姿勢が悪い方の便秘解消案

姿勢が悪くて便秘が誘発されるということは、便活を始めてから知ったのです。でも、私は猫背じゃないと思っていたので(すっごくいい姿勢でもないけど)「そんなに影響はないよね?」というのが私の本音でした。だから、いつも通り姿勢を意識することなく過ごしていたんです。

ところが、この間何気にショウウインドウに映った自分の姿を見て愕然!まあるい背中とポッコリお腹の私がそこにいるじゃありませんか。

便秘がなかなか改善されないない大きな理由を再確認して、一度調べた「姿勢」について、改めて調べなおしていくうちに、驚くような発見がありましたので、便秘で姿勢が悪い方たちの為にぜひ共有したいと思います。

猫背の私がたどり着いた便秘対策は、こっちの記事にまとめています。

姿勢が悪いことで便秘になる理由

「姿勢が悪いことで骨盤がずれると、腸が下がってしまうことがある」……思い出した!これは危険だと思ったから、姿勢を良くしなくちゃいけないと、どこかにメモったハズ……とにかく、このことが原因で、便秘になることが多いそうなのです!

それでは、姿勢についてもう少し細かい部分を見ていきましょう。

猫背が主な原因

猫背のように常に前かがみで過ごしていると、胃腸などの内臓に負担がかかります。そうすると直接、便秘につながるということなんですね。なんで?と私同様に思った方は次の黒太文字で納得できますよ!

自律神経も圧迫される

自律神経が圧迫されると、「トイレに行く、行きたい」という神経回路にも悪影響がでてきます。要するに「便意」がない。「あッ、ウンチ出るかな?」という感覚が薄れるということです。

これは怖いですね…

猫背って、実は色んな病気の始まりなのかもしれませんね。便秘と猫背と自律神経の解消については、こちらで特集してました。

腸の位置もズレている

猫背であるというのは全身のゆがみでもあるということなんです。全身がゆがめば、さらには骨盤にゆがみが出てくる事があるわけです。そうすると、腸を圧迫するようになり、腸内環境が悪化して便秘になることが想像ができます。

これらのことをまとめると、普段の食事や生活習慣に気をつけていても、「猫背」という常に前かがみになった姿勢が治らない限り、便秘はなかなか改善されません。

姿勢が悪いとこんな弊害も!

他にも悪姿勢による体への弊害がたくさんあります。

肩こりや腰痛の原因になる

姿勢が悪いことによって、首や腰、肩などに負担がかかり痛みとして出てきます。さらには神経も圧迫され、しびれが出ることもあります。

イライラや集中力の低下

猫背は背中の背骨が丸くなった状態です。こうなると背骨が肺を圧迫し呼吸が浅くなり、結果的に集中力が低下します。さらに頭痛が出てきてイライラすることも多くなります。

脳梗塞などの危険も

猫背が首の血管を圧迫した状態なので、そこに強い力が加わると血管がさけたり詰まったりしてしまう危険もあるそうです。他にもくも膜下出血にもつながります。

どれもこれも、いや〜な症状ばかりでしたね。便秘だけの話じゃなくなってきました。怖いです。

猫背には3種類ある

猫背が便秘の原因であるという事がわかりました。その猫背についてもう少し噛み砕いてみたいと思います。

首猫背

首が前に倒れてきて、それにより背中が丸まってしまった状態が首猫背と言います。

背中猫背

これが一番多いタイプ。背中の中央部分だけが丸まってしまった状態です。背筋が弱いため姿勢を維持できないから、背中の真ん中だけ丸くなってしまうそうです。

腰猫背

腰が前に倒れ、腰から丸まった状態です。デスクワークが多い人はパソコン作業で前かがみになるため、現代ではこのタイプが急増しているそうです。

姿勢が悪い人の為の便秘解消案

便秘を改善するには姿勢を改善することが一番の近道!そこで、猫背を直したい私が解決策を3つ練ってみましたので、参考にしてみてください。

解消案1:猫背を治すため背筋を鍛える

意識して背骨を伸ばして過ごしていても、またすぐ前かがみになって猫背になるのなら、背筋が弱っている可能性があるので、肩甲骨付近の筋肉を鍛えることが近道だと思います。

「うつ伏せになって上半身を起こす」この運動を毎日5分程度するだけで、簡単に背筋を鍛えることができるようです。

また、猫背になる人は日頃からの運動不足による筋力低下が原因であることも原因の1つ。それに加え、体がかたい場合も猫背になりやすいので、日頃の運動とストレッチは意識して行う必要がありそうですね。

内側から鍛える方法については、こちらを参考にしてみてください。

解消案2:自分で意識して姿勢に気を付ける

猫背が原因で、骨盤や背骨がズレて背中が丸まっている場合を除き、自分の姿勢の「クセ」で猫背になっている人は、少し気を付けるだけでかなり改善されます。猫背になりやすい状態をいくつかピックアップしてみました。

  • デスクでパソコンに向かっている時
  • キッチンで料理している時
  • TVを見ている時

こんな時は前かがみになり、猫背になりやすい状態です。

このような普段の生活の中で、思いついたら背骨をスッと起こす(伸ばす)、意識して胸をはる、ということに意識を向けるだけで姿勢改善のきっかけつくりになります。

正しい姿勢を維持しているだけでも、結構筋力使いますからね。背筋も鍛えられているでしょう。

解消案3:体のゆがみを正す、骨盤の位置を戻す

現代人は、ほとんどの方が体のどこかにゆがみがあり、骨盤もゆがんでいる人が多いと言われています。よく耳にするのが「骨盤矯正」という言葉。便秘解消の為に猫背を治すのであれば、全身及び骨盤のゆがみを正すのはとても有効的です。

テレビやDVDを観ながら、体のゆがみを修正するストレッチや骨盤矯正の体操を自分でしたり、整体院・カイロプラクティックなどで専門の方に施術してもらうのも一案です。

それにより腸の位置も正しくおさまり、便秘解消へとつながります。

実際、便秘解消と猫背の矯正を兼ねて、整体へ行ってみました。「私が試した施策」!その中の運動編に入っていますので、覗いてみてくださいね!

食事の時の姿勢もかなり重要!

食事中の姿勢が便秘にかかわっているって知っていましたか?初耳だったこの情報、調べてみると『便秘改善にも、便秘悪化にも、食事中の姿勢がかなり密接に関係』していることが分かりました。

内臓の動きを鈍らせている

立ち姿勢の時は「スッ」とキレイなのに、座ったとたん足を組んだり背中が丸まったりと姿勢が崩れてしまう人も多いですね。

「前かがみ」「足を組む」「テレビを見ながら食べる為に、首や体をひねって座る」これらの座った時の姿勢は、内臓の働きを鈍らせる主な原因となるんです。

さらに追求すると、左腹部にある膵臓や脾臓の消化作用を鈍くさせるような姿勢は良くないということです。

十分に消化されずに腸へ送られる

猫背は胃を圧迫します。こうなると、食べたものが胃によって十分に消化されないまま腸へと送られる事になります。これらを全~部ひっくるめて、一番最悪の姿勢を考えてみたところ、

「左腹部を圧迫し、さらに猫背になっている姿勢」

これが一番良くないという結論に達しました!!!
いやいや、猫背って言ったて、そんな難しい姿勢なんてしていないよ~と思うでしょう・・・ですが、案外しているものなんです。

みなさん、覚えてますか?
私だってショウウインドウに映ったわが姿を見るまでは、猫背だとは思っちゃいませんでしたし。

食事中のこんな姿勢は要注意!

先ほど説明した、一番最悪の姿勢は、このような人が当てはまります。

  • ローテーブルで食事をとるとき、左側の足を立てている。
  • 左側にテレビがあり、それを観るために体を左側にひねっている。
  • テーブルと椅子の高さが合っていないため、体を丸め猫背になっている。

どうですか?少しでも当てはまった人、いませんか!?何を隠そう、これは我が家の風景。だから次の「3つの即できる改善策」がおススメ。

  • 1:腰をシャンと立てて、お腹をまっすぐ伸ばした姿勢で座る(お尻の下後方半分だけ座布団を入れるのも効果的)
  • 2:テレビを観るのではなく、おへそと同じ方向に顔を向ける。
  • 3:腰が丸まるクセがついていたら、イスの背に深く腰かけて防ぐ。

この3つは私も実践中。難しいことはないので、かなりの姿勢改善、さらには便秘改善が見込めますよ~。これだけじゃ便秘の劇的変化はないと思うので、こちらの対策を参考にしてみてください。

姿勢が悪い方の便秘解消案 まとめ

ここまで難しい言葉も出てきて「も~、難しいッ!」と感じた人も多いかと思います。でも、「便秘改善には猫背を治し、食事中の姿勢も意識する」ということが重要なんです!なんて……偉そうに説明してますけど、私も毎日意識して姿勢を良くするように気を付けています(笑)。

そうそう、ちょっと大事なことを最後に一つ。もし姿勢を改善しても、なかなか便秘が治らない場合は腸内環境を改善するために食生活の見直しをする必要もあるようです。

善玉菌は重要!とよく言われていますが、オリゴ糖や乳酸菌を取り入れる便秘改善も考え中なので、これからいろいろな施策を追求していきたいな~と思っています。

追記:実践してみての結果については、こちらに記録しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です