りんごを食べ続けてみて便秘が解消するか検証した

りんごが便秘に効果的だということは誰でも聞いたことがあるのではないでしょうか?私も、いいと知っていながらナゼかしっかり試したことがありませんでした。でも今回は腰を据えての『便活』、もうドンドン試していくつもりです!

果物の中でも食物繊維が豊富だし、おいしいのでダイエットとして食べる人も多いですね。そんな良いこと満載のりんごを食べ続けてみることで、本当に便秘が解消するのか!?・・・検証してみました。

 

りんごはなぜ便秘解消に効果的なの?

りんごを食べることで便秘が解消するといわれている理由はいくつかあります。「食物繊維が多いとい便秘の解消につながる」という話は有名で、リンゴにも食物繊維はたくさん含まれています。でも、りんごの持つ便秘解消の効果は食物繊維だけじゃありませんでした!

りんごといえば食物繊維!

食物繊維が多い果物としてバナナが一般的に知られています。ですが、実はバナナよりも「りんご」の方が食物繊維が多いんです!

食物繊維は便秘を解消するために重要な働きをしてくれる大切な成分です。そして、このりんごに含まれている食物繊維は、水溶性と不溶性の両方を持ち合わせているんです。つまり、りんごは「最強の食物繊維」を含んでいる、といってもいいほどなんですね。

  • 水溶性食物繊維→腸に溜まった便を柔らかくして排泄しやすくする。
  • 不溶性食物繊維→便の量を増やして便意がくるように刺激をする。

ペクチンの持つ便秘解消効果

ペクチンは植物のもつ食物繊維の名前ですが、りんごに多く含まれている食物繊維を「アップルペクチン」といいます。アップルペクチンはりんごが便秘解消に効果的だといわれている理由の1つで様々な効果を発揮してくれる優れものです。

その理由をいくつかあげてみましょう。

アップルペクチンは整腸効果抜群!

便秘の人も下痢の人も大きな原因は腸の乱れです。乱れてしまった腸内には悪玉菌が増え、便秘解消に必要な善玉菌の数が減っている状態です。そのため、整腸効果のあるアップルペクチンが腸内環境を整えて便秘解消につながるというわけですね!

アップルペクチンは大腸までしっかり届く!

食物繊維のペクチンの種類によっては大腸まで届かずに消化されてしまうものがあります。

ですが、このアップルペクチンは大腸までしっかり届きます。そして乳酸菌の餌になり、善玉菌が増える助けをしています。

 

また、消化されずに大腸まで届くということは・・・便の量が増えるわけです。カサが増えれば、直腸から脳へ信号が送られ、脳への刺激により「便がたまったから排泄するぞ!」という蠕動運動につながります。つまり、アップルペクチンは便秘解消の強い味方なんです。

りんごは多くの水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を併せ持つことで便秘解消に効果があるのですね。また、アップルペクチンが乳酸菌の餌となり善玉菌を増やすことからも便秘解消につながり、腸内環境を整えるとともに便秘になりにくい体にしてくれます。

りんごを食べ続けることで「便秘の解消&便秘になりにくい体」は間違いないようですね!

 

食べる時間によって便秘に対する効果は変わるの?

りんごは果物になるため、おやつとして食べる人もいれば食事の1種として食べる人もいますね。私はおやつ派ですが、便秘解消を考えた場合、食べる時間によって効果に違いはあるのか?という疑問が湧きました。

朝りんごがオススメの時間帯

ダイエットとしてりんごを朝ごはん代わりに食べる人も多いですが、朝りんごは便秘解消にもにもとってもいいそうです。それは、りんごに含まれる不溶性食物繊維は腹持ちがいいため、夜寝る前に食べると消化がうまくできないことがあるそうです。

また、「便秘でも朝は必ず便座に座ることで排便の習慣をつける」といわれるほど、排便は朝の方がいいと言われています。そこで、「最強の食物繊維」を含むりんごを朝食べることで、胃から腸への排便スイッチがオンになるわけです。

だから朝リンゴがオススメなんです。

 

りんごを食べ続けて便秘が解消するのか実践してみた!

りんごについて詳しくなったところで本当に便秘解消につながるのか検証してみました。

朝りんご

まずは、りんご丸々1個をそのまま朝食べることを続けてみました。
普段朝食はとらない方だったので朝にりんごを食べることに違和感がありました。でも、おやつ感覚でりんごを食べる私はすぐになれました。

便に関しては、りんごを食べ初めてすぐには効果は現れなかったですが、2日目にお腹に違和感、3日目に便がでました。しかも、しっかりした形の便です。これは、りんごの持つ食物繊維の効果なのかな?と思いながら、ちょっと嬉しくなりました。

りんごジュース

初めのほうは丸ごと1個でも食べられたりんごですが、ある程度時期が過ぎると飽きてきちゃったんです…そこで、今度はりんごジュースにしてみました。

りんごジュースといっても、りんごを丸ごとをミキサーにかけてジュースにした物です。ジュースにすると量が多く取れるため、りんごを2個に増量!りんごに含まれるアップルペクチンの多くは皮に含まれている、そうお勉強していたので、ジュースに切り替えたことで効率的に摂取できました。

便秘に対しての効果はというと……

りんごを増やしたことでお腹がはる感覚が増えました。2日後に、丸ごとりんごを食べた時同様のバナナのようなしっかりした便がでました。しかし、毎日すっきりとまではいきませんでした。

摩り下ろしりんご

最後に摩り下ろしたりんごに挑戦。
朝がいいと思ったのですが、朝早くからりんごを摩り下ろす時間がないため、夜りんごに切り替えてみました。摩り下ろしたりんごはジュースと同じような状態です。食物繊維をしっかり感じながら食べることができるので腹持ちはよさそうです。

夜にりんごを食べたので、朝にすっきり排便…を期待したんですが、翌朝ウンチとのご対面はできませんでした。やっぱり、寝しなにリンゴを食べたのは、消化があまりよくないからかな~。

 

りんごを食べ続けることで便秘が解消されるか検証してみたわけですが、便秘が続いている・・・と思っていると、バナナのような便がしっかり出た日も・・・つまり、3、4日に1回くらいは便がでるものの、毎日すっきり爽快!とはいきませんでした。

定期的に排便があったので、「りんごは便秘にそこそこ効果があり!」でしょうか。ですが、りんごは皮まで美味しく食べられ、1個だけでもお腹いっぱいになります。

そこで、ある一定の期間だけではなく、毎日食べ続けていけば、少しずつ腸内環境を整えられ、ひいては便秘解消から便秘になりにくい体作りができるんじゃないかな…そんな風に思っています。

 

>>ストレス解消できない方の便秘解消案

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です