、少し体重が落ちた事が挙げられます。

私の場合1ヶ月で1kg落ちました。有酸素運動はダイエットに良いと聞いていましたが確かに効果はあり、とてもうれしかったです。

 

反省点や改善点もありました

1ヶ月間通い終わって、もっとこうしたらよかった!というポイントが2つありましたので、お伝えしておきますね。

食事にも気をつける

スイミングクラブに通った日は疲れてしまい、食事は適当な物ですませていました。

今になって思うことですが、ヨーグルトなどを一緒に摂取したり食事の内容に気をつけたりすることができていたら・・・さらに効果があったのではと反省しています。

他の運動も取り入れる

超気合いを入れて週3回のクラブ通いをしてしまったため、クラブへ通っていない日は何もしていませんでした。だって、もう疲れがどっと出ちゃって何にもする気にならなかったんです。

でも、週3回の水泳を1回か2回にして、クラブに行かない日の夜はストレッチなどを取り入れるようにすれば、もっともっと効果が出たのではと感じています。

 

反省点もありましたが、通っている間は便意がかなり改善されたので、ホントに嬉しかったです!まあ、この「嬉しさで」安心して気を抜いてしまったのと、通うのが少し面倒にもなったこともあり、現在ではやめてしまいました。

すぐ面倒になってしまうのが玉にキズなんですよね。これを越えられると快便生活はすぐそこ、のはず。

しかしインストラクターさんが言っていた「腸へのマッサージ」という言葉が頭から離れず、他に何かよい改善運動がないかな~と現在、また模索中です(笑)

 

>>姿勢が悪い方の便秘解消案

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です