一日キャベツ一玉食べると便秘は解消するのか試してみた。

先日、テレビを見ていた時の事です。キャベツを毎日半玉食べた女性の便秘が解消したと、特集されていました。この女性は、頑固な便秘ではなかったようですが、解消と聞いてとても羨ましく思いました。

ピンッ!と閃きました・・・、かなり頑固な私の便秘はキャベツを1玉食べたら治るのでは…?

ちょっと無謀かもしれないけど、これくらいやらないと私の便秘は改善しないと思い、挑戦することにしました。

キャベツがどれほど便秘に効くのか

まず今回の主役、キャベツがどれほど便秘に有効なのか、調べてみました。

キャベツは食物繊維が豊富

キャベツの葉にはスジが入っていますよね。これは食物繊維の特徴なのです。一日の食物繊維摂取量は20g。キャベツ100gあたりの食物繊維の量は1.8gなので、一日の必要量の約10分の一摂れることになります。

もしも、キャベツ一玉(1kgくらい)を食べたら、一日分の食物繊維を軽くクリアできる、そう考えました!

ビタミンUも豊富

聞き慣れないビタミンですが、このビタミンUは便秘解消にとても効果があるのです。胃腸の粘膜を保護し活性化するという働きもあるので、便秘の人ならぜひ摂りたいビタミンですね。

他にも胃潰瘍、十二指腸潰瘍にも効果が期待できるそうです。

ビタミンCもたくさん含まれる

実は100gに40gものビタミンCが含まれています。これだけで、1日に必要な約半分を摂取できますから、便秘解消プラスαで、美容やアンチエイジングの効果も期待できますね。

食物繊維

たびたび登場する食物繊維で、もう皆さんもそのお役目は覚えてしまったかもしれませんね。

ここはちょっとおさらい程度に・・・、食物繊維は腸内の老廃物やコレステロールを絡めながら、ウンチとなり体外へ排出されます。また、便が程よい硬さになることで、腸の蠕動運動が期待できます。

他にもこんな効果が期待できる!

キャベツはビタミンKも豊富なので、動脈硬化・骨粗しょう症などの予防にも効果があり、イソチオシアネートという成分が、発がん性物質を抑えると考えられています。なるほど、道理で「抗ガンのお野菜」と言われているのかが分かりました。

また、カルシウムも豊富で体に吸収されやすいので、カルシウム補給にも最適な野菜です。野菜にカルシウムが含まれているとは、意外な発見でした。

普段、何気なく食べているキャベツですが、こんなにたくさんの効果があったなんて、目からうろこでした。これは頑張ってやってみる価値はありそうです!

 

毎日1玉キャベツを食べてみた結果報告

それでは、毎日キャベツを食べてみた結果を報告したいと思います。当初1週間くらい続ける予定でしたが、3日しか続かなかったんです。その理由は後々お話しますが、何とか3日間は毎日食べきりました。

まず、どのようなスケジュールで進めたか、レシピと一緒にご紹介します。

朝は、スムージーにして、お昼のお弁当はキャベツの千切りボイルを、サラダとして持っていきました。夜は毎日違うメニューです。

<1日目>

朝:キャベツスムージー

キャベツ1/3玉にりんご1/4個、ほうれん草2枚、水100ccをミキサーにかけるだけ。キャベツに加えて、水溶性・不水溶性両方の食物繊維が摂れるリンゴも加えて効果アップ狙を狙ってみました。

昼:キャベツの千切りボイル

キャベツ1/3玉を千切り、ラップにくるみ、レンジでチン。

夜:キャベツの重ね蒸し

今日の残り全てのキャベツ、豚バラ80g、コンソメスープ400cc。キャベツと豚肉を交互に重ね、コンソメスープで煮るだけ。

豚肉の脂は便通を良くしてくれます(食べ過ぎてはダメですョ)。

:1日目、キャベツで便秘解消作戦の経過報告

1日1玉完食しました!初めは無茶苦茶な挑戦かな…と思いましたが、わりと簡単に完食できました。おなかの変化は見られません、まだ初日ですから仕方ないかな…と思います。

