ダノンビオの便秘解消効果を検証。1週間チャレンジしてみた

便秘といえば、乳酸菌。乳酸菌といえば、ヨーグルト。

便秘改善の王道ならと、試し始めたヨーグルトです。まずは、歴史の古いブルガリアヨーグルトそしてナチュレメグミと試し、続くは何にするかと探して、いくつか候補を選びました。

その中でもダノンビオという乳酸菌が便秘改善に良いということを聞いたので、実際に食べて検証してみることにしました!

ダノンビオについて詳しく調べると同時に、検証候補に入れた乳酸菌についてもにてみて、意外というか、そもそもなぜ乳酸菌が便秘に良いのかどうかもわからないことだらけでした…。

きっと、ちゃんと説明できないのは私だけではないはず…。

そこで私なりに、「乳酸菌」ってこんなやつ、身体に与える影響、実際に食べてみた味や食感(味って本当に大切ですもんね…)、実体験を踏まえながら、お伝えさせていただきます。

乳酸菌、何がどう違うのだろう?

乳酸菌とヨーグルトの関係

ヨーグルトは乳酸菌の代謝によって、生成される乳酸の働きにより、牛乳に含まれるたんぱく質を固めることでできあがります。乳酸菌はヨーグルトの中で生き続けているから、それを食べた私たちの身体に良い影響があるわけです。

※ただ、乳製品のたんぱく質には大きな落とし穴があって、その落とし穴にまんまと引っかかった私の体は悲惨なものでした。私と同じ思いをする人が増えないように、記録を残しておいたので見てください。
>>アレルギー原因物質が牛乳にタンマリ?

 

それなら1種類の菌だけでヨーグルトを作ればいいじゃないか…と思う私なのですが、どうやら、菌にはそれぞれ特性があって、その特性で効能にも違いが出るようです。

  • ヤクルト菌(シロタ株):小腸で働いて、腸内のビフィズス菌を増やす
  • KW乳酸菌:免疫バランスを整え、アレルギーの改善
  • LG21乳酸菌:生命力が強く、ピロリ菌を撃退

この他にもモラック乳酸菌、ブルガリア菌、サーモフィラス菌、ビフィズス菌BB536、ガゼリ菌などがありますね。

個々に特徴があり、なおかつ、共通点としては、整腸作用が期待できることなんです。

今回試したいダノンビオとは?

それでは、今回私が試したいダノン社が販売している「ダノンビオ」とは、どんな菌でしょうか。

:高生存ビフィズス菌BE80

ダノンビオは高生存ビフィズス菌BE80を使用しています。他のビフィズス菌よりも生命力が強い!ここに惹かれました。生きた消化液に強い生きたビフィズス菌、その強さはどのくらいなもんでしょうか・・・

一般の乳酸菌よりも90分後の胃の生存率が1万倍高いんだとか。

:ビフィズス菌BE80は腸管通過時間を短縮

また、女性や高齢者の腸管通過時間をかなり短縮してくれるそうです。これはなんと約40%も短縮に成功したモニターさんもいたそうです。これは便秘で苦しむ世の女性にとってはとても嬉しいですよね。

腸管通過時間が短縮されれば、それだけ便が詰りにくくなる、肥満も防げる、…いいこといっぱいです。また、腸管通過時間が短縮されることで、便の腐敗が防げるので悪玉菌を減少させることになります。これは、体内のガス溜まりを防いでくれるので、膨満感を防いでくれることになりますね。

しかもモニターの7割以上が2週間以内に変化を感じたという自信作らしいですし、商品ラインナップもヨーグルトタイプ、フルーツ味、脂肪の有無から選ぶことができます。

太りやすい私にとっては、脂肪有無も選べるのは嬉しい限り。これはかなり期待ができそうです!

いざ、実食!

さて、まずはどの味にするか決めましょう。

色々あるんですヨ、フレーバーはさくら味、マダガスカルバニラ、プレーンとどれも美味しそう。フルーツにいたってはブルーベリー、ストロベリー、イチジク、アロエやアサイー&ラズベリーまである…。もちろん、砂糖不使用、脂肪0も・・・色々ありすぎて、決められない。

しかし、今回は続けられることを重視して、なおかつ、美味しさや食感なども伝えたい…ということで、万遍なく試してみることにしました!

