ヤクルトを1週間飲み続け便秘の具合をチェックしてみた

海外に住む友達から、子供の便秘がひどかった時にお医者さんからヤクルトを勧められた、という話を聞きました。「便秘にはヤクルト」という意識が、海外でも浸透していることにビックリです……

やるな~、ヤクルト!

かく言うワタクシ、実は今までヤクルトを試してみたことがなかったんです。なぜか「ヤクルトは、ヤクルトおばちゃんに頼まないと買えない」と頑なに思い込んでいて、スーパーで売っていることに気がつかなかったんですよね。視野狭し。

それが先日コンビニで発見しまして、試してみよう!と思い立ったのです。結論から申し上げま~す。私には4割の効きでした。

追記:ヤクルトにチョイ足しが吉。詳しくは、こちら。

ヤクルト=シロタ株

ヤクルトと言えば「シロタ株」、正式名称は「乳酸菌シロタ株(ラクトバチルス カゼイ シロタ株)」です。1930年代、代田(シロタ)博士が発見した乳酸菌こそがシロタ株。胃酸や胆汁などに負けずに生きたまま腸に届き、悪玉菌をやっつける乳酸菌を発見、それを更に強化培養することに成功したのです。

シロタ株ってすごいけれど、この菌株を発見するまでメゲなかった代田博士はもっとすごいと思いました。

ところで、乳酸菌とビフィズス菌、混同されることがよくありますね。 実は分類学的には異なる種類の細菌のようです。糖を分解して乳酸を作り出すのが乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸と酢酸やギ酸を生成するんだそうです。

さてヤクルト、ちなみに販売が始まったのはなんと1935年。第二次世界大戦より6年も前なんですね……そんなに長寿商品だったとは知りませんでした。

ヤクルトがなぜ便秘に効果があるの?

便秘に関してはヤクルトとヨーグルト、同じような働き方をします。すなわち善玉菌である乳酸菌(ヤクルト)やビフィズス菌(ヨーグルトに配合されている場合が多い)が腸に入り、悪玉菌をやっつけて整腸作用を高めてくれるのです。

ただ「整腸作用」という点をみると乳酸菌よりもビフィズス菌の方が優れている、「免疫力強化」という点では乳酸菌の方が優れている、と言われているようです。

乳酸菌にしてもビフィズス菌にしても善玉菌と呼ばれているものは、万人に同様の効果がある訳ではないようなんです。一人一人、「合う菌/合わない菌」があるようで、こればっかりはトライ&エラーしないとマイ・乳酸菌は見つけられないのですね。

私にはビフィズス菌よりも乳酸菌が効くかもしれない!……という訳でヤクルト一週間飲み続ける実験の開始です。

ヤクルト一週間

買ってきましたヤクルト(Newヤクルト)10本パック、税込み426円也。

ヤクルト初日

ヨーグルトのビフィズス菌もそうでしたが、シロタ株が生きて腸まで届くと言っても、やっぱり胃酸などの障害は最小限の時に体内に入れたい、その上、朝飲むことで「朝のお通じ習慣」が定着することを期待して……朝食のあとに飲んでみました。

一本80ml、3口10秒で完飲です(笑)

「出勤中おなかがゴロゴロいい出したら困るなぁ」と思っていたものの、杞憂に終わりました。ゴロゴロのゴの字も気配は見えず…… まァ、初日だし、こんなものかもしれません。

ヤクルト2日目

今日も朝食後に一本。 ゴロゴロも便意もお腹の膨満感もなし。

ヤクルト3日目

そろそろ何か音沙汰があってもいいのでは~と期待したものの、今日も出ず。(がっくり)

ただヤクルトの甘さに「糖分、そしてカロリーどれ位入っているんだろう」とダイエット的観点が気になり始めました……。ちなみに糖分は小さじ1杯ちょっと入ってるらしいんですよね、カロリーは50kcal。次からはカロリー50%カットの「ヤクルトカロリーハーフ」にしよう……。

ヤクルト4日目

とうとう来た?!いつも通り朝食後のヤクルト一気飲み後、しばらくしてからおなかが何となく動いているようなー。これは!とトイレに入って少しがんばってみたら出ました!

でも、出るには出たのだけど、期待していたのとは少し違うような…… すべてがスポポーン!と出た訳でなく、まだ確実に残っている感じがあるのです。

ま、でも普段よりはがんばり具合も少なくて出たような気もするし…、とうとう効いてきたのでしょうか?!

ヤクルト5日目

今日は昨日よりもイケるんじゃない?!とワクワクしながら飲んでみたけれど、全然ダメ。おなかの下の方は動いている感覚はあるものの、なんとなく出そうな感じもするのに、でもダメでした。

ヤクルト6日目

今日は時間差、出勤後会社で出たました!(笑) 4日目とくらべ量も少し多く、それ程頑張らずに<するん>と出ました。でもまだ「全部出た感」はありません。

それでも前回出てから2日目にまた出たのは快挙です!

ヤクルト7日目

7日目……そしてまた今日も出ず、おなかが動く感じもなくなってしまいました。

やってみて、ふりかえり

ヤクルトを1週間飲み続けた結果はというと、残念ながら「やった!効いた!!」とは言えない結果に終わりました。おなかがグルグルと動いている感覚はあるのですが、そのイキオイですべてが出る、には至りませんでした。

ただ、7日間で(量は少ないとは言え)2回のお通じは普段よりは多少マシと言えるかな、と思います。正直なところ、1週間ではまだ<効いてる・効いていない>はわからないような気がします。

ヤクルトにチョイ足しがコスパも良くてドーンッと出た話は、こっちに書いてます。
>>ヤクルトにチョイ足ししてみたら快便をゲット。

ヨーグルトの時もそうでしたが、やっぱりあと1週間は飲み続けて、トータル2週間はヤクルト生活してみないと結論は出せない、そんな感想を持ったヤクルト生活1週間でした。

 

>>機能性便秘診断。症状と改善策は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です