便秘があまりにもひどかったのでヤクルトを飲みまくってみた

ここ数週間、過去最強レベルで詰まりまくっていた私の便秘です。

仕事が忙しくてコンビニおにぎり、サンドイッチに出来合いのお弁当。

こんな悪食に加え、寝不足、ストレス、運動不足……これで便秘悪化しない方がおかしいよね~、と自分を責めながらも笑ってしまった<催し便秘環境>だったのです。

お腹はパンパンに張り、肌荒れも最高潮… これはそろそろどうにかしなければ、と荒療治にでることにしました。今回の荒療治、それはこれまで1日1本だったヤクルトを3本に増やす!「ヤクルト飲みまくり」作戦です。

ヤクルトの何が便秘に効くのか?

ヤクルトに整腸作用がある、ひいては便秘に効果的と言われている理由は、シロタ株、正式名称「乳酸菌シロタ株(ラクトバチルス カゼイ シロタ株)」が多く含まれているから。 通常乳酸菌は体内に入ると胃酸や胆汁などに負けてしまい、腸に辿り着いたときには数が激減してしまうと言われています。 ところが乳酸菌シロタ株は、胃酸や胆汁などに強く、生きたまま腸に届いて悪玉菌をやっつけてくれるのです。

ヤクルトって飲みまくっても大丈夫?

ヤクルト飲みまくってみよう!と決意したものの、ふと気になった点がひとつ。

「ヤクルトって一日に何本まで飲んでいいの?」

ヤクルトは一本に乳酸菌シロタ株が200億個入っていて「一日一本飲みましょう」とウェブサイトにも書いてあります。 もし、「飲みまくり」で1日3本飲んだとしたらシロタ株600億個が私のおなかに…… なんだか数が多過ぎて「大丈夫なの?」と心配になってしまったのでした。

更に何となく不安に拍車をかけたのが、ヤクルトは特定保健用食品(通称:トクホ)であると言う点です。

トクホとは、保健効果を表示することのできる食品でのことです(通常はできません)。 一般の食品と違うのは、からだの生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいることです。

例えば、血圧や血中のコレステロールなどを正常に保ってサポートする機能を持つ原料が配合されている、整腸作用があるなど、特定の保健効果が科学的に証明されている食品ということです。

つまり、トクホマークが付いたヤクルトは、その効果が科学的に証明され、日本政府から「ヤクルト、おなかにいいですよ」と太鼓判をもらっている…… ある意味、薬やサプリみたいなものですよね。 そういう物を、使用量を超えて飲んでしまって大丈夫なんだろうか、と心配になったのです。

ヤクルト爆飲、大丈夫そう!

そんな「石橋は叩いて渡る」タイプの私、ヤクルト飲みまくり開始前にしっかりリサーチしました。結論から言えば「1日何本飲んでも大丈夫」のようです!

ヤクルト本社さんいわく「使用量は1日1本。1回に多く飲むよりも、1日1回を長期間続けることに意義がある」。

…とはいえ、1日に1本以上、例え5本飲んで1000億個の乳酸菌シロタ株を体内に送り込んだとしても、悪い方に働くことはないようです。 これで一安心です。 それに、乳酸菌は一度取り込んだらずっと体内にあるわけでなく、やはり徐々に数は減っていくようですね。

爆飲の伏兵は違うところに潜んでいます……糖分です。

ヤクルトのカロリーは50kcal(65ml)、糖分(炭水化物)11.5g。砂糖に換算するとスティックシュガー3本分(1本3gm)になるようです。

例えば1日5本飲んだら250kcal、糖分57.5g、砂糖なら9gm。

WHOが推奨する糖分の一日摂取量は砂糖に換算すると25gだから……まあまあ大丈夫じゃない(笑)ただ糖分はトマトケチャップやソースなんかの食品にも入っているので、簡単にオーバーしちゃいそうな気もします。

やっぱり、ヤクルト爆飲するのであれば、その他のところで糖分の摂取を控えるようにしたほうがよさそうですね。

追記:糖分を気にしないでヤクルトを飲み続ける方法を発見!詳しくは、こちらから。

寝る前にヤクルト3本一気飲み!

トクホ付き飲料の飲み過ぎ+糖分の問題もカタがつき、とうとうヤクルト飲みまくり作戦開始です。「寝る前にヤクルト3本飲むとエライことなる」とネットでみかけたので、エライになりたい私は3本飲んでみることにしました。

3本一気飲みして、そしてしっかり歯を磨いて就寝!(ヤクルト飲むと虫歯になるってウワサありませんでした?)

ビバ!シロタ株!!

翌朝便意で目が覚めた位のイキオイでした(笑)この一週間程詰まっていた分がすべて出きった感はないものの、かなりお腹がスッキリとしてラクにはなりました。

たった一日でコレって、「ヤクルト爆飲の威力、カナリすごいんじゃない?!」

気を良くして、今晩もまた3本いけば明日全部出きってくれるのでは、と期待しましたものの、3本作戦2日目……残念、翌朝は何も出ず。3日目、音沙汰なし。4日目、音沙汰なし。

そして5日目、とうとうスゴイのきました!!

これは全部出たでしょう、と爽快感と満足感を伴う久々の快便がきました!!2日目~4日目まではシロタ株が腸の中で根回しをしてくれていて、とうとうその効果が5日目に実を結んだのでしょうか…… 嬉しくて、トイレから出た後小躍りしてしまいました。

いや~久々にスッキリでした!

ただこの快便をキープして便秘からサヨナラするために、1日3本のヤクルトを続けていかなくてはいけないのか否か……

おなかの具合も大切だけど、懐具合も気にかかる私。 もう数日間は3本を続けて、それから1本に戻そうかと考え中です。

ヤクルトにチョイ足しして便秘が完治した話は、こっちに書きました。
>>ヤクルトにチョイ足ししてみたら快便をゲット。

ちなみにヤクルトとヨーグルトの違い

シロタ株、乳酸菌は乳酸菌なんで、何がヨーグルトと違うのかなあ?って思って調べてみました。そしたら、使っている乳酸菌が違うってことが一番大きそうでした。

シロタ株みたく生きたまま届くって強みをもった乳酸菌って、今は色々出てますけど(森永ビヒダスとか)昔はあんまりなかったんですねー。だからヤクルトが長年重宝されてきたみたいです。

あと、ヤクルトは甘く作られてて、ヨーグルトは無糖もあるし、まあ好みの問題で、あんまり違いはないなかなって判断しときます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です