ヤクルトとヤクルト400を飲み比べ。便秘解消に良いのはどっちか

このところのマイ・ヤクルトブーム、まだまだ続いています。

毎日1本継続して飲み続ける、毎日継続して3本爆飲してみる、と2通り試してみましたが、その経過で気付いたことが…… ヤクルトって乳酸菌シロタ株200億個の通常バージョンだけでなく、もっとスゴい400億個バージョンもあるんですね。スーパー購入派の私、ついこの間まで気がつきませんでした(汗)

「200億個よりもその倍、400億個の方が効果が高い」、そんな単純な足し算なのかどうか、……実際に試してみました!

まずは復習。なぜヤクルトが便秘に効果があるのか

飲み比べ前に、今一度ヤクルトの便秘解消効果をおさらいしておきましょう。

ヤクルトには通常の乳酸菌よりも強い乳酸菌シロタ株(ラクトバチルス カゼイ シロタ株)が使われていましたね。

シロタ株が、生きたまま腸に届いて、悪玉菌を退治して整腸作用を高めてくれるワケ。 そこへ行くと、普通の乳酸菌は胃酸や胆汁などに負けてしまうので、腸に辿り着くまでに激減してしまいます。

でもシロタ株は「スーパー乳酸菌」なので、多くが腸まで届き、しっかりと働いてくれるのです。

シロタ株200億個!Newヤクルト

スーパーで手軽に購入できるのは「New ヤクルト」、もしくはNewヤクルトの効果そのままでカロリーだけが半分にカットされている「Newヤクルトカロリーハーフ」(特定保健用食品指定は受けていません)です。

この元祖ヤクルトが発売されたのが1935年、第二次世界大戦の6年前というから驚きですよね。その後日本全国へ広まり、1972年には一日の販売数が1600万本だったとか。今では300万本と少なくなったものの、ヤクルトパワーは海外26カ国に広がり、一日に1500万本販売しているそうです。

そう言えばニュージーランドに旅行に行ったとき、スーパーにヤクルトが並んでいてビックリしました。

そんなNewヤクルトを使った、「毎朝1本、1週間飲み続ける」「毎晩3本、5日間飲み続ける」、便秘改善作戦を施行した経験があります。

前者は4割の効果、後者は5日目にドカン!という結果でした。どちらにしても「効果なし」ではないものの、これが私の便秘解消法!!と決定版にはならず……そこで、ヤクルト400の実践に踏み切ったわけです。

追記:ヤクルトちょい足し便秘改善レシピは、こっちに書きました。

シロタ株400億個!ヤクルト400

さて、そんなヤクルトの真髄(?)シロタ株が400億個配合された「ヤクルト400」ですが・・・

まずはスペックを比較

【New ヤクルト】
容量:65ml
カロリー:50kcal
シロタ菌配合数:200億個
価格:40円
購入方法:スーパーなどでも購入可能

【ヤクルト400】
容量:80ml
カロリー:62kcal
シロタ菌配合数:400億個
価格:70円
購入方法:宅配のみ

私、最初は単純に

「400億個ならNewヤクルト2本飲めばいいんじゃない?」
「何のための商品?」

と思っていたのですが、ちょっとだけ深い理由があったんですね……そう、カロリーです。Newヤクルトで400億個シロタ株を摂ると100kcal、でもヤクルト400だったら62kcalなんです。

まあ、たった38kcalと言えばそれまでですけど……ちなみにモロヘイヤ100gmが38kcalです(笑)

ヤクルト400、購入は宅配所オンリー

ヤクルト400は、スーパーに並んでいません。そこで、取りあえず一週間ヤクルト400を試してみるつもりで宅配センターを検索、そして電話して契約したのですが・・・

正直これが一番面倒くさかったです。ヤクルトのHPから宅配センターを検索できるものの、携帯からは閲覧できないので電話番号を控えて、仕事の合間をみて電話をかける… もちろん数分で終わる事ではあるんですけど、ね。

そしてヤクルトレディがお家に来てくれましたー。今は、ボックス(保冷受箱って言うらしいです)を用意しておけば応答しないで入れておいてもらえるそうです。

でも私初心者だしヤクルトレディに会ってみたいなーって思ったので、休みの日にお届け日設定しました。来てくれたのは、とっても若くて可愛らしいお嬢さんで。キューンとしてしまいました。

丁寧に乳酸菌のお話をしてくれて。ふむふむ。食べ物と一緒に飲むと、胃酸で死ににくいとな?ほおー。

でも私午前中で、だらしない格好でスッピンだったので、恥ずかしくなってしまいました…。お客さんくるって分かってたなら、ちょっとくらい身支度しようよ私…。

さて、届けてもらったマイファーストヤクルト400。これまでのNewヤクルト1週間、Newヤクルト爆飲(3本)1週間、両方との比較をすることにしました。

ヤクルト400を毎朝1本、1週間飲み続けてみた

前回Newヤクルトを1週間飲み続けた時には4日目に最初のお通じがありました。

そしてなんと今回も4日目に初お通じが……

うーん、前回と今回の環境の違い(食事スタイルや仕事の忙しさ、ストレスレベルなど)があるので、単純比較できるものではないとは思いますが、正直「400億個もっとガンバレよ」と言いたくなる程、期待外れでした。

アッ、でもヤクルト400に声援を送ったからなのか、翌5日目にまあまあいい感じのがスポーンと出ました。まったく無駄ではなかったのかもしれませんね。

ヤクルト400を寝る前に3本飲み続けてみた

シロタ株1200億個!!

数字を見て何だか空恐ろしくなったこの実験ですが、恐怖心を乗り越えて試してよかった…と自分の勇気に感謝!

翌朝出たのは前回600億(Newヤクルト3本)のときと同じなのですが、クオリティが違いました。今回はスッキリ全部、快便以外の何者でもなし!!と言う感じでしたよ。

下痢ではない、ちゃんと健康なのが出たのです。そして更に3日、5日目と一日おきにキッチリ便通が!!これは近年にない、すごい出来事だったんですよ…… 便秘年表に赤ペンで記入確定です(笑)

一日おきじゃ満足できなかった私が見つけたヤクルト活用法は、このページに書きました。
>>ヤクルトにチョイ足ししてみたら快便をゲット。

ヤクルトとやくると400の効果に関しては、「毎日1本」飲むのであればそれ程大差はないと言うのが、正直な感想です。

でも「ヤクルト400就寝前に3本一気飲み」の場合は話が別。破壊力はかなりのモノだったので、やっぱり数が多くなればその分効果は上がるのかな……とも思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です