便秘が速攻解消する「ツボ」は本当に存在するのか?調べて試した

ツボを押すと頭痛が治ったり眠りやすくなったりと、さまざまな効果がありますよね。そこで私は思ったのです。ツボを押すだけで便秘が治らないかなと(笑)

運動もしない、ヨーグルトを食べる必要もない、それで便秘解消・・・な、なんて素敵なんでしょう。こう閃いた私は、便秘に関するありとあらゆるツボを調べあげ、実践してみることにしたのです!

便秘が即効解消するツボはたくさんある

それでは体の部位ごとに、ツボを紹介していきますね。

お腹のツボ4つ

調べてわかったのですが、お腹のツボはかなりの即効性らしいです。やはり患部に近いことも一因なのでしょうか。このツボを押すことにより<整腸作用改善+腸への直接の刺激>となるため、かなり効果が高いようです。それでは、それぞれ見てみましょう。

便秘にすぐ効くツボ1:天枢(テンスウ)

この天枢は内臓全体の動きを活発にしてくれるだけでなく、下痢の解消にも効果があるとのこと。下痢になりやすい男性の便秘にも、このツボは効果的ですね。

天枢はオヘソから指3本分離れた左右の位置にあります。ポイントは左右のツボを同時に押すこと。「気持ちがいいな」くらいの強さで押すと、ちょうどよいみたいですね。

便秘にすぐ効くツボ2:気海(キカイ)

女性であれは生理痛などにも効果があるという、一石二鳥なツボなんです。

ポイントは、正面から垂直にまっすぐ押してあげることです。これもまた「気持ちがいい」くらいの強さで十分効果があります。場所はオヘソから指2本分下にあります。

便秘にすぐ効くツボ3:中脘(チュウカン)

このツボは、オヘソとみぞおちのちょうど中間にあります。

胃もたれなどにも効果がありますし、食欲不振の時も使えるそうです。もちろん便秘にかなりの効果があります。他のツボと同じく、正面から垂直に押せば良いそうなので、自分が気持ちがいいと思える強さで行いましょう。

便秘にすぐ効くツボ4:大巨(ダイコ)

これもオヘソの近くなのですが、天枢の位置からさらに指3本分下がった箇所と覚えておいてください。頑固な便秘症の人は、この大巨がかなり硬くなっているそうなので、簡単に見つけられるようです。硬いからといって強く押すのは腸にも負担がかかりますので、やめましょう。気持ちが良いなと感じる程度の力で、じわ~っと押すのが効果的です。

お腹は4つのツボを紹介しましたが、「の」の字マッサージでこれらのツボを意識するとさらに効果的ですね。

 

手のツボは2つ、足も2つある

実は手にもツボがあり、便秘に効果的ということがわかっています。主に手のひらと腕の2つのツボを押していきます。

手のひらのツボ:合谷(ゴウコク)

ウサギのようなコロコロウンチに効果的で、ニオイがかなり臭い!という人にも良いそうです。このツボは大腸の働きを整える効果があり、さらに全身の痛みも和らげることから万能のツボとも呼ばれているんです。生理痛に悩まされている女性にも嬉しいツボですね。場所は親指と人差指の間の水かき付近です。

腕のツボ:間使(カンシ)

腸から遠い腕にあるツボなのに、かなり即効性があるため、トイレに行ける状態の時に刺激しなければならないそうです。こんな風に言われると、期待が高まりますね。このツボは腸の働きを活発にしてくれて排便を促してくれるそうです。

場所は、手首の中心にある横じから、指3~4本分下がったところで、筋の間にあるツボです。親指の腹で揉むように押すと効果的だそうです。

足のツボ:足三里(アシサンリ)

この足三里は胃腸の働きを整えて、消化器の機能を良くするツボです。お腹が痛い時に効果的なツボで、全体的な消化機能を改善してくれます。足三里は、ひざにある皿の下から指4本分下がった部分の外側にあります。

足のツボ:大衝(タイショウ)

ここは残便感がある方、お腹が張ってしまう人に有効なツボです。刺激すると、血の巡りを良くして便を柔らかくしてくれる、すごいツボなんです!場所は、足の甲の親指と人差し指の骨が交差するところです。

 

私が試したツボ押し便秘改善スケジュール

どこのツボを押したか忘れてしまいそうだったので、体の上から順番に押していきました!