さすがにこれだけのキャベツを食べたのだから、変化があるでしょう!明日に期待ですね。

 

<2日目>

朝:キャベツスムージー

1日目のレシピ参照

昼:キャベツの千切りボイル

1日目のレシピ参照

夜:キャベツのトマト煮

鍋に、キャベツ・ホールトマト缶・ローリエ・コンソメ固形1個・水300ccを入れて煮こむだけで完成。ホールトマトはつぶしながら煮込むと良いですよ。

:2日目、キャベツで便秘解消作戦の経過報告

朝、かなりの期待で便座に座ったものの、便意のベの字も起きません。一日中、特に何も感じられませんでした。いつも通りの便秘です。最後に便意があったのは確か3日前でしょうか、そろそろお通じがあってほしい!

変化としては、夜になってお腹が張ってきた感じがしました。まだキャベツ完食2日の結果なので、何とも言えません。最終日に期待することにしま~す。

 

<3日目>

朝:キャベツスムージー

1日目のレシピ参照(ちょっと飽きてきました)

昼:キャベツの千切りボイル

1日目のレシピ参照(サラダは、ドレッシングで変化をつけられるのがありがたいです)

夜:まるごとキャベツのステーキ

キャベツを両面焼いて、塩コショー。その後、水とコンソメを入れ、フタをして蒸し焼きにすること約5分。ブラックペッパーをふって完成です。

:3日目、キャベツで便秘解消作戦の経過報告

3日目は、朝からお腹がかなり張っていました。今日は便意が起きて、コロコロしたのが少し出ました。これは排便、と呼べるのか・・・でも、お腹が動いているのかな?という感じもして、これはキャベツの効果かもしれないと思いました。ですが、なんだかお腹がいつもより張っている感じがした上に、日中オナラが多くなりました。

 

やっぱり、毎日1玉で便秘解消は難しかったのかな…。3日経ってもしっかりしたウンチとのご対面はないままで、1日に1玉キャベツを食べる作戦は、今日で終了にしました。

と言うのも、おなかがいつも以上に張って、おならも多くなってしまったことが心配になってしまったからです。そこで「1日に1玉キャベツを食べる」を中止して、一体何が腸内で起こっているのか調べてみましたので、これは実践報告の後でお話ししますね。

1日に1玉キャベツを食べた結果

経過報告でも書きましたが、3日間の様子を、便・便意・体に分けて変化をまとめてみました。

便はかえって硬くなった感じ

便については、出やすくなったどころか、コロコロウンチはさらに硬くなったような印象です。便が出なければ全く意味がありません。この溜まったウンチ、早く出てくれないものか…

便意はいつもより起きる

いつも通りの便秘です。ですが便意は起きやすくなった感じがしました。腸が食物繊維で刺激されているので、便意につながったのだと思います。

気になるお腹の張り

2日目の夜から変化に気づいたのですが、お腹が張りました。

このおなかの張りのせいで中止したキャベツ作戦ですが、実はキャベツがガスを発生させていたのです。

 

キャベツの食べ過ぎは便秘に逆効果

なんと、キャベツを食べ過ぎるのは便秘解消に逆効果だというのです。

キャベツには水分や油分を吸収する働きがあるため、逆に便を硬くしてしまい便が出にくくなるという事らしいのです。さらに、ガス(おなら)を発生させるので、食べ過ぎるとお腹が膨張してしまうようです…

 

キャベツ作戦3日で終了はとても残念です。しかし、キャベツの食べ過ぎが便秘に逆効果だという事はわかりました。やはり、ほどほどが良かったのですね…

私が感じたことですが、キャベツは食物繊維が多いけど、油分や水分を吸収してしまうのであれば、キャベツと一緒に油分や水分を補った食べ方が大事ということです。

つまり、便秘に効果的な他の食材と合わせてとることが効果につながるように思いました。

今回は、やり過ぎは良くないという事を学べました(笑)!また、視点を色々な方向へ向けて、たくさん挑戦してみたいと思っています。漢方なども効果があるようなので、ちょっと調べてみようかな・・・と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です