ホントはね、脂肪0や砂糖不使用だけにしたい・・・、でも、検証結果ををみなさんにお伝えする使命がある。そこで仕方なく、全部を食べてみることししたんですよ…ほんとですよ…

プレーン、加糖、脂肪0

脂肪0なのに、結構濃厚です。酸味も少なくて美味しいです。毎日でも良いくらいですよ!甘さも飽きが来ない程よい感じなので、これで脂肪0とは信じられません。これはなかなか幸先良いですよ!

アサイー&ラズベリーミックス味(脂肪0)

ファン投票でも人気が高いアサイー&ラズベリーミックス味。これは…!舌触りも良くて、ほんのり甘いし、アサイーとラズベリーの相性もとても良い♪人が高いことにも納得です!フルーツムースのような食感でリピートしちゃいそうです。

なるほど、ダノンビオの良いところはラインナップの多さにありますね。これだと飽きずに2週間続けられますし、脂肪0や砂糖不使用でも美味しくいただけるので、これは便秘持ちの私を含む女性にはとてもありがたいです。

 

気になる効果は!?

せっかくのラインナップなので、朝と夜、食後に食べてみました。

早速効果ありかも??

食べ始めて、2日目にお腹の膨張感がいつもより少ないかな~という感覚がありました。食べはじめて、3日目の朝。排便が来ました!スムーズに出たというよりは、便意を感じた。いつものように力む必要はありましたが、排便に成功したので、これは嬉しい予兆かもしれません。

排便間隔が狭くなった?

5日目の朝、自然とトイレに入ったのに少し驚きました!そして、あまり力まずに排便ができています。これはすごい…。また、ウンチの色も少し茶色になっていて、形も整ってきている気がします。

でも完全にスッキリか、というとそうではないですね…。そりゃ、まだ食べ始めてから1週間も経っていないし、これは仕方ないでしょう。

でも明らかにお通じの間隔が減っています。今までは5日間、お通じとは無縁だったので正直驚いています。確かに腸管通過時間の短縮は本当のようです。

そして、6日目は出ずに7日目にもまたもやお通じが!明らかに改善はしています。トイレの滞在時間も少なくなっています。すっきり感も検証を始める前よりもあります。

これはダノンビオさである「まずは14日間、お試しください」のうたい文句通りかもしれません。私は1週間のお試しでしたが、ダノンビオが発信している「まずは14日間、お試しください」に従って食べ続けると、かなりの効果が期待できるのではないか!?と思いました。

 

ダノンビオ検証、その他の気づき

下品な話で恐縮で~す。ここでちょっとおならの話を・・・

この1週間でおならが少なくなりました。排便の間隔が狭くなったこともその理由だと思いますが、ダノンビオの高生存ビフィズス菌BE80の特徴の一つ「悪玉菌を減らし、ガスを抑制する」が実証されていると思います。

外出中の女性にとっておならは天敵ですから、これはありがたいです。これだけの効能を実感できるのであれば、ダノンビオの価格にも納得ができます。

 

1週間ダノンビオを食べた実感は・・・
膨満感が少なくなった、お通じの間隔が狭くなった、ウンチの形も良くなっている気がします。1週間の効果は60点かな、でも商品ラインナップも豊富なので、続けやすさを加えて70点にしよう。

完全便秘解消にはまだまだですが、やはり食べ続けないといけないという気がします。今度はダノンさんが勧める14日で頑張ってみようかと思っています。でもねーダノンビオを取らなくても便秘にならない身体が欲しいな…。

追記:

信頼し始めたダノンビオですが、14日を終える前に私の体に異変が起こったので中止しました。(涙)
掻きむしり欲求が半端ないアトピー発症です。乳製品の闇に触れてます。
>>アレルギーを引き寄せる乳製品のヤバさ。便秘とアトピー持ちの私はピンチだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です