今回は、即効性のあるツボが「存在するのか?」なので、全てのツボを3日づつ試しました。スケジュールは以下になります。

1日目~3日目:合谷(ゴウコク)

仕事中でも簡単にできるので、頻繁に実践していました。ニオイが気になる人に、ということなので期待はしていましたが、特に変わった様子は伺えませんでした。まだ一つ目のツボなので、あまり気にせず次に行きましょう!

4日目~6日目:間使(カンシ)

このツボも簡単に押せるので、頻繁に押していました。しかし、お腹が痛くなることが続いたので、6日目はほとんど実践していません。体に変化はありましたので、合う人はいるかもしれないですね。

7日目~9日目:気海(キカイ)

オヘソ下のツボですが、お仕事中はあまり押せていませんでした。しかし一番効果があったのがこのツボ。排便を促してくれたのか、ツボを押すと便意がありました。実践していた回数としては、夜ご飯前の1回と寝る前の1回、合計2回です。少ない回数にしては、効果があるツボだなと感じました。

10日目~12日目:天枢(テンスウ)

こちらも気海と同じく便意があったツボです。しかし、便が硬すぎるのか排便には至りませんでした。3日で1回の便意だったので、ツボによる効果なのか通常の便意なのかはわかりません。

13日目~15日目:中脘(チュウカン)

みぞおちのツボは半身浴と組み合わせて実践していましたが、目立った効果はありませんでした。1日の回数は1回だったので、もう少し増やせば効果があったのかもしれませんね。

16日目~18日目:大巨(ダイコ)

これもお腹にあるツボですが、特に効果は見られません。直接刺激するタイプで期待はしていたのですが、残念です。そろそろ、ツボによる便秘改善なんて無理なんじゃないかな?と思い始めた頃でした。残りは足の2つなので頑張りますが、かなりテンションは下がっていました。

19日目~21日目:足三里(アシサンリ)

朝起きて1回、お仕事中に1回、帰宅後1回、就寝前1回。

合計4回のツボ押しでしたが、頑張った割に効果は見られませんでした。

22日目~24日目:大衝(タイショウ)

足の甲にあるツボなので、仕事中も押すことが出来ました。しかし足の指で押していたため、きちんと押せているのかわかりませんでした。帰宅後はテレビを観ている時と、入浴中に1回ずつ実践しましたが、効果はありませんでした。

期間の食事に関して

期間中の食事で、特に実践したことはありません。私は塩分過多を気にしているので、塩分摂取は控えていましたし、野菜もなるべく摂りいつも通りの食事でした。お酒も3日に1回飲む程度でしたので、暴飲していたということもありません。

全体を通しての便意

今回の実践で便意に効果があったツボは、「気海」です。他のツボは全くと言っていいほど変化が感じられませんでした。もしかしたら人によって「合う・合わない」というツボが存在するのかもしれないですね。

 

結局、ツボ押しで便秘の解消には繋がりませんでした。気海を押し、便意がきたときには「もしや…!」と思いましたが、ウンチの硬さが原因なのか、排便には至りませんでした。ツボ押しの期間が問題だったのかな…そんな気もするのです。

でも、同じツボは3日しか押さなかったけど、1カ月近く色々なツボを押してみたんだから何かしら反応が出てもいいと思うんですよね。私の便秘、もう治らないのかな…?そんな考えが頭をよぎりますが、もしかしたらという事もあるので、たまに気海を押しています(笑)

これまで、さまざまな運動をしてきました。どの運動も効果はありませんでしたが、根本的に考えて、ウンチを柔らかくすればスルッと出るのでは?と考えるようになりました。長年の便秘は何としても改善したいので、便を柔らかくする方法を調べてみようと思いました。

 

>>悪玉菌と善玉菌。便秘体質の方の腸内状態

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です