1週間、朝ウォーキングで便秘が解消するか試してみた

朝の排便が習慣化すれば、便秘は解消する!……といわれています。でもね~、朝はゆっくりトイレに座っている時間がありませんよね!?

私は朝が弱いタイプなので、仕事に行く時間まではゆっくり寝ていたい、お布団大好きタイプです。

・・・でも、最近ちょっと小耳にはさんだ話によると、朝ウォーキングが便秘解消に効果があるらしいんですョ。早起きは大変…だけど便秘に効くなら試してみたいな~。なんだか気になって仕方がないので、本当に朝のウォーキングは便秘解消になるのか調べてみました。

 

便秘とウォーキングの関係

ウォーキングすることが便秘の解消につながるそうですが、なぜ効果があるのでしょう?

下腹部の筋力の増加

ウォーキングは下半身などの筋肉が効率よく使われるため、排便するときに力を入れる下腹部の筋肉が鍛えられるのだそうです。便秘になる理由の1つは、運動不足による下腹部の筋力低下なんですね。

だから、筋肉の強化につながるウォーキングが便秘解消に効果的だ!といわれているのです。

腸の血行をよくして便秘改善

ウォーキングは運動の中でも有酸素運動と呼ばれる部類に入ります。ダイエットを経験している人なら有酸素運動という言葉は聞いた事があるでしょう。ウォーキングをすることで体中の、そして腸の血行がよくなり、腸の動きが活発になります。

自律神経を整える

ウォーキングに限らず運動全般に言えることですが、運動には自律神経を整える働きがあります。便秘になっている腸は動きが鈍くなっている可能性が大!

ウォーキングをすることでストレスが解消されたり、リラックスすることで自律神経が正常にもどり腸の動きも活発化することで便秘を解消してくれます。

 

なぜ朝のウォーキングがいい?

ウォーキングならどんな時間帯でもいいんじゃないの?と思いがちですよね。私も朝が弱いため夕方の方が続く自信があります。ですが、便秘に効果的なウォーキングの時間帯は「朝」なんだそうです。

なぜ朝ウォーキングがいいのでしょうか。

朝のトイレタイムが作れる

排便で一番オススメの時間帯は朝だと言われています。便秘についてインターネットなどで検索をしても、「朝必ずトイレに座るようにする」という項目を目にすると思います。

朝ウォーキングを始めると、歩くことにより腸が活発になり朝トイレに座ることが増えてきます。また、今までは時間にゆとりがなかった人も朝のウォーキングのために早起きをするようになれば朝トイレに座る時間もできるわけです。このためウォーキングは朝がオススメなのです!

朝食をしっかり取れる

ダイエットで食事制限している人が便秘になりやすいのは、バランスの整った食事ができていなかったり、排泄に必要な量の便が作れないからといわれます。しかし、朝ウォーキングをするとお腹がすくため朝食を食べる時間ができます。

朝しっかり食べる、そして3食しっかり食事をとることで、便も適度に作り出されます。そして、腸を刺激することで排便へとつながります。

体内時計のリセット

朝の太陽にあたることで乱れた体内時計を正常に戻すことができます。便秘になる理由に、自律神経の乱れがあるのですが、体内時計をリセットすることで自律神経も正常に戻ります。

そのためには、太陽のでる時間帯に行う朝ウォーキングは、運動と体内時計のリセットのW効果を期待でき、便秘解消につながるそうです。

 

朝ウォーキングのポイント

朝ウォーキングを始める前にいくつかポイントを紹介しましょう。

  • 起床後、水を飲んでからはじめる
  • 20分以上歩く
  • 背筋は伸ばしてして姿勢正しく
  • 習慣化できるようにする
  • 歩幅は広めに歩く

アラッ…ただ歩けばいいだけじゃないんですね。これらのポイントを踏まえた上で行うと、効果がしっかり現れるのだそうですョ。

 

朝ウォーキングを知ったところで1週間の実践へ

朝ウォーキングが便秘に効果的ということを理解した上で、1週間の朝ウォーキングに挑戦してみました!

まず変化があったのは私自身です。
私は夜型の人間で、夜遅くまで起きていることはできても朝の早起きは苦手…。しかし、朝ウォーキングを始めると決めたので、頑張りました。毎朝5時起床です!初日はやるきも十分あったため、約1時間のウォーキングを行いました。

早起きすると夜も早く眠たくなる・・・ようです。

便秘に対しての効果ですが、まだ何も変化はありません。さすがに1日運動しただけでは変化はありませんでしたね~。そりゃ無理ですよね。それと、運動不足だった私の体には、ウォーキング1時間は過酷な運動量だったようで筋肉痛に…。

それから2~4日は約40分のウォーキングを続けました。
飽きっぽい私は、すでに2日目から飽きてきてしまい40分のウォーキングも疲れを感じるように。疲れてはいるものの運動を今までしていなかった分、脚腰の筋肉が若干鍛えられてきた感じがありました。

早寝早起きすることで、翌朝は疲れもしっかり取れてスッキリするようになってきました。それでも便秘への変化はありません。若干ですが腹筋に筋肉がついたのか、トイレに座って力んでみると便は出ませんが下腹にしっかり力が入るようになりました。

本当に効果があるのか不安になりながらも残りの3日間も約40分のウォーキングを続けました。

朝早く起きるので一応毎日トイレに座ることも心がけました。また、ウォーキングのポイントでも上げたように大股で背筋を意識して歩くようにしてみました。今まで食べなかった朝食もしっかり食べるようになったせいか、体調はすごくよくなりましたね。

4日目ころから、ようやくお腹が張ったり腸が動いている感覚がありました。でも、「トイレに行きたい!」と思うような腸の動きではありません。ですが、普段はあまり感じないグルグルと便を流しているような感覚です。

しかし、結局1週間続けてもしっかりした量の便が出ることはありませんでした。いつも通り、コロコロウンチがちょっと出るくらい。

 

毎朝のウォーキングは長期戦!だということに気がつきました。
便秘解消の要になる下腹の筋肉や自律神経の乱れを整える効果は、朝ウォーキングを長く続けてこそ序所についていくもののようです。自分の体の筋肉の変化を見てもそう思います。そのため、1週間の短い期間では何とも言えないです。

ポイントでも示したように、習慣化することが一番効果をきたいできるようです。もしかしたら1ヶ月挑戦していたら便秘解消につながっていたかもしれませんね。ただ一人でウォーキングはモチベーションが上がりません。やっぱり誰かが指導してくれる…そんな運動の方が私向きかな!?と思っているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です