整体で便秘は解消するのか。1週間通ってみた

整体って、肩こりや腰痛などの痛みを和らげたり、疲れた身体を癒すためにするものだとばかり思っていました。ところが、私の周りに整体に通って「便秘を克服したよ」という声をこの頃よく耳にするんです。『あなたも行ってみたら?』なんて勧められちゃうと、先を越された感じです。

私も長年悩んでいる便秘のことなので、なんか悔しい想いもあるし、実際に整体が便秘に効くものなら「これで克服できるかもっ!」と思って、早速試してみました。

 

整体で、どうして便秘が克服されるのか?

挑戦する前に、どうして整体で便秘が克服できるのか調べてみました。
納得の根拠は大きく分けると二つです。

  • バランスの崩れた骨の位置を正常にすることで、腸が働きやすい環境をつくりだす。
  • 日常生活や無理な姿勢などで強張った筋肉をほぐすことで、血流を良くし、冷えを改善することで腸が働けるようにする。

それでは、一つずつ掘り下げていきましょう。

骨の位置が正常でないとき、腸はどのようになっているのでしょうか?

腸は、骨盤や脊椎、ろっ骨などで作られた空間の中におさまっています。日常生活や仕事などにおいて悪い姿勢で過ごしていると、この空間に異変が起きてしまうんです!つまり、姿勢の悪さから、背中が丸くなってくる(猫背)、骨盤の傾きが寝てしまう状態になってしまいます。

この状態が続くと、中におさまっている腸が窮屈になってきて、だんだんと下腹部のほうに下がっていきます。この状態を、胃下垂といったり、腸下垂といいます。胃下垂や腸下垂の状態だと、消化吸収もしづらく、胃腸の動きが鈍くなってしまうため、便秘になりやすいのです。

また、胃や腸は、カーテンのような膜に覆われているのですが、窮屈な状態でいると腸と膜がひっつき癒着してしまうことがあります。この癒着の状態は、さらに腸の動きを鈍くさせるきっかけとなります。

私のお尻が大きいとか、おなかの下あたりがポコッと出ている感じがしていたのは、もしかして、骨の位置が正常でなかったからなのかも!?なんだか重大な発見をした気がします。

骨の位置を正常にする整体とはどんなもの?

私のイメージでは、背骨をバキボキと鳴らして、背骨をまっすぐにするものが整体!
だと思っていたのですが、方法は、それだけではないんですね。

筋肉は、骨にくっついていているわけです。だから、身体のゆがみには筋肉も大いに関係しています。そこで、強張った筋肉を緩めてゆくことで、ゆがんでいる骨を正常に戻す方法もあるんです。

これは、骨や筋肉にアプローチをかけて正しい姿勢に持っていくことで、腸がしっかりと動けるような空間を作ることを目指しています。

骨をバキボキとするような方法の代表的なものに、カイロプラクティックというものがあります。椎間板ヘルニアや腰椎すべり症など、腰の骨に病気を持っている方は施術を受けるにあたって注意が必要なんだそうですョ。厚生労働省の発表でも悪化させる危険性があるということを言っていました。実際には、施術をされる担当者によってもずいぶん変わるとは思うのですが。

筋肉が強張っているとどんな状態になっているのでしょうか?

人が活発に動くためには、温かさがとても大切です。この温かさを保つためには、筋肉の働きがとても重要です。

強張った筋肉は体を冷やす

身体の熱を生む源は筋肉が動くことによって成り立っているのです。筋肉が強張ってくると、十分に動くことができず、熱を生むことも制限されてしまいます。だんだんと身体が冷えてきてしまうことになってしまうのです。

一般的に女性の筋肉は少なくて、冷え性の方が多いのでわかる部分もありますよね。

また、筋肉は、全身の末端まで血液を届けるのにも一役買っています。通常、心臓がポンプの役割を果たしていて、血液を送り出すのですが、全身にくまなく送り届けるには力が足りません。筋肉が縮んだり伸びたりすることで血管に働きかけることで血液が巡るようになるのです。

強張った筋肉をほぐすと腸が元気になる

腸が活動するのにも、平滑筋と呼ばれる筋肉が動くことによって消化吸収したり、便通を促す働きをしています。身体のどこかで筋肉の強張りがあると冷えやすくなったり、血液からの栄養が送り届けられず、働きが鈍くなってしまい便秘になりやすくなってしまうのです。

整体では、全身の筋肉の強張りを確認しながら筋肉をほぐしていきます。ほぐしていく中で、骨の位置を正常に持っていき、腸が活動しやすい空間をつくり、さらには、動きやすい温かさを保つようにして、しっかりと栄養を送り届けます。

 

忘れてならないのが、脳と腸との関係

腸は、第二の脳といわれており、脳の指示がなくとも働くことができる器官なのです。腸自身が自ら働くために必要な神経が脳に次いで二番目に多いといわれているのですから納得です。

それだけ神経の多い腸は、脳とも密接に関わっていて、日常生活でのストレスなどの負荷でイライラっとしたことが、腸への負担となり便秘や下痢になったりするのはよくあることです。こういうことが、日常的になってくると過敏性腸症候群といわれるような病気にもなるといわれています。

これを逆に考えると、腸の環境を整えてスムーズに働けるようにしていくことで、脳にも良い刺激になって、頭の回転が早くなったりするとも言われているんです。私が、普段ボーっとしやすかったりするのも、便秘のせいだったのかもしれない!

 

実際に行ってみました!施術を受けている間に、腸が動いた!?

ここまで、いろいろ調べてみたところ、どんどん整体に興味がわいてきました。やってみなくちゃと、思い立ったが吉日で早速「整体院」を探しました。

整体院を選んだ基準

通いやすい…続けられなくちゃ話になりません
受付と、先生の雰囲気・・・雰囲気がよさそうなところは通いやすい。電話帳で探して、それから実際に何箇所かのぞきに行って、決定!

いよいよドキドキの整体へ!

いざ行ってみると、最初に問診表を渡されて、結構細かく身体の調子について確認されました。私は、便秘の克服が目的なので、そのことも書いているんですが…

でも、細かくみていくと結構気になる部分もあるものです。

整体って、痛いの?気持ちいいの?

実際、施術を受けてみると、気になる部分のマッサージもしていくのですが、ギャーっと悲鳴を上げたくなるくらい痛い部分も何ヵ所かありました。

『便秘のかたは、このあたりを痛がるかたが多いんですよ』と先生に言われました。

痛い部分も含めて、全身をしっかりとほぐしていって、時折、骨を動かすようなことをしていました。そのうち、だんだんとぽかぽかしてきて、気持ちいいなって思ってたら、グルグルグルってお腹が動く感じがして、すごく驚きました。

施術を受けた後は、身体がすごく軽くなった感じがしました。なんかちょっと背が伸びたのかなって思うくらい姿勢が良くなったような感じもして、得した気分。

さてさて、大事な便通はというと・・・・翌日自発的に少し出せたのがうれしかったです。

この自発的に、というところに意味があります。つまり、整体でバキボキ、モミモミのおかげで、便意が起きたわけなんですね。

 

整体の施術を受けてみて先生にも言われたように「整体を受けた次の日は倦怠感や熱っぽさが出るかもしれない」というのは本当でした。便通は嬉しかったけど、実際かなりの倦怠感が出たのがしんどかったです。

でも、1週間のうち数回の施術で実際に便通にも繋がっているので、短期的に結果を求めるのではなく、ある程度腰を据えて長期的に取り組んでいくことが便秘の克服になると手ごたえを感じました。

 

>>ヤクルトとヤクルト400を飲み比べ。便秘解消に良いのはどっちか